Citrix DaaS

アプリパッケージ(プレビュー)

この記事では、Citrix DaaS環境でのApp-Vパッケージアプリケーションの展開と配信について説明します。

パッケージアプリケーションについて

このセクションでは、App-Vパッケージアプリケーションを配信するときに操作するコンポーネントと概念について説明します。詳しくは、こちらのMicrosoft社のドキュメントを参照してください:https://docs.microsoft.com/en-us/windows/application-management/app-v/appv-for-windows

App-Vサーバー上のコンポーネント

App-Vインフラストラクチャの主なコンポーネントは次のとおりです:

  • App-Vサーバー
    • 管理サーバーApp-Vインフラストラクチャを管理したり、App-Vデスクトップクライアントやリモートデスクトップサービスクライアントに仮想アプリケーションを配信したりするための中央管理コンソールです。このサーバーは、Active Directoryといくつかのツールを使用してユーザーとアプリケーションを管理します。
    • 公開サーバー。管理サーバーからパッケージを取得し、App-Vクライアントを実行しているマシンに展開します。
  • App-Vデスクトップクライアント。ユーザーマシン上で仮想アプリケーションを実行し、ユーザーがアイコンやファイル名を操作して仮想アプリケーションを起動できるようにします。
  • App-V Sequencer。アプリケーションを仮想パッケージに変換して、ユーザーマシンに展開します。

App-Vパッケージの管理方法

Citrix DaaSは、次の方法を使用してApp-Vパッケージを配信および管理します:

  • デュアル管理。アプリケーションパッケージは、App-Vサーバーで構成および管理されます。Citrix DaaSサーバーとApp-Vサーバーは連携して、パッケージを配信および管理します。

    この方法では、Citrix DaaSが、App-Vサーバーの状態を示すスナップショットビューを定期的に更新する必要があります。これにより、ハードウェア、インフラストラクチャ、および管理にオーバーヘッドが生じます。Citrix DaaSとApp-Vサーバーは、特にユーザーの権限においては、同期されたままである必要があります。

    デュアル管理は、App-VとCitrix Cloudが緊密に連携している環境で最適に機能します:

    • App-V管理サーバー。App-Vパッケージと動的構成ファイルのライフサイクルを公開および管理します。
    • Citrix App-Vコンポーネント。アプリケーションの起動に必要な、適切なApp-V公開サーバーの登録を管理します。

    この方式によって、App-V公開サーバーは適切なタイミングでユーザーに対して同期されます。公開サーバーは、ログオングループや接続グループの更新など、パッケージのライフサイクルにおけるさまざまな面を維持します。

  • シングル管理。アプリケーションパッケージはネットワーク共有に保存されます。Citrix DaaSは、パッケージを個別に配信および管理します。

    この方式では、環境にApp-Vサーバーとデータベースインフラストラクチャが必要ないため、オーバーヘッドが削減されます。

    この方式では、App-Vパッケージをネットワーク共有に保存し、そのメタデータをその場所からCitrix Cloudにアップロードします。次に、Citrix App-Vコンポーネントは、次のようにアプリケーションを管理および配信します:

    • アプリケーションの起動時に、展開の構成ファイルとユーザー構成ファイルを処理します。

    • ホストマシン上のパッケージのライフサイクルに関するすべての面を管理します。

両方の管理方式を同時に使用することもできます。つまり、アプリケーションをデリバリーグループに追加する場合、App-Vサーバーまたはネットワーク共有にあるApp-Vパッケージからアプリケーションを追加できます。

注:

両方の管理方式を同時に使用しており、App-Vパッケージで両方の場所に動的構成ファイルがある場合は、App-Vサーバーのファイル(デュアル管理)が使用されます。

App-Vパッケージアプリケーションの展開および配信

次の表に、推奨のワークフローを示します。

タスク シングル管理 デュアル管理
1. Citrix App-VコンポーネントをVDAマシンにインストールする X X
2. アプリケーションパッケージを生成して保存する X X
3. アプリケーションパッケージをCitrix Cloudにアップロードする X X
4. デリバリーグループにApp-Vアプリケーションを追加する X X
5. (オプション)App-V分離グループを追加する X 該当なし

:Xは、その手順が必須であることを示しています。

手順1:Citrix App-VコンポーネントをVDAマシンにインストールする

シングル管理方式とデュアル管理方式の両方で、Citrix App-VコンポーネントはApp-Vパッケージの公開プロセスを管理します。VDAをインストールする場合、これらのコンポーネントはデフォルトではインストールされません。

