Citrix DaaS

VMwareカタログの管理

マシンカタログの管理」では、マシンカタログを管理するウィザードについて説明します。以下の情報は、VMware仮想化環境に固有の詳細について説明しています。

注:

VMwareカタログを管理する前に、VMwareカタログの作成を完了する必要があります。「VMwareカタログの作成」を参照してください。

マシンカタログのフォルダーIDの更新

Set-ProvSchemeコマンドのカスタムプロパティでFolderIdを指定することにより、MCSマシンカタログのフォルダーIDを更新できます。フォルダーIDの更新後に作成された仮想マシンは、この新しいフォルダーIDの下に作成されます。このプロパティがCustomPropertiesで指定されていない場合、仮想マシンはマスターイメージが配置されているフォルダーの下に作成されます。

マシンカタログのフォルダーIDを更新するには、次の手順を実行します。

  1. Webブラウザーを開き、vSphere Web ClientのURLを入力します。
  2. 資格情報を入力し、[Login] をクリックします。
  3. vSphere Web Clientで仮想マシンを配置するフォルダーを作成します。
  4. PowerShellウィンドウを開きます。
  5. asnp citrix*を実行し、Citrix固有のPowerShellモジュールをロードします。
  6. Set-ProvSchemeCustomPropertiesFolderIDを指定します。この例では、フォルダーIDの値はgroup-v2406です。

    Set-ProvScheme -ProvisioningSchemeUid "50bb319c-2e83-4a37-9ea1-94f630687372" -CustomProperties "<CustomProperties xmlns=""http://schemas.citrix.com/2014/xd/machinecreation"" xmlns:xsi=""http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance""><Property xsi:type=""StringProperty"" Name=""FolderId"" Value=""group-v2406"" /></CustomProperties>"
    <!--NeedCopy-->
    
  7. Studioを使用して仮想マシンをマシンカタログに追加します。
  8. vSphere Web Clientで新しい仮想マシンを確認します。新しい仮想マシンは、新しいフォルダーの下に作成されます。

PowerShellコマンドを使用してフォルダーIDを検索する

PowershellコマンドGet-HypConfigurationDataForItemを使用して、VMwareハイパーバイザー内の既存フォルダーのフォルダーIDを検索できます。

VMware Hypervisorに対し、ホスト接続およびリソースのグループを1つ作成します。次に、以下の手順を実行して、そのハイパーバイザー内のフォルダーのフォルダーIDを検索します。

  1. vmフォルダーツリーのルートへのXDHypのパスを決定します。例:

    XDHyp:\Connections\VMwareConn\Datacenter.datacenter
    <!--NeedCopy-->
    
  2. Get-HypConfigurationDataForItemを使用してツリー構造を取得します。例:

    Get-HypConfigurationDataForItem -LiteralPath XDHyp:\Connections\VMwareConn\Datacenter.datacenter
    <!--NeedCopy-->
    
  3. 次のコマンドを実行して、出力XMLからフォルダーIDを検索します。この例では、XML出力からExampleFolderのフォルダーIDを検索しています。

    $result = Get-HypConfigurationDataForItem -LiteralPath XDHyp:\Connections\VMwareConn\Datacenter.datacenter
    $result.VmPlacementFolder
    <!--NeedCopy-->
    

    XML出力:

    <?xml version="1.0" encoding="utf-16"?>
    <CtxVmPlacementFolder xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
    <Name>vm</Name>
    <Id>group-v4</Id>
    <SubFolder>
    <CtxVmPlacementFolder>
      <Name>vCLS</Name>
      <Id>group-v75</Id>
      <SubFolder />
    </CtxVmPlacementFolder>
    <CtxVmPlacementFolder>
      <Name>MyOtherFolder</Name>
      <Id>group-v1110</Id>
      <SubFolder />
    </CtxVmPlacementFolder>
    <CtxVmPlacementFolder>
      <Name>ExampleFolder</Name>
      <Id>group-v4658</Id>
      <SubFolder />
    </CtxVmPlacementFolder>
    </SubFolder>
    </CtxVmPlacementFolder>
    <!--NeedCopy-->
    

vSphereでフォルダーIDを確認

任意のESXiまたはvCenterサーバーシステムでMOBにアクセスして、VMのフォルダーIDを見つけます。

管理対象オブジェクトブラウザ(MOB)は、すべてのESX/ESXiおよびvCenterサーバーシステムに組み込まれている、Webベースのサーバーアプリケーションです。このvSphereユーティリティを使用すると、VM、データストア、リソースプールなどのオブジェクトに関する詳細情報を表示できます。

  1. Webブラウザーを開き、http://x.x.x.x/mobと入力します。ここでx.x.x.xは、vCenter Serverの、またはESX/ESXiホストのIPアドレスです。例:https://10.60.4.70/mob
  2. MOBのホームページで、プロパティcontentの値をクリックします。
  3. rootFolderの値をクリックします。
  4. childEntityの値をクリックします。
  5. vmFolderの値をクリックします。
  6. フォルダーIDは、childEntityの値で確認できます。

