Nutanix仮想化環境

Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktops環境でNutanix Acropolisを使用して仮想マシンを提供する場合は、以下のガイダンスに従ってください。セットアップ処理には、次のタスクが含まれます。

  • Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktops環境にNutanixプラグインをインストールして登録する。
  • Nutanix Acropolisハイパーバイザーとの接続を作成する。
  • Nutanixハイパーバイザーで作成したマスターイメージのスナップショットを使用するマシンカタログを作成する。

詳しくは、Nutanixサポートポータルにある『Nutanix Acropolix MCS Plugin Installation Guide』を参照してください。

Nutanixプラグインのインストールと登録

次の手順に従って、Cloud ConnectorにNutanixプラグインをインストールして登録します。これにより、Citrix Cloudの管理機能を使用してNutanixハイパーバイザーへの接続を作成し、Nutanix環境で作成したマスターイメージのスナップショットを使用するマシンカタログを作成できるようになります。

  1. NutanixプラグインをNutanixから入手して、Cloud Connectorにインストールします。

  2. C:\Program Files\Common Files\Citrix\HCLPlugins\CitrixMachineCreation\v1.0.0.0にNutanix Acropolisフォルダーが作成されたことを確認します。

  3. C:\Program Files\Common Files\Citrix\HCLPlugins\RegisterPlugins.exe –PluginsRoot “C:\Program Files\Common Files\Citrix\HCLPlugins\CitrixMachineCreation\v1.0.0.0”を実行します。

  4. Citrix Host Service、Citrix Broker Service、およびCitrix Machine Creation Serviceを再起動します。

  5. 次のPowerShellコマンドレットを実行して、Nutanix Acropolisプラグインが登録されたことを確認します:

    Add-PSSnapin Citrix Get-HypHypervisorPlugin

Nutanixとの接続の作成

接続とリソースの追加ウィザードの [接続] ページで、接続の種類として [Nutanix] を選択し、ハイパーバイザーのアドレスと資格情報、接続の名前を指定します。[ネットワーク] ページで、ホスティングユニットのネットワークを選択します。

Nutanixスナップショットを使用するマシンカタログの作成

これは、「マシンカタログの作成」のガイダンスを補完する情報です。Nutanixに固有のフィールドのみを説明しています。

選択したスナップショットは、カタログの仮想マシンの作成に使用されるテンプレートになります。カタログを作成する前に、Nutanixでイメージとスナップショットを作成してください。ガイダンスについては、Nutanixのマニュアルを参照してください。

カタログ作成ウィザードで次の操作を行います:

  • [オペレーティングシステム] ページと [マシン管理] ページには、Nutanix固有の情報は含まれていません。

  • [コンテナ] ページ(Nutanix固有のページ)で、仮想マシンのディスクを配置するコンテナを選択します。

  • [マスターイメージ]ページで、イメージのスナップショットを選択ます。Citrix Virtual Apps and Desktopsで使用するAcropolisのスナップショット名は、”XD_“で始める必要があります。必要に応じて、Acropolisコンソールを使用してスナップショットの名前を変更します。スナップショットの名前を変更した場合は、カタログ作成ウィザードを再起動して、最新の一覧を表示します。

  • [仮想マシン] ページで、仮想CPUの数と仮想CPUあたりのコア数を指定します。

  • [ネットワークカード] ページ、[コンピューターアカウント]ページ、[概要]ページには、Nutanix固有の情報は含まれていません。

詳細情報の表示