VDAのインストール中またはインストール後にコンポーネントをインストールできます。

VDAのインストール中にコンポーネントをインストールするには、次のいずれかの方法を使用します:

  • インストールウィザードで、[追加コンポーネント] ページに移動してから、[Citrix Personalization for App-V - VDA] チェックボックスをオンにします。
  • コマンドラインインターフェイスの場合は、「/includeadditional “Citrix Personalization for App-V – VDA”」オプションを使用します。

VDAのインストール後にコンポーネントをインストールするには、次の手順に従います:

  1. VDAマシンで、[コントロールパネル]>[プログラム]>[プログラムと機能] に移動し、[Citrix Virtual Delivery Agent] を右クリックして [変更] を選択します。
  2. ウィザードが表示されたら、[追加コンポーネント] ページに移動し、[Citrix Personalization for App-V - VDA] チェックボックスをオンにします。

注:

Microsoft App-Vデスクトップクライアントは、ユーザーデバイス上で仮想アプリケーションを実行するコンポーネントです。Windows 10(1607以降)、Windows Server 2016、およびWindows Server 2019には、このApp-Vクライアントソフトウェアが既に組み込まれています。VDAマシンでオンにするだけで使用できます。詳しくは、こちらのMicrosoft社のドキュメントを参照してください:https://docs.microsoft.com/en-us/windows/application-management/app-v/appv-enable-the-app-v-desktop-client

手順2:App-Vアプリケーションパッケージを生成して保存する

インフラストラクチャをセットアップした後、アプリケーションパッケージを生成し、それらをUNCまたはSMBネットワーク共有などのネットワークの場所、またはAzureファイル共有に保存します。

次の手順は、いずれの方法にも適用されます:

  1. 適切なApp-V Sequencerを使用してアプリケーションパッケージを作成します。詳しくは、Microsoft社のドキュメントを参照してください。

  2. アプリケーションパッケージをネットワークの場所に保存します:

    • シングル管理の場合:パッケージとそれに対応する動的構成ファイル(App-V)をUNCまたはSMBネットワーク共有、またはAzureファイル共有に保存します。

    • デュアル管理の場合:UNCパスからApp-V管理サーバーにパッケージを公開します。(HTTP URLからの公開はサポートされていません。)

  3. VDAにパッケージストレージパスの読み取り権限があることを確認してください:

    • ADドメインのUNCまたはSMBネットワーク共有にパッケージを保存する場合は、VDAマシンにストレージパスへの読み取り権限を付与します。これを行うには、マシンのADアカウントに共有への読み取り権限を明示的に付与するか、その権限を持つADグループに含めることができます。

    • パッケージをAzureファイル共有に保存する場合は、最初にユーザーアカウントにAzureのストレージパスへの読み取り権限を付与します。次に、そのユーザーアカウントを使用してパッケージストレージパスにアクセスするようにVDAマシンを構成します。手順について詳しくは、以降のセクションを参照してください。

ユーザーログオンアカウントの変更

VDAはctxAppVServiceを呼び出して、パッケージストレージパスにアクセスします。デフォルトでは、ctxAppVServiceはマシンのローカルシステムアカウントを使用してパッケージストレージパスにログオンします。この種類のユーザー認証は、ADドメインで機能します。ただし、ユーザーアカウントベースの認証が必要となるADとAzure ADとの統合シナリオでは機能しません。

パッケージをAzureファイル共有に保存する場合は、ctxAppVServiceのログオンアカウントをパッケージストレージパスへの読み取り権限があるユーザーアカウントに変更します。詳細な手順は次のとおりです:

  1. [サービス] を起動し、ctxAppVServiceを右クリックして、[プロパティ] を選択します。

  2. [ログオン] タブで、[このアカウント] を選択し、パッケージストレージパスへの読み取り権限があるユーザーアカウントを入力してから、ユーザーのパスワードを2回入力します。

  3. [OK] をクリックします。

手順3:アプリケーションパッケージをCitrix Cloudにアップロードする

必要に応じてApp-Vアプリケーションパッケージをネットワークの場所に保存した後、それらをCitrix Cloudにアップロードして配信します。必要に応じて、次のいずれかの方法を使用します:

準備

Citrix DaaSは、VDAマシンを使用して、パッケージ検出用のネットワークの場所への接続をセットアップします。したがって、事前にデリバリーグループを作成し、グループ内の1つ以上のVDAが次の要件を満たしていることを確認してください:

