Citrix DaaS

AWS VMの電源管理

必要な権限については、「AWS権限について」を参照してください。

インスタンスの休止

休止プロセスでは、インスタンスの状態がプライベートIPアドレスおよびElastic IPアドレスとともにメモリ内に保存されるので、中断したところから正確に再開できます。

休止するように指示したインスタンスは、ルートEBSボリューム内のファイルにメモリ内の状態を書き込み、その後、自身をシャットダウンします。Amazon EBSボリュームは、インスタンスに接続できる、耐久性のあるブロックレベルのストレージデバイスです。インスタンスに接続した後のボリュームは、物理ハードドライブを使用するのと同じように使用できます。インスタンスのルートEBSボリュームを暗号化します。暗号化により、メモリからEBSボリュームにコピーされた機密データが適切に保護されるようになります。EBS暗号化について詳しくは、「Amazon EBS暗号化」を参照してください。

サポートされているインスタンスの休止に関する制限は、次のとおりです:

  • 最大150GBまでのインスタンスメモリ(RAM)だけがサポートされます。
  • UEFIブートモードはサポートされていません。
  • 汎用SSDとプロビジョンドIOPS SSDは、EBSボリュームタイプとしてのみサポートされます。

以下に、ハイパーバイザーレベルでのホスト接続機能を示します。

  • 以下のハイパーバイザーを一時停止できます: VMware、Citrix Hypervisor、Hyper-V、およびGCP
  • 以下のハイパーバイザーは一時停止できません: Nutanix、Azure、AWS

注:

  • 一時停止機能および休止機能は、一時停止と総称されます。
  • AWSの場合、一時停止機能は、マシンレベルではサポートされていますが、ハイパーバイザーレベルではサポートされていません。

休止をサポートするVMの作成

休止をサポートするVMを作成するには:

  1. ホスト接続を作成します。「AWSへの接続」を参照してください。
  2. EBSルートを暗号化して Stop-Hibernateプロパティを有効にしたインスタンスを起動します。詳しくは、次のトピックを参照してください:
  3. このインスタンスをマスターイメージとして使用して、AMIを作成します。
  4. マスターイメージを準備します:

    1. マスターイメージにVDAをインストールします。最新の機能を利用できるように、最新バージョンをインストールすることをCitrixではお勧めします。マスターイメージにVDAをインストールできないと、カタログ作成が失敗します。VDAのインストール方法について詳しくは、「 VDAのインストール」を参照してください。
    2. アプリケーションとデスクトップがメンバーとなっているドメインにマスターイメージを統合します。マスターイメージが、仮想マシンを作成するホスト上で使用できることを確認してください。
  5. そのインスタンスからAMIを作成します。インスタンスからAMIを作成する方法については、「Amazon EC2インスタンスからのAMIの作成」を参照してください。
  6. New-ProvSchemeコマンドを使用してマシンカタログを作成します。カスタムプロパティAwsCaptureInstancePropertiesTrueに設定します。[完全な構成]インターフェイスでAWSインスタンスのプロパティを有効にする方法については、「 完全な構成インターフェイスでのAWSインスタンスのプロパティの適用および運用リソースのタグ付け」を参照してください。

    New-ProvScheme  -AdminAddress "xxx" -CleanOnBoot
    -CustomProperties "AwsCaptureInstanceProperties,true;"
    -HostingUnitName "xxx" -IdentityPoolName $catalog_name -InitialBatchSizeHint 1
    -MasterImageVM "xyz.template" -NetworkMapping @{"0"="XDHyp:\HostingUnits\MyConn\us-east-2a.availabilityzone\10.0.0.0``/24 (vpc-0f1771e45671aedcd).network"}
    -ProvisioningSchemeName $catalog_name
    -RunAsynchronously -Scope @() -SecurityGroup @("xxx") -ServiceOffering "xxx"
    <!--NeedCopy-->
    

    PowerShellコマンドを使用してマシンカタログを作成する方法については、「https://developer-docs.citrix.com/projects/citrix-daas-sdk/en/latest/」を参照してください。

休止できるVMは、次の場合に作成されます:

  • マスターイメージから作成されたAMIのうち、Stop-Hibernateプロパティが有効になっているAMIを選択した場合
  • マスターVMがドメインに参加しており、VDAがインストールされている場合
  • 休止を処理できる正しいVMサイズ(サービスオファリング)を選択した場合

次の場合、New-ProvSchemeコマンドは失敗し、該当するエラーメッセージが表示されます:

  • マスターVMは休止が有効になっているが、サービスオファリングが休止を処理できない場合
  • マスターVMがドメインに参加しておらず、VDAがインストールされていない場合

サービスオファリングとAMIの休止状態

サービスオファリングとAMI(テンプレート)の休止状態を表示するには、次のコマンドを実行します:

  • Get-HypConfigurationObjectForItem 'XDHyp:\HostingUnits\MyConn\WIN2016-ADDC-2021.09.10.145334-a1968709-10c4-47d5-9642-21e743159a7b (ami-0e6c5b33a52d2a6b6).template'
  • Get-HypConfigurationObjectForItem 'XDHyp:\HostingUnits\MyConn\R6i Sixteen Extra Large Instance.serviceoffering'

既存の休止でサポートされるプロビジョニングスキームに関するサービスオファリングの更新

  1. Set-ProvSchemeコマンドを実行します。例:

    Set-ProvScheme -ProvisioningSchemeName <String> -ServiceOffering <String>
    <!--NeedCopy-->
    

サービス提供に互換性がない場合、システムは例外メッセージを表示します。

休止状態をサポートするマシンカタログを作成する

マシンカタログを作成する場合、休止状態をサポートするマシンプロファイルを使用できます。

  1. カタログ作成ウィザードでは、マシンプロファイルの選択まで指示に従います。
  2. [マシンテンプレート] ページで、[マシンプロファイルを選択] をクリックしてマシンプロファイルを選択します。
  3. [仮想マシン] ページで、編集アイコンをクリックしてVMを選択します。

    注:

    マシンプロファイルで休止状態が有効になっている場合、システムは休止状態にできるVMのみを表示します。

  4. 画面の指示に従ってすべての設定を完了してください。[概要] ページには、カタログの休止状態が表示されます。

    注:

    [マシンカタログの編集]で、マシンプロファイルを休止状態が有効なプロファイルに変更すると、それに応じてVMを再構成するように求められます。

休止をサポートするマシンカタログの更新

休止をサポートしていないマシンカタログを使用して既存のマシンカタログを更新しようとすると、更新が失敗し、該当するエラーメッセージが表示されます。

休止状態のVMの電源管理

休止状態のVMに対して実行できる電源管理操作は、次のとおりです:

  1. VMを実行状態から一時停止する。
  2. VMを一時停止状態から再開する。
  3. VMを一時停止状態から再起動する。

電源管理オプションを確認するには、[管理]>[完全な構成] インターフェイスで、休止状態のVMを右クリックします。

また、各VMに対して実行する電源操作に応じて、VMの電源状態が一時停止中または一時停止として表示されます。

AWS VMの電源管理

この記事の概要