SQL Serverの構成

オンプレミスのXenMobile ServerからSQL Serverに接続する場合は、デフォルトのドライバーであるjTDS、またはMicrosoft Java Database Connectivity(JDBC)ドライバーを使用できます。jTDSドライバは、次の場合のデフォルトのドライバです:

  • オンプレミスのXenMobile Serverをインストールします。
  • jTDSドライバを使用するように設定されたXenMobileサーバーからアップグレードします。

どちらのドライバーでも、XenMobileではSQL Server認証またはWindows認証がサポートされます。認証とドライバーのこれらの組み合わせでは、SSLをオンまたはオフにすることができます。

Microsoft JDBCドライバーでWindows認証を使用する場合、ドライバーはKerberosとの統合認証を使用します。XenMobileはKerberosとやり取りをして、Kerberosキー配布センター(KDC)の詳細情報を取得します。必要な詳細が取得できない場合は、XenMobile CLIでActive DirectoryサーバーのIPアドレスを入力するように求められます。

jTDSドライバーからJDBCドライバーに切り替えるには、すべてのXenMobile ServerノードにSSHを適用し、XenMobile CLIを使用して構成します。次のように、現在のjTDSドライバーの構成によって手順が異なります。

Microsoft JDBCへの切り替え(SQL Server認証)

次の手順を完了するには、SQL Serverのユーザー名とパスワードが必要です。

  1. すべてのXenMobile ServerノードにSSHを適用します。

  2. XenMobile CLIメインメニューで、「2」と入力して[System]メニューを開きます。

  3. 12」を入力して[詳細設定]を選択します。

  4. 7」を入力して[Switch JDBC driver]を選択し、Microsoftの場合は「m」を入力します。

     JDBCドライバ選択の画像

  5. プロンプトが表示されたら、「y」を入力してSQL認証を選択し、SQL Serverのユーザー名とパスワードを入力します。

  6. 各XenMobile Serverノードに対して手順を繰り返します。

  7. 各XenMobile Serverノードを再起動します。

Microsoft JDBCへの切り替え(SSLはオフ、Windows認証)

次の手順を完了するには、Active Directoryのユーザー名とパスワード、Kerberos KDC領域、およびKDCのユーザー名が必要です。

  1. すべてのXenMobile ServerノードにSSHを適用します。

  2. XenMobile CLIメインメニューで、「2」と入力して[System]メニューを開きます。

  3. 12」を入力して[詳細設定]を選択します。

  4. 7」を入力して[Switch JDBC driver]を選択し、「m」を入力します。

  5. SQL Server認証を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「n」と入力します。

  6. プロンプトが表示されたら、SQL Server用に構成されたActive Directoryのユーザー名とパスワードを入力します。

  7. XenMobileでKerberos KDC領域が自動検出されない場合は、SQL ServerのFQDNを含むKDCの詳細を入力するように求められます。

  8. SSLを使用するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「n」と入力します。XenMobileによって構成が保存されます。エラーのためXenMobileが構成を保存できない場合は、エラーメッセージと入力した詳細が表示されます。

  9. 各XenMobile Serverノードに対して手順を繰り返します。

  10. 各XenMobile Serverノードを再起動します。

XenMobileデータベースのパスワードを変更するには

XenMobileのデータベースパスワードを変更するには、このガイドラインに従ってください(Citrixサポートからパスワードの変更を指示された場合など)。

重要:

  • データベースパスワードを変更するための予定されたメンテナンスウィンドウを計画します。システムのダウンタイム中にパスワードを変更する必要があります。
  • パスワードを変更するときは、すべてのXenMobileノードがネットワークに接続されていることを確認してください。パスワードを変更したら、XenMobileを再起動します。

    パスワード変更後にXenMobileを再起動しないと、XenMobileはリカバリモードになります。その場合は、SQL Serverで古いパスワードに戻し、XenMobileを再起動して、パスワードを再度変更する必要があります。

  • SQL ServerがWindows認証を使用している場合は、Windows Active Directoryでデータベースのパスワードを変更します。
  1. すべてのXenMobileサーバーノードが実行されていることを確認します。クラスタ環境では、すべてのノードを起動します。

  2. vServersを無効にすることによって、NetscalerロードバランサーでXenMobileに着信するデバイストラフィックをブロックします。

  3. SQL Serverでデータベースのパスワードを変更するには、次の手順を実行します:XenMobile CLIにログインし、[設定]>[データベース] に移動し、プロンプトが表示されたら、変更後のパスワードを入力します:

    Server []: <ipAddress>
    Port [1433]: 1433
    Username [sa]: <userName>
    Password: <****>
    
  4. Yを選択してサーバーを再起動します。

  5. クラスタ内の他のすべてのノードについて、手順3と4を繰り返します。

  6. NetScalerロードバランサーでvServersを有効にして、着信デバイストラフィックのブロックを解除します。