必須の役割

デフォルトでは、クラウド管理者またはすべての管理権限を実行できる管理者の役割がある場合は、アプリケーションパッケージをCitrix Cloudにアップロードできます。カスタム役割を作成して、アップロード操作を実行することもできます。次の表に、アプリパッケージの操作に必要な権限を示します。

アクション 必要な権限
パッケージの追加(1つずつアップロード) アプリケーション検出セッションの作成
ソースの追加(一括アップロード) アプリケーション検出プロファイルの作成
パッケージの更新の確認 アプリケーション検出セッションの作成
ソースの削除 アプリケーション検出プロファイルの削除

アプリケーションパッケージの一括アップロード

ネットワークの場所にあるパッケージをCitrix Cloudにアップロードします。アップロードする前に、次のアイテムの準備ができていることを確認してください:

  • 準備」に記載されている要件を満たすデリバリーグループ
  • ネットワークの場所のパス

パッケージを一括でアップロードするには、次の手順に従います:

  1. [管理]>[完全な構成] の左側ペインで [アプリパッケージ] を選択します。
  2. [ソース] タブで、[追加] ボタンをクリックします。[ソースの追加] ページが表示されます。
  3. [名前] フィールドに、わかりやすいパッケージソースの名前を入力します。
  4. [デリバリーグループ] フィールドで、[デリバリーグループの選択] をクリックします。次に、「準備」に記載されている要件を満たすデリバリーグループを選択し、[OK] をクリックします。
  5. [場所の種類] フィールドで、パッケージの保存場所に基づいて [Microsoft App-Vサーバー] または [ネットワーク共有] を選択し、それに対応する設定を構成します:
    • [Microsoft App-Vサーバー] を選択した場合は、次の情報を入力します:
      • 管理サーバーのURL。例:http://appv-server.example.com
      • 管理サーバー管理者のログイン資格情報。
      • 公開サーバーのURLとポート番号。例:http://appv-server.example.com:3330
    • [ネットワーク共有] を選択した場合は、次の情報を指定します:
      • ネットワーク共有のUNCパスを入力します。例:\\App-V-Server\apps\
      • アップロードするパッケージの種類を選択します。例:App-V
      • サブフォルダーでパッケージを検索するかどうかを指定します。
  6. [ソースの追加] をクリックします。

    [ソースの追加]ページが閉じ、新しく追加されたソースがソース一覧に表示されます。Citrix DaaSは、デリバリーグループのVDAを使用してパッケージをCitrix Cloudにアップロードします。アップロードが完了すると、[ステータス]フィールドに「インポート成功」と表示されます。対応するパッケージが [パッケージ] タブに表示されます。

    注:

    ソースの場所でパッケージの更新を確認してCitrix Cloudにインポートするには、ソース一覧で場所を選択し、[パッケージの更新の確認] をクリックします。

アプリケーションパッケージを1つずつアップロード

ネットワーク共有からCitrix Cloudにアプリケーションパッケージをアップロードします。アップロードする前に、次のアイテムの準備ができていることを確認してください:

  • 準備」に記載されている要件を満たすデリバリーグループ
  • ネットワークの場所のパス。

パッケージをCitrix Cloudにアップロードするには、次の手順に従います:

  1. [管理]>[完全な構成] の左側ペインで [アプリパッケージ] を選択します。
  2. [パッケージ] タブで、[パッケージの追加] ボタンをクリックします。[パッケージの追加] ページが開きます。
  3. [デリバリーグループ] フィールドで、[デリバリーグループの選択] をクリックします。次に、「準備」に記載されている要件を満たすデリバリーグループを選択し、[OK] をクリックします。
  4. [パッケージの完全パス] フィールドに、必要に応じてパスを入力します:
    • 単一のパッケージをアップロードするには、パッケージの完全パスを入力します。例:\App-V-Server\apps\office365.appv
    • ネットワーク共有にあるすべてのパッケージをアップロードするには、ストレージパスを入力します。例:\App-V-Server\apps\
  5. [パッケージの追加] をクリックします。

    アプリケーションパッケージが [パッケージ] タブに表示されます。

手順4:デリバリーグループにApp-Vアプリケーションを追加する

アプリケーションパッケージが完全にアップロードされたら、必要に応じてそのアプリケーションを1つまたは複数のデリバリーグループに追加します。これらのデリバリーグループに関連付けられているユーザーは、アプリケーションにアクセスできるようになります。

