Citrix DaaS

廃止

この記事では、お客様が適宜ビジネス上の決定を下せるように、段階的に廃止されるCitrix DaaS(旧称Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス)の機能について事前に通知します。Citrixではお客様の使用状況とフィードバックをチェックして、各機能を撤廃するかどうかを判断しています。お知らせする内容は以降のリリースで変わることがあり、廃止される機能がすべて含まれるわけではありません。製品ライフサイクルサポートについて詳しくは、「製品ライフサイクルサポートポリシー」の記事を参照してください。

注:

Citrix Virtual Apps and Desktopsの廃止および削除については、独自の「廃止」の記事で説明しています。

廃止と削除

廃止または削除されるCitrix DaaSの機能を以下の一覧に示します。

廃止されたアイテムはすぐには削除されません。引き続きサポートされますが、今後のリリースでは削除される予定です。

削除されたアイテムは、Citrix DaaSで削除されたかサポートされなくなりました。太字の日付は最新のアップデートを示しています。

| **アイテム** | **廃止が発表されたリリース** | **削除されたリリース** | **代替手段** | | — | — | — | — | | ディスクキャッシュのみを含め、メモリキャッシュを含まないライトバックキャッシュの構成のサポート | 2024年2月 | メモリキャッシュサイズ構成オプションを使用して、ゼロ以外のサイズを割り当てます。 | | オンデマンドプロビジョニング機能の前に作成されたAzureカタログ(「レガシー」カタログ)のサポート | 2024年2月 | AzureレガシーカタログVMを再作成します。カタログはオンデマンドとしてプロビジョニングされるため、ストレージコストが削減されます。 | | System Center Configuration ManagerのCitrix Connector 3.1のサポート | 2023年12月 | | イメージまたはアプリケーションの更新を手動で実行します。 | | カタログが作成されたリージョンとは異なるリージョンでのマスターイメージの使用をサポート | 2023年12月 | | Azure Compute Galleryを使用して、マスターイメージを目的のリージョンに複製します。 | | AWSボリュームワーカーのサポート | 2023年11月 | | ディスクの直接アップロードとダウンロードを使用します。「ディスクの直接アップロードとダウンロード」を参照してください。 | | デリバリーグループの作成で使用されるLeave user management to Citrix Cloudのサポート | 2023年9月 | 2023年9月 | 2023年9月 | | AWS環境で使用されるAwsCaptureInstancePropertiesのサポート | 2023年8月 | | マシンプロファイルを使用します。「マシンプロファイルを使用してカタログを作成する」を参照してください。| | VMware vSphere 6.7のサポート | | 2023年6月 | VMware vSphereの上位バージョンを使用します。| | Schedule-ProvVMUpdate PowerShellコマンド | 2023年4月 | | Set-ProvVMUpdateTimeWindowコマンドを使用します。| | Request-ProvVMUpdate PowerShellコマンド | 2023年4月 | | Set-ProvVMUpdateTimeWindowコマンドを-StartsNowおよび-DurationInMinutes -1パラメーターとともに使用します。| | Cancel-ProvVMUpdate PowerShellコマンド | 2023年4月 | | Clear-ProvVMUpdateTimeWindowコマンドを使用します。| | DedicatedTenancyコマンドで使用するNew-ProvSchemeパラメーター | 2023年3月 | | TenancyTypeパラメーターを使用します。| | Azure環境で仮想マシンをプロビジョニングするための非管理ディスク | 2022年6月 | | | | 4つのAWS固有のコマンドをサポート:Revoke-HypSecurityGroupIngressRevoke-HypSecurityGroupEgressGrant-HypSecuritygroupegress、およびGrant-HypSecurityGroupIngress | 2022年5月 | | | | Azure環境で使用されるStorageAccountTypeパラメーター | 2022年4月 | | StorageTypeを使用します。| | レガシーコンソール(MMCベースのコンソール)| 2021年7月 | 2021年11月 |[管理]>[完全な構成] を使用すると、すべての構成および管理操作にアクセスできます。| | Azureクイック展開 | 2020年9月 | | クイック展開を使用します。| | Citrix Provisioningターゲットデバイスをインポートして、Citrix Studioでカタログを作成する機能。| 2020年8月 | 2021年2月 | Citrix Provisioningのデバイスのエクスポートウィザードを使用して、Citrix Provisioning仮想マシンをDelivery Controller/MCにプッシュし、カタログを作成します。「デバイスのエクスポートウィザード」を参照してください。|

廃止

この記事の概要