サーバープロパティ

サーバープロパティは、XenMobileインスタンス全体の動作、ユーザー、およびデバイスに適用されるグローバルプロパティです。使用する環境で、この記事で取り上げたサーバープロパティを評価していただくことをお勧めします。他のサーバーのプロパティを変更する前には、シトリックスにご相談ください。

一部のサーバープロパティを変更すると、XenMobile Serverの各ノードの再起動が必要になります。再起動が必要な時にXenMobileによって通知されます。

一部のサーバープロパティは、パフォーマンスと安定性を向上させます。詳しくは、「XenMobileの動作の調整」を参照してください。

ルート化されたAndroidとジェイルブレイクされたiOSデバイスの登録をブロック: このプロパティがTrueの場合、XenMobileはルート化されたAndroidデバイスおよびジェイルブレイクされたiOSデバイスの登録をブロックします。デフォルト値はtrueです。推奨の設定は、すべてのセキュリティレベルに対してTrueです。

登録が必要: このプロパティは、XenMobileサーバーのモードがENTの場合にのみ適用され、ユーザーがMDMに登録する必要があるかどうかを指定します。このプロパティは、XenMobileインスタンスのすべてのユーザーとデバイスに適用されます。登録を必要とすることで、より高度なセキュリティを提供します。ただし、その決定はMDMが必要かどうかにより異なります。デフォルトでは、登録は必要ありません。

このプロパティがFalseの場合、ユーザーは登録を拒否できますが、引き続きXenMobile Storeを通してデバイス上のアプリにアクセスできます。このプロパティがTrueの場合、登録を拒否するユーザーはアプリへのアクセスが拒否されます。

ユーザーが登録した後にこのプロパティを変更すると、ユーザーを再登録する必要があります。

MDM登録が必要かどうかについて詳しくは、「デバイス管理とMDM登録」を参照してください。

XenMobile MDM Self Help Portal コンソールの最大非アクティブ間隔 (分): このプロパティ名には、古いXenMobileのバージョンが反映されています。このプロパティは、XenMobileコンソールの最大非アクティブ間隔を制御します。この間隔は、非アクティブなユーザーがXenMobileコンソールからログアウトされるまでの分数です。タイムアウトが0の場合、非アクティブなユーザーはログインしたままになります。デフォルトは30です。

無操作状態によるタイムアウト (分): XenMobileの公開APIを使用してXenMobileコンソールやサードパーティ製アプリにアクセスする非アクティブなユーザーがログアウトされるまでの分数。タイムアウト値が0の場合、非アクティブなユーザーはログインしたままになります。APIにアクセスするサードパーティのアプリは、通常はログインしたままにする必要があります。デフォルトは5です。

iOSデバイス管理登録:必要な場合ルートCAをインストールする: Appleの最新の登録ワークフローでは、ユーザーが手動でMDMプロファイルをインストールする必要があります。このワークフローは、Apple Business ManagerまたはApple School Managerで割り当てられたサーバーへのMDM登録には適用されません。ただし、MDMに手動で登録する場合、iOSデバイスのユーザーにはMDMデバイス証明書のプロンプトのみが表示されます。

手動登録時のユーザーエクスペリエンスを向上させるには、サーバープロパティios.mdm.enrollment.installRootCaIfRequiredfalseに変更することをお勧めします。デフォルト値はtrueです。その結果、MDM登録中にSafariウィンドウが開き、ユーザーのプロファイルのインストールが簡素化されます。

最小VPP基準間隔: 最小VPP基準間隔はXenMobileがVPPライセンスをAppleから再インポートする最小間隔を設定します。ライセンス情報を更新することにより、XenMobileにすべての変更が反映されます(インポートされたアプリをVPPから手動で削除した場合など)。デフォルトで、XenMobileはVPPライセンスベースラインを最低720分ごとに更新します。

多数のVPPライセンスをインストールしている場合(たとえば、50,000個以上)、ベースライン間隔を広げてライセンスをインポートする頻度とオーバーヘッドを減らすことをお勧めします。Appleからの頻繁なVPPライセンス変更が予想される場合は、変更に対してXenMobileが最新状態を維持できるよう、この値を下げることをお勧めします。2つのベースライン間の最小間隔は60分です。cronジョブはバックグラウンドで60分ごとに実行されるため、VPPベースライン間隔が60分の場合、ベースライン間の間隔は最大119分開く可能性があります。

サーバープロパティ