VMのストレージ移行

既存のVMのディスクストレージを古いストレージから新しいストレージに移動できます。移行中、MCSは電源管理、OSディスクのリセットなどのVM機能を保持します。新しいディスクストレージを使用して、新しいVMをマシンカタログに追加することもできます。これを行うには、PowerShellコマンドMove-ProvVMDiskを使用します。

現在、移行できるのは完全なクローンの永続的なVMのみです。

新しいストレージは次の条件を満たしている必要があります:

  • 古いストレージの同じクラスター内にある必要があります。
  • VMが実行されているホストは、古いデータストアと新しいデータストアの両方にアクセスできる必要があります。

次のタスクを実行できます:

  • ディスクストレージの移行
  • 古いストレージの廃止

ディスクストレージの移行

ディスクストレージを移行するには、以下の手順を実行します:

  1. 新しいストレージを既存のホスティングユニットに追加します。古いストレージをSupersededに変更します。これを行う場合、[完全な構成] インターフェイスまたはPowerShellコマンドを使用できます。

    • [完全な構成]インターフェイスを使用する場合は、「ストレージの編集」を参照してください。
    • PowerShellコマンドを使用する場合:
      • Add-Hyphostingunitstorageを実行して、新しいストレージを既存のホスティングユニットに追加します。
      • Set-HyphostingunitstorageSupersededを「true」 に設定して、古いストレージでの新しいVMの作成を無効にします。
  2. VMをオフにして、メンテナンスモードをオンにします。
  3. VMのディスクストレージを新しいストレージに移動し、ストレージ情報を更新します。例:

    Move-ProvVMDisk -ProvisioningSchemeName xxxxx -VMName ("VMware-TestVM01", "VMware-TestVM02") -DestinationStorageId datastore-102
    <!--NeedCopy-->
    
  4. 移行のタスクIDを取得します。例:

    ,(Get-ProvVM -ProvisioningSchemeName xxxxx) | Move-ProvVMDisk -ProvisioningSchemeName xxxxx -DestinationStorageId  datastore-102
    <!--NeedCopy-->
    
  5. 移行の状態を確認します。

    • (Get-ProvTask -TaskID xxxxxxxxx).DiskMovedVirtualMachines:既に新しいストレージに移行されているVMを含む、ディスク移行が成功したVMの一覧を提供します。
    • (Get-ProvTask -TaskID xxxxxxxxx).DiskMoveFailedVirtualMachines:移行に失敗したVMの一覧を提供します。
    • (Get-ProvTask -TaskID xxxxxxxxx).NotStartedVirtualMachines:移行がまだ開始されていないVMの一覧を提供します。
    • Get-ProvVM -ProvisioningSchemeName xxxxx -VMName "VMware-TestVM01:移行後に更新されたVMプロパティを提供します。StorageIdAssignedImageBootedImageIdentityDiskIdIdentityDiskStorage、およびLastBootTimeなどのプロパティを確認します。

スナップショットを使用してMCS作成のVMのディスクを移行した後、VSphere Clientに統合が必要ですという警告が表示される場合があります。統合してデータの損失を回避するには、以下の手順を実行します:

  1. VMware VMのバックアップを作成します。たとえば、すべてのVMファイルをデータストア上の別のフォルダーに転送します。
  2. 警告が表示されたら、[Consolidate] をクリックし、[OK] をクリックして統合を確認します。

古いストレージの廃止

VMのディスク移行後に古いストレージを廃止するには、以下の手順を実行します:

  1. ホスティングユニットの各ディスクストレージ内の基本ディスクとマシン数に関する情報を取得します。例:

    $result=Get-ProvSchemeResourceInStorage -ProvisioningSchemeName xxxxx
    $result
    $result.ProvResourceInStorage | Format-List -Property *
    <!--NeedCopy-->
    

    移行が成功すると、MCSは古い基本ディスクを自動的に削除するため、古いストレージにはマシンがなくなります。したがって、コマンドの実行後、古いストレージにマシンと基本ディスクが存在しないことを確認してください。

  2. Remove-Hyphostingunitstorageを実行して、ホスティングユニットから古いストレージを完全に削除します。[完全な構成]インターフェイスを使用して古いストレージを削除することもできます。

MCSによって作成されたリソースの特定

以下は、MCSがVMwareプラットフォームのリソースに追加するタグです。表のタグは、「”キー”:”値”」として表示されます。

リソース名 タグ
準備用の仮想マシン “CitrixProvisioningSchemeId”: “xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx”
  “XdConfig:”XdProvisioned=True”
カタログ内のVM “CitrixProvisioningSchemeId”: “xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx”
  “XdConfig:”XdProvisioned=True”

追加情報

VMwareカタログの管理