パッケージ内の1つまたは複数のアプリケーションを複数のデリバリーグループに追加するには、次の手順に従います:

  1. [管理]>[完全な構成] の左側ペインで [アプリパッケージ] を選択します。
  2. [パッケージ] タブで、必要に応じてパッケージを選択します。
  3. 操作バーで、[デリバリーグループの追加] をクリックします。[デリバリーグループの追加]ページが開きます。
  4. 必要に応じてパッケージ内の1つまたは複数のアプリケーションを選択し、[次へ] をクリックします。配信の種類が [アプリケーション] のデリバリーグループが表示されます。
  5. デリバリーグループ一覧で、アプリケーションを割り当てるグループを選択し、[次へ] をクリックします。
  6. [完了] をクリックします。

以下を実行する際に、パッケージアプリケーションをデリバリーグループに追加することもできます:

手順5:(オプション)App-V分離グループを追加する

シングル管理方式を使用している場合は、分離グループを作成して、相互依存するApp-Vアプリケーションの自動配信を有効にすることができます。

注:

デュアル管理方式を使用している場合は、Microsoft App-Vインフラストラクチャで接続グループを作成することで同じ目的を達成できます。詳しくは、こちらのMicrosoft社のドキュメントを参照してください:https://docs.microsoft.com/en-us/windows/application-management/app-v/appv-connection-group-file

分離グループについて

分離グループは、仮想環境を作成するために同じWindowsサンドボックスで実行する必要がある相互依存するアプリケーションパッケージのコレクションです。Citrix App-V分離グループは、App-V接続グループと似ていますが同じではありません。分離グループには、次の2種類のパッケージが含まれます:

  • Explicit(明示的な)アプリケーションパッケージ。特定のライセンス要件があるアプリケーション。これらのアプリケーションをデリバリーグループに追加することで、これらのアプリケーションを特定の範囲のユーザーに制限できます。
  • Automatic(自動)アプリケーションパッケージ。デリバリーグループに追加されているかどうかに関係なく、すべてのユーザーが常に使用できるアプリケーション。

たとえば、アプリケーションapp-aを実行するにはJRE 1.7が必要です。app-a(「Explicit」とマークされている)とJRE 1.7(「Automatic」とマークされている)を含む分離グループを作成できます。次に、app-aのApp-Vパッケージを1つまたは複数のデリバリーグループに追加します。ユーザーがapp-aを実行すると、JRE 1.7が自動的にapp-aで展開されます。

ユーザーが分離グループでExplicitとマークされたApp-Vアプリケーションを起動すると、Citrix DaaSはデリバリーグループ内のアプリケーションへのユーザーのアクセス権限を確認します。ユーザーがそのアプリケーションにアクセスする権限を持っている場合、ユーザーは同じ分離グループ内のすべてのAutomaticアプリケーションパッケージを使用できます。

Automaticパッケージをデリバリーグループに追加する必要はありません。分離グループに別のExplicitアプリケーションパッケージがある場合、そのパッケージは、同じデリバリーグループにある場合にのみユーザーが使用できます。

App-V分離グループの作成

分離グループを作成し、相互依存するアプリケーションパッケージを追加します。詳細な手順は次のとおりです:

  1. [分離グループ] タブで、[分離グループの追加] をクリックします。
  2. 分離グループの名前と説明を入力します。Citrix Cloudのすべてのアプリケーションパッケージが [使用可能なパッケージ] 一覧に表示されます。
  3. [使用可能なパッケージ] 一覧から、必要に応じたアプリケーションを選択し、右矢印をクリックします。選択したアプリケーションが [分離グループ内のパッケージ] 一覧に表示されます。
  4. [展開] フィールドで、そのアプリケーションに対してExplicit(明示的)またはAutomatic(自動)を選択します。
  5. 手順2〜3を繰り返して、さらにパッケージを追加します。
  6. 一覧のパッケージの順序を変更するには、上矢印または下矢印をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。

注:

分離グループの構成により、VDA上にApp-V接続グループが作成されます。展開シナリオは複雑になる可能性があり、App-Vクライアントは、1つのアクティブな接続グループに同時に存在するパッケージをサポートします。同じデリバリーグループに追加された2つの異なる分離グループに、同じパッケージを追加しないことをお勧めします。

アプリパッケージ(プレビュー)