Citrix DaaS

XenServerカタログの作成

マシンカタログの作成」では、マシンカタログを作成するウィザードについて説明します。以下の情報は、XenServer仮想化環境に固有の詳細について説明しています。

注:

XenServerカタログを作成する前に、XenServerへの接続の作成を完了する必要があります。「XenServerへの接続」を参照してください。

GPU対応XenServerを使用してマシンカタログを作成する

GPU対応のマシンでは、専用のマスターイメージが必要です。これらの仮想マシンには、GPUをサポートするビデオカードドライバーが必要です。仮想マシンがGPUを使用して稼働するソフトウェアによって動作できるように、GPU対応のマシンを構成します。

  1. XenCenterを使用して、標準的なVGA、ネットワーク、およびvCPUを指定して仮想マシンを作成します。
  2. 作成した仮想マシンの構成を変更して、GPU機能(パススルーまたは仮想GPU)を有効にします。
  3. 仮想マシンに適切なオペレーティングシステムをインストールして、RDPを有効にします。
  4. Citrix VM ToolsとNVIDIAドライバーをインストールします。
  5. パフォーマンスを最適化するため、Virtual Network Computing(VNC)Admin Consoleをオフにして、仮想マシンを再起動します。
  6. RDPの使用を確認するメッセージが表示されます。RDPを使用してVDAをインストールし、仮想マシンを再起動します。
  7. 必要に応じて、仮想マシンのスナップショットを作成します。このスナップショットは、ほかのGPUマスターイメージのテンプレートとして使用できます。
  8. RDPを使用して、XenCenterで構成され、GPUを使用する顧客固有のアプリケーションをインストールします。

PowerShellを使用してマシンプロファイルベースのマシンカタログを作成する

MCSを使用してマシンをプロビジョニングするためのカタログを作成する場合、マシンプロファイルを使用して、仮想マシンからハードウェアプロパティをキャプチャし、カタログで新しくプロビジョニングされたVMに適用できます。MachineProfileパラメーターが使用されていない場合、ハードウェアプロパティはマスターイメージVMまたはスナップショットからキャプチャされます。

注:

現在、マシンプロファイル入力として使用できるのはスナップショットのみです。

次のパラメーターを明示的に構成して、マシンプロファイル入力のパラメーターの値を上書きできます:

  • VMCpuCount
  • VMMemory
  • NetworkMapping

マシンプロファイルを使用してカタログを作成する

  1. PowerShellウィンドウを開きます。
  2. asnp citrix*を実行します。
  3. IDプールを作成します。IDプールは、作成されるVMのActive Directory(AD)アカウントのコンテナです。例:

    New-AcctIdentityPool -Domain "citrix-xxxxxx.local" -IdentityPoolName "ExampleIdentityPool" -NamingScheme "abc1-##" -NamingSchemeType "Numeric" -Scope @() -ZoneUid "xxxxxxxx"
    <!--NeedCopy-->
    
  4. Active Directoryに必要なADコンピューターアカウントを作成します。

    $password = "password123" | ConvertTo-SecureString -AsPlainText -Force
    New-AcctADAccount -IdentityPoolName "ExampleIdentityPool" -Count 10 -ADUserName "citrix-xxxxxx\admin1" -ADPassword $password
    Set-AcctAdAccountUserCert -IdentityPoolName "ExampleIdentityPool" -ADUserName "citrix-xxxxxx\admin1" -ADPassword $password
    <!--NeedCopy-->
    
  5. New-ProvSchemeコマンドを実行してカタログを作成します。例:

    New-ProvScheme -CleanOnBoot -HostingUnitName "ExampleHostingUnit" -IdentityPoolName "ExampleIdentityPool" -InitialBatchSizeHint 2 -CustomProperties '<CustomProperties xmlns="http://schemas.citrix.com/2014/xd/machinecreation" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
    <Property xsi:type="StringProperty" Name="UseManagedDisks" Value="true" />
    </CustomProperties>'
    -MasterImageVM "XDHyp:\HostingUnits\ExampleHostingUnit\ExampleVDA.vm\ExampleVDA.snapshot" -ProvisioningSchemeName "ExampleCatalog" -Scope @() -SecurityGroup @()
    -MachineProfile "XDHyp:\HostingUnits\ExampleHostingUnit\ExampleMachineProfile.vm\ExampleSnapshot.snapshot"
    <!--NeedCopy-->
    
  6. プロビジョニングスキームをブローカーカタログとして登録します。例:

    $ConfigZone = Get-ConfigZone | Where-Object { $_.Name -eq "xxxxxx" }
    New-BrokerCatalog -Name "MPLT1" -AllocationType Random -Description "Machine profile catalog" -ProvisioningSchemeId fe7df345-244e-4xxxx-xxxxxxxxx -ProvisioningType Mcs -SessionSupport MultiSession -PersistUserChanges Discard -ZoneUid ($ConfigZone.Uid)
    <!--NeedCopy-->
    
  7. VMをマシンカタログに追加します。

新しいマシンプロファイルでマシンカタログを更新する

注:

  • この場合、Set-ProvSchemeコマンドは、カタログ内の既存VMのマシンプロファイルを変更しません。新しいマシンプロファイルは、カタログに追加された新しく作成されたVMのみにあります。
  • マシンプロファイルベースのマシンカタログを非マシンプロファイルベースのマシンカタログに変換することはできません。

新しいマシンプロファイルでマシンカタログを更新するには、次の手順を実行します:

  1. Set-ProvSchemeコマンドを実行します。例:

    Set-ProvScheme -ProvisioningSchemeName "ExampleCatalog" -MachineProfile "XDHyp:\HostingUnits\ExampleHostingUnit\ExampleMachineProfileVm.vm\ExampleMachineProfileSnapshot.snapshot"
    <!--NeedCopy-->
    

    Set-ProvSchemeコマンドについて詳しくは、「Set-ProvScheme」を参照してください。

次の手順

追加情報

XenServerカタログの作成