Citrix DaaS

Nutanix仮想化環境

Citrix Virtual Apps and Desktops環境でNutanix Acropolisを使用して仮想マシンを提供する場合は、以下のガイダンスに従ってください。セットアップ処理には、次のタスクが含まれます。

  • Citrix Virtual Apps and Desktops環境にNutanixプラグインをインストールして登録する。

  • Nutanixとの接続を作成する。

  • Nutanixハイパーバイザーで作成したマスターイメージのスナップショットを使用するマシンカタログを作成する。

詳しくは、Nutanixサポートポータルにある『Nutanix Acropolis MCS plug-in Installation Guide』を参照してください。

重要:

Nutanixプラグインのインストールを、Citrix DaaSによってNutanixハイパーバイザーを持つリソースの場所へのホスト接続を作成する必要があるすべてのCloud Connectorに対して行う必要があります。

Nutanixプラグインのインストールと登録

次の手順に従って、すべてのCloud ConnectorにNutanixプラグインをインストールして登録します。Citrix Cloudの [管理]>[完全な構成] 機能を使用して、Nutanixへの接続を作成します。次に、Nutanix環境で作成したマスターイメージのスナップショットを使用するマシンカタログを作成します。

ヒント:

Nutanixプラグインをインストールまたは更新するときは、Citrix Host Service、Citrix Broker Service、およびMachine Creation Serviceを停止してから再起動することをお勧めします。

Nutanixプラグインのインストールについて詳しくは、Nutanixのドキュメントサイトを参照してください。

Nutanixとの接続の作成

以下の情報は、「接続の作成と管理」のガイダンスを補足するものです。Nutanix接続を作成するときは、Nutanixに固有の詳細に注意しながら、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

接続とリソースの追加 ウィザードの [接続] ページで、接続の種類として [Nutanix] を選択し、アドレスと資格情報、接続の名前を指定します。[ネットワーク] ページで、ホスティングユニットのネットワークを選択します。

選択できる接続の種類は次のとおりです:Nutanix AHVNutanix AHV XINutanix AHV PC

  • [Nutanix AHV] の場合は、Prism Element(PE)クラスターのアドレスと資格情報を指定します。

  • [Nutanix AHV PC] の場合は、ハイパーバイザーのアドレスと資格情報を指定します。

  • [Nutanix AHV XI] の場合は、アドレスとユーザー名を指定してから、Nutanix XI資格情報ファイル(.pem) に含まれる公開キーおよび秘密キーをインポートします。(公開キーと秘密キーは、Nutanix XI管理者によってNutanix XIクラウドで生成されます)。

    • キーをインポートするには、資格情報ファイルを検索し、メモ帳(または任意のテキストエディター)でそのファイルを開き、コンテンツをコピーします。その後、[接続] ページに戻り、[キーのインポート] を選択し、コンテンツを貼り付けてから [保存] を選択します。

    注意:資格情報の内容またはその形式を変更しないでください。

ヒント:

Nutanix AHV(Prism Element)をリソースとして使用してマシンを展開する場合は、VMのディスクが存在するコンテナを選択します。

Nutanixスナップショットを使用するマシンカタログの作成

以下の情報は、「マシンカタログの作成」のガイダンスを補完する情報です。カタログを作成するには、Nutanixに固有の詳細に注意しながら、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

選択したスナップショットは、カタログの仮想マシンの作成に使用されるテンプレートです。カタログを作成する前に、Nutanixでイメージとスナップショットを作成してください。詳しくは、Nutanixドキュメントを参照してください。

カタログ作成ウィザードで次の操作を行います:

  • [オペレーティングシステム] ページと [マシン管理] ページには、Nutanix固有の情報は含まれていません。

  • [コンテナ] または [クラスターとコンテナ] ページは、Nutanixに固有のものです。

    • Nutanix AHV XIをリソースとして使用してマシンを展開する場合は、[コンテナ] ページで、VMのIDディスクを配置するコンテナを選択します。

    • Nutanix AHV Prism Central(PC)をリソースとして使用してマシンを展開すると、[クラスターとコンテナ] ページが表示されます。VMの展開に使用するクラスターを選択してから、コンテナを選択します。

  • [マスターイメージ]ページで、イメージのスナップショットを選択します。Citrix Virtual Apps and Desktopsで使用するAcropolisのスナップショット名は、”XD_“で始める必要があります。必要に応じて、Acropolisコンソールを使用してスナップショットの名前を変更します。スナップショットの名前を変更した場合は、カタログ作成ウィザードを再起動して、最新の一覧を表示します。

  • [仮想マシン] ページで、仮想CPUの数と仮想CPUあたりのコア数を指定します。

  • [NIC] ページで、NIC(ネットワークインターフェイスカード)の種類を選択して、関連するネットワークをフィルタリングします。このオプションは、Nutanix AHV PC接続でのみ使用できます。NICには、[VLAN][OVERLAY] の2種類があります。マスターイメージに含まれる1つまたは複数のNICを選択してから、NICごとに関連付けられた仮想ネットワークを選択します。

