Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

クライアントフォルダーのリダイレクト

クライアントフォルダーのリダイレクトは、クライアント側のファイルがホスト側のセッションのへアクセスする方法を変更します。サーバー上でクライアント側ドライブのマッピングのみを有効にすると、クライアントの側の全ボリュームがUNC(Universal Naming Convention)リンクとしてセッションに自動的にマップされます。管理者がサーバー上でクライアントフォルダーのリダイレクトを有効にして、ユーザーがそれをユーザーデバイス上で構成すると、ユーザーが指定したローカルボリュームの一部がリダイレクトされます。

セッション内でユーザー指定のフォルダーのみがUNCリンクとして表示されます。つまり、ユーザーデバイス上のファイルシステム全体が表示されるわけではありません。レジストリでUNCリンクを無効にすると、クライアントフォルダーはマップされたドライブとしてセッション内で表示されます。

クライアントフォルダーのリダイレクトはWindowsシングルセッション​OSマシンでのみサポートされます。

外部USBドライブに対するクライアントフォルダーのリダイレクトは、デバイスを解除して再接続しても保存されません。

サーバー側でクライアントフォルダーのリダイレクトを有効にします。次に、クライアントデバイス上でリダイレクト対象フォルダーを指定します。クライアントフォルダーオプションの指定に使用するアプリケーションは、このリリースで提供されるCitrix Workspaceアプリに含まれています。

要件:

サーバーの場合:

  • Windows Server 2019、Standard、およびDatacenterエディション。
  • Windows Server 2016、Standard、およびDatacenterエディション。
  • Windows Server 2012 R2、Standard、およびDatacenterエディション。

クライアントの場合:

  • Windows 10 32ビット版および64ビット版(バージョン1607以降)
  • Windows 8.1 32ビット版および64ビット版(Embeddedエディションを含む)
  • Windows 7 32ビット版および64ビット版(Embeddedエディションを含む)

サーバーでクライアントフォルダーのリダイレクトを有効にするには、レジストリを介して管理される機能の一覧にある「クライアントフォルダーのリダイレクト」を参照してください。

ユーザーデバイスで、リダイレクトするフォルダーを指定します:

  1. 最新バージョンのCitrix Workspaceアプリがインストールされていることを確認します。
  2. Citrix Workspaceアプリのインストール先ディレクトリで、CtxCFRUI.exeを実行します。
  3. [カスタム] ラジオボタンをクリックし、フォルダーを追加、編集、または削除します。
  4. セッションを切断してから再接続すると、変更が適用されます。
クライアントフォルダーのリダイレクト