Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

複数のサイトを1つのサイトにマージする

自動構成でのマルチサイトサポートは、複数のオンプレミスサイトを単一のクラウドサイトにマージする方法を提供します。

マルチサイトサポートは、オンプレミスサイトごとにコンポーネント名に一意のプレフィックスとサフィックスを追加し、複数のオンプレミスサイトが単一のクラウドサイトにマージされた後の名前の一意性を保証します。

プレフィックスとサフィックスは、オンプレミスサイトごとに次の各コンポーネントに割り当てることができます。

  • AdminScope
  • AdminRole
  • ApplicationAdmin
  • ApplicationFolder
  • ApplicationGroup
  • ApplicationUser
  • DeliveryGroup
  • GroupPolicy
  • HostConnection
  • MachineCatalog
  • StoreFront
  • Tag

アプリケーションフォルダーは、プレフィックス、サフィックス、およびルート変更をサポートしています。ルート変更により、アプリケーションの既存のフォルダー構造にトップレベルのフォルダーが追加されます。

プレフィックスとサフィックスの規則

  1. プレフィックスとサフィックスには、次の特殊文字を含めることができません:\ , / ; : # . * ? = < > | ( ) " ' { } [ ]
  2. プレフィックスとサフィックスでは、末尾にスペースを入れられますが先頭には入れられません。
  3. プレフィックスとサフィックスでは、末尾にスペースを入れるために二重引用符で囲む必要があります。
  4. プレフィックスとサフィックスは、インポート時、マージ時、および追加時に適用されます。ソースの.ymlファイルが変更されることはありません。
  5. プレフィックスとサフィックスの処理では、依存するコンポーネントがある場合にそのコンポーネントの名前に自動的にプレフィックスまたはサフィックスを付けます。たとえば、マシンカタログ名のプレフィックスが「East」になっている場合、それらのカタログ名を参照するデリバリーグループもプレフィックスが「East」になっています。
  6. コンポーネント名に既にプレフィックスまたはサフィックスが付いている場合、プレフィックスまたはサフィックスは追加されません。コンポーネント名に、まったく同じプレフィックスまたはサフィックスを二重に含めることはできません。
  7. プレフィックスとサフィックスは、個別に使用することも、組み合わせて使用することもできます。
  8. コンポーネントでプレフィックスまたはサフィックスを使用するかどうかはオプションです。

注:

完全な構成インターフェイスでは、コンポーネントがアルファベット順に表示されます。

サイトでグループ化

プレフィックスを使用して、単一のサイトのコンポーネントを視覚的にグループ化します。各サイトは、異なるサイトグループをアルファベット順にしてプレフィックスを付けた独自のグループでリストされます。

名前でグループ化

サフィックスを使用して、複数のサイトから似た名前のコンポーネントを視覚的にグループ化します。異なるサイトからの似た名前のコンポーネントは、視覚的に交互に並びます。

SitePrefixes.ymlファイル

サイトのプレフィックス管理は、1つまたは複数のオンプレミスサイトのサイトプレフィックスおよびサフィックスのマッピング情報を含むSiteMerging.ymlファイルから始めます。SiteMerging.ymlファイルは手動で管理するか、「複数のオンプレミスサイトのマージのコマンドレット」セクションにリストされている利用可能なコマンドレットを使用して管理できます。

エクスポート、インポート、マージ、および追加

オンプレミスサイトをエクスポートするまで、マージを開始することはできません。オンプレミスサイトをエクスポートするには、「オンプレミスからクラウドへの移行」を参照してください。

中央エクスポートターゲットフォルダー

このセクションで説明する方法では、複数のサイトエクスポートを中央のファイル共有場所に配置します。SiteMerging.ymlファイル、CustomerInfo.ymlファイル、およびすべてのエクスポートファイルは、そのファイル共有場所に存在するため、オンプレミスサイトから独立した1つの場所からインポートを実行できます。

