コマンドラインインターフェイスオプション

XenMobile Serverのオンプレミスインストールについては、以下の通り常にCLIオプションが利用できます。

  • XenMobileをインストールしたハイパーバイザーから: ハイパーバイザーで、インポートしたXenMobile仮想マシンを選択してコマンドプロンプトビューを起動し、XenMobileの管理者アカウントにログオンします。詳しくは、ハイパーバイザーのドキュメントを参照してください。
  • ファイアウォールでSSHが有効な場合、SSHを使用します: XenMobileの管理者アカウントにログオンします。

CLIを使用して、さまざまな構成タスクやトラブルシューティングを実行できます。以下は、CLIの第一レベルメニューです。

コマンドラインオプションの画像

構成オプション

以下は、[構成]メニュー と、各オプションに表示される設定です。

コマンドラインオプションの画像

[1] Network

コマンドラインオプションの画像

[2] Firewall

コマンドラインオプションの画像

[3] Database

コマンドラインオプションの画像

[4] Listener Ports

コマンドラインオプションの画像

[Clustering]オプション

以下は、[Clustering]メニュー と、各オプションに表示される設定です。

コマンドラインオプションの画像

[1] Show Cluster Status

コマンドラインオプションの画像

[2] Enable/disable cluster

クラスタリングの有効化を選択すると、次のメッセージが表示されます。

To enable real-time communication between cluster members, please open port 80 using the Firewall menu option in CLI menu. Also configure Access white list under Firewall settings for restricted access.

クラスタリングの無効化を選択すると、次のメッセージが表示されます。

You have chosen to disable clustering. Access to port 80 is not needed. Please disable it.

[3] Cluster member white list

コマンドラインオプションの画像

[4] Enable or disable SSL offload

SSLオフロードの有効化または無効化を選択すると、次のメッセージが表示されます。

Enabling SSL offload opens port 80 for everyone. Please configure Access white list under Firewall settings for restricted access.

[5] Display Hazelcast Cluster

Hazelcastクラスターの表示を選択した場合は、次のオプションが表示されます。

Hazelcast Cluster Members:

[IP addresses listed]

注:

構成されたノードがクラスターの一部ではない場合、そのノードを再起動してください。

[System]オプション

[System Menu] から、システムレベルの情報の表示や設定、サーバーの再起動またはシャットダウン、[Advanced Settings] へのアクセスを実行できます。

コマンドラインオプションの画像

NTPサーバーを設定して、NTPサーバー情報を指定できます。XenMobileの時間とハイパーバイザーの同期でタイムゾーンの問題が発生する場合、XenMobileがNTPサーバーを参照するようにして、これを回避できます。このオプションを変更した後は、すべてのクラスタサーバーを再起動します。

[12] Advanced Settings

コマンドラインオプションの画像

[SSL protocols] オプションが、すべての許可されたプロトコルのデフォルトになります。[New SSL protocols to enable] プロンプトの後に、有効にするプロトコルを入力します。XenMobileはそのときに入力しなかったプロトコルを無効にします。たとえば、TLSv1を無効にするには、「TLSv1.2,TLSv1.1」と入力し、「y」と入力して XenMobile Serverを再起動します。

[Server Tuning] オプションには、サーバー接続のタイムアウト、最大接続数(ポートごと)、最大スレッド数(ポートごと)が含まれます。

[Switch JDBC driver] オプションには、jTDSMicrosoft JDBCがあります。デフォルトのドライバーはjTDSです。Microsoft JDBCドライバーへの切り替えについては、「SQL Serverのドライバー」を参照してください。

[Troubleshooting]オプション

以下は、[Troubleshooting] メニューと、各オプションに表示される設定です。

コマンドラインオプションの画像

[1] Network Utilities

コマンドラインオプションの画像

[2] Logs

コマンドラインオプションの画像

[3] Support Bundle

コマンドラインオプションの画像

ShareFileをFTPサイトとして使用してサポートバンドルをアップロードするには

サポートバンドルのアップロードを開始する前に、ShareFileで次の前提条件を構成します:

  1. FTPログオンの詳細を確認します。

    a. Webブラウザーで、https://citrix.sharefile.comを開きます。

    b. [個人設定][高度な接続] の順にクリックします。

     ShareFileの個人設定の画像

     ShareFileの高度な接続の画像

    c. [FTP Server Information]で、[User name」に英数字のユーザーIDとデフォルトのサブドメイン/ユーザー名の詳細が表示されていることを確認します。

    ShareFile FTPの構成の画像

    注:

    • ユーザー名にバックスラッシュ(/)とアンパサンド(@)文字を含めることはできません。これは、Linux CLIベースのFTPクライアントであるXenMobileからファイルをアップロードするためです。
    • 英数字のユーザーIDが表示されていない場合は、ShareFile管理者またはShareFileサポートに問い合わせてください。
  2. ShareFileサーバーでFTPSとFTP通信が有効になっていることを確認します。可能であれば、ShareFile管理者はFTP通信が許可されたユーザーアカウントを開くことができます。ただし、場合によってはFTPS通信のみが許可されます。

    管理者権限を持つユーザーは、[設定][管理設定][高度な設定][ShareFileツールを有効にする] の順にクリックして、この設定を確認して有効化することができます。[外部アプリ][FTP Access] で、[有効] チェックボックスをオンにします。

     ShareFileの[有効]チェックボックスの画像

  3. FTPクライアントがファイルアップロード用のディレクトリとして使用する共有フォルダーを作成します。[ホーム][フォルダー][個人用フォルダー] の順にクリックします。

  4. 右端のプラス記号(+)をクリックし、[フォルダーの作成] をクリックしてフォルダーに付ける名前を入力します。

     ShareFileの共有フォルダーダイアログボックスの画像

  5. XenMobile Server CLIで、[Main Menu] から [Troubleshooting]>[Support Bundle] の順に選択します。次に、[Support Bundle Menu][Generate Support Bundle] を選択します。

    コマンドラインオプションの画像

    注:

    既存のサポートバンドルがある場合、プロンプトの後に「y」 を入力してバンドルを上書きします。

  6. サポートバンドルをFTPサーバーにアップロードします:

    a.[Upload Support Bundle by using FTP] を選択します。

    b. [Enter remote host] のプロンプトの後に、FTPサーバー名を入力します。ShareFileをFTPサーバーとして使用する場合は、会社名の後にSharefile FTPサイト名を入力します。例:citrix.sharefileftp.com。

    c.[Enter remote user name] のプロンプトの後に、英数字のユーザーIDを入力します。

    d. [Enter remote user password] のプロンプトの後に、パスワードを入力します。

    e.[Enter remote directory] のプロンプトの後に、ShareFileで作成した共有フォルダー名を入力して Enterキーを押します。

     FTPアップロードコマンドの画像

アップロードされたサポートバンドルがShareFileで作成した共有フォルダーに表示されます。

 FTPアップロードコマンドの画像

ShareFile FTPについて詳しくは、このCitrix Knowledge Centerの記事を参照してください。