  • [マシンID] ページ、[ドメイン資格情報] ページ、[スコープ] ページ、および [概要] ページには、Nutanixに固有の情報は含まれていません。

Nutanix Clusters on AWS

Citrix DaaS(旧称Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス)は、Nutanix Clusters on AWSをサポートします。Nutanix Clustersは、プライベートクラウドまたは複数のパブリッククラウドでのアプリケーションの実行をシンプルにします。

ヒント:

このサポートは、Nutanixオンプレミスクラスターと同じ機能を提供します。単一のクラスターのみサポートされます(Prism Element)。詳しくは、こちらを参照してください。

要件

Nutanix Clusters on AWSを使用するには、以下のものが必要です:

  • Nutanixアカウント。
  • 次の権限を持つAWSアカウント:
    • IAMFullAccess
    • AWSConfigRole
    • AWSCloudFormationFullAccess

Nutanix Clusterの作成

Nutanix Clusterを作成するには:

  1. Nutanixアカウントにログインします。
  2. [Nutanix cluster] オプションを見つけ、[Launch] をクリックします。[Nutanix Console] が開きます。詳しくは、「Get Started with Nutanix Cluster on AWS」を参照してください。
  3. [new VPC] の作成を選択します。

クラスター作成プロセスは、次のエラーで失敗することがあります:

  • Cluster failed to create within a given time. Deleting cluster.(指定された時間内にクラスターを作成できませんでした。クラスターを削除しています)
  • Host Nutanix Cluster - Node XXXXXXXXXXX: Instance i-xxxxxxxxxxxxx: disable network interface source/dest check error.
  • Host Nutanix Cluster - Node XXXXXXXXXXX: Unable to obtain instance i-xxxxxxxxxxxxxx network interface info.

クラスターの作成に失敗した場合は:

  • もう一度、別のリージョンで1つ作成してみてください。
  • もう一度試す前に、必ずNutanix CloudFormationスタック(CFS)を削除してください。

他のリソースに加えて、Nutanix CFSは以下を作成します:

  • Nutanix Cluster xxxxxxxxxxxxx 10.0.0.0/16」という名前の1つのVPC
  • 「10.0.128.0/24」と「10.0.129.0/24」という2つのサブネット
  • 1つのインターネットゲートウェイ
  • 1つのNATゲートウェイ

クラスターが作成されたら、Nutanix Prismのアドレスを取得します:

  1. [Nutanix Console] に移動します。
  2. コンソールの右上にある [Launch Prism Element] リンクにマウスを合わせて、URLをコピーします。

Nutanix Prismへの接続

Nutanix Prismに接続するには:

  1. 「10.0.129.0/24」サブネットに踏み台VMを作成します。
  2. 踏み台VMにRDP(リモートデスクトッププロトコル)で接続し、前のセクションでコピーしたPrism ElementのURLに移動します。
  3. デフォルトの資格情報を使用してログインします:admin:nutanix/4u。忘れずにパスワードを変更してください。

Nutanix ClusterでのVMの作成

Nutanix Prismに接続した後、Nutanixクラスター上にVMを作成します。

VMがインターネットアクセスを必要とする場合

  1. AWSコンソールに移動します。
  2. Nutanix CFSによって作成されたものと同じVPCで、新しく「10.0.130.0/24」サブネットを作成します。
  3. このサブネットのルートテーブルにルートを追加して、すべての非ローカルトラフィックを上記のNATゲートウェイに転送します。
  4. 踏み台VMにRDP(リモートデスクトッププロトコル)で接続し、前のセクションでコピーしたPrism ElementのURLに移動して、ログインします。
  5. 新しいネットワークの追加[Settings]>[Network Configuration]>[Create Subnet] に移動します。AWSで使用しているものと同じ「10.0.130.0/24」サブネットを使用します。
  6. その新しいサブネットにすべてのVM(AD、CC、VDAなど)を作成します。

VMがインターネットアクセスを必要としない場合

  1. 踏み台VMにRDP(リモートデスクトッププロトコル)で接続し、前のセクションでコピーしたPrism ElementのURLに移動して、ログインします。
  2. 新しいネットワークの追加[Settings]>[Network Configuration]>[Create Subnet] に移動します。「10.0.129.0/24」サブネットを使用します。
  3. そのサブネットにすべてのVM(AD、CC、VDAなど)を作成します。

ヒント:

VMの時間とタイムゾーン情報が正しく設定されていることを確認してください。これは特にAD(Active Directory)に当てはまります。

ホスト接続の作成

  1. Citrix Studioを起動します。
  2. ホスティングノードを選択し、[接続およびリソースの追加] をクリックします。
  3. [接続] 画面で、[新しい接続を作成する] を選択し、[接続アドレス] に「https://xxx.xxx.xxx.xxx:9440」を入力します。
  4. UIに従ってウィザードを完了します。

注:

Citrix StudioでNutanixのオプションを表示するには、nutanixプラグインが(nutanixゾーンで使用されていなくても)すべてのコネクタVMにインストールされている必要があります。

詳細情報

Nutanix仮想化環境