クラウドアクセス操作は、オンプレミスサイトまたはActive Directoryを参照しないため、どこからでもクラウドアクセス操作を実行できます。

直接ファイル共有

エクスポート、インポート、マージ、および新規/追加操作では、デフォルトフォルダー(%HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfig)以外のフォルダーをターゲットまたはソースにするためのパラメーターを提供します。次の例では、管理者が既にアクセス権限を持っている\\share.central.netにある中央ファイル共有を使用し、必要に応じて資格情報を入力しています。

エクスポートのターゲットをサイト固有のフォルダーにするには、–TargetFolderパラメーターを使用します:

East DDCから:

mkdir \\share.central.net\AutoConfig\SiteEast

Export-CvadAcToFile –TargetFolder \\share.central.net\AutoConfig\SiteEast

West DDCから:

mkdir \\share.central.net\AutoConfig\SiteWest

Export-CvadAcToFile –TargetFolder \\share.central.net\AutoConfig\SiteWest

エクスポートが完了したら、CustomerInfo.ymlファイルとSiteMerging.ymlファイルを作成して\\share.central.net\AutoConfigに配置します。

注:

この直接ファイル共有参照方式を使用する場合は、SitePrefixes.ymlを作成するときにSiteRootFolderパラメーターを使用しないでください。

直接ファイル共有からインポート、マージ、または追加するには、クラウドアクセス操作を実行するマシンを決定する必要があります。次のオプションがあります:

  • ツールが既にインストールされているオンプレミスDDCのうちの1つ。
  • ファイル共有をホストしているマシン。
  • 別のマシン。

自動構成は、クラウドにアクセスするマシンにインストールする必要があります。オンプレミスのPowerShell SDK、DDC、Active Directoryのいずれも使用されないため、クラウドアクセスの実行要件はエクスポート要件よりも単純です。

East DDCをクラウドにマージするには:

Merge-CvadAcToSite –SiteName East –SourceFolder \\share.central.net\AutoConfig\SiteEast -CustomerInfoFileSpec \\share.central.net\AutoConfig\CustomerInfo.yml

West DDCをクラウドにマージするには:

Merge-CvadAcToSite –SiteName West –SourceFolder \\share.central.net\AutoConfig\SiteWest -CustomerInfoFileSpec \\share.central.net\AutoConfig\CustomerInfo.yml

以下は、前の例で使用したサンプルのSitePrefixes.ymlファイルです。

    East:
      SiteRootFolder: "" # Important: leave this empty
      AdminScopePrefix: "East_"
      AdminRolePrefix: "East_"
      ApplicationAdminPrefix: "East_"
      ApplicationFolderPrefix: "" # Note that a new parent root folder is used instead
      ApplicationFolderRoot: "East"
      ApplicationGroupPrefix: "East_"
      ApplicationUserPrefix: "East_"
      DeliveryGroupPrefix: "East_"
      GroupPolicyPrefix: "East_"
      HostConnectionPrefix: "East_"
      MachineCatalogPrefix: "East_"
      StoreFrontPrefix: "East_"
      TagPrefix: "East_"
      AdminScopeSuffix: "_east"
      AdminRoleSuffix: "_east"
      ApplicationAdminSuffix: "_east"
      ApplicationFolderSuffix: "_east"
      ApplicationGroupSuffix: "_east"
      ApplicationUserSuffix: "_east"
      DeliveryGroupSuffix: "_east"
      GroupPolicySuffix: "_east"
      HostConnectionSuffix: "_east"
      MachineCatalogSuffix: "_east"
      StoreFrontSuffix: "_east"
      TagSuffix: "_east"
    West:
      SiteRootFolder: "" # Important: leave this empty
      AdminScopePrefix: "Western "
      AdminRolePrefix: "Western "
      ApplicationAdminPrefix: "Western "
      ApplicationFolderPrefix: "" # Note that a new parent root folder is used instead
      ApplicationFolderRoot: "Western"
      ApplicationGroupPrefix: "Western "
      ApplicationUserPrefix: "Western "
      DeliveryGroupPrefix: "Western "
      GroupPolicyPrefix: "Western "
      HostConnectionPrefix: "Western "
      MachineCatalogPrefix: "Western "
      StoreFrontPrefix: "Western "
      TagPrefix: "Western