Product Documentation

Androidのランチャー構成デバイスポリシー

Apr 27, 2017

Citrix Launcherを使用すると、XenMobileによって展開されたAndroidデバイスのユーザーエクスペリエンスをカスタマイズできます。Launcher Configurationポリシーを追加すると、次のCitrix Launcher機能を制御できます。

  • ユーザーは管理者が指定したアプリにのみアクセスできるようにAndroidデバイスを管理する。
  • Citrix Launcherアイコンのカスタムロゴ画像と、Citrix Launcherのカスタム背景画像をオプションで指定する。
  • ユーザーがランチャーを終了するために入力する必要があるパスワードを指定する。

Citrix Launcherを使用するとそれらのデバイスレベルの制約を適用できますが、ランチャーは、デバイス設定(たとえば、WiFi設定、Bluetooth設定、およびデバイスパスコード設定)への組み込みのアクセスを介して、必要な操作上の柔軟性をユーザーに付与します。Citrix Launcherは、デバイスプラットフォームで既に提供されているセキュリティを強化するものではありません。

Citrix Launcherを展開すると、XenMobileがそれをインストールし、デフォルトのAndroidランチャーを置換します。

1. XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。[Device Policies]ページが開きます。

2.[Add]をクリックします。[Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3. まず「Launcher」と入力し、一覧から[Launcher Configuration]を選択します。[Launcher Configuration Policy]ページが開きます。

4.[Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。[Androidプラットフォーム]情報ページが開きます。

localized image

6. 次の設定を構成します。

  • Define a logo image: Citrix Launcherアイコンにカスタムロゴ画像を使用するかどうかを選択します。デフォルトは[OFF]です。
  • Logo image[Define a logo image]を有効にした場合、[Browse]をクリックしてイメージファイルの場所に移動し、そのファイルを選択します。サポートされているファイルの種類は、PNG、JPG、JPEG、およびGIFです。
  • Define a background image: Citrix Launcherの背景にカスタム画像を使用するかどうかを選択します。デフォルトは[OFF]です。
  • Background image[Define a background image]を有効にした場合、[Browse]をクリックしてイメージファイルの場所に移動し、そのファイルを選択します。サポートされているファイルの種類は、PNG、JPG、JPEG、およびGIFです。
  • Allowed apps: Citrix Launcherで許可するアプリケーションごとに、[Add]をクリックして以下の操作を行います。
    • New app to add: 追加するアプリケーションの完全な名前を入力します。たとえば、Androidのカレンダーアプリケーションの場合は「com.android.calendar」です。
    • [Save]をクリックしてアプリを追加するか、[Cancel]をクリックしてアプリの追加を取り消します。

注: 既存のアプリケーションを削除するには、項目が含まれる行の上にマウスポインターを置き、右側のごみ箱アイコンをクリックします。確認ダイアログボックスが開きます。項目を削除するには[削除]をクリックし、項目をそのままにするには[キャンセル]をクリックします。

既存のアプリケーションを編集するには、項目が含まれる行の上にマウスポインターを置き、右側のペンアイコンをクリックします。項目を変更し、[Save]をクリックして変更した項目を保存するか、[Cancel]をクリックして項目を変更せずそのままにします。

  • パスワード: Citrix Launcherを終了するために入力する必要があるパスワード。

7. 展開規則を構成します。

8.[Next]をクリックします。[Launcher Configuration Policy]割り当てページが開きます。

9. 展開規則を構成します。

10.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。選択したグループが[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

11.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。デフォルトのオプションは[ON]です。[OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。デフォルトのオプションは[OFF]です。

12.[Save]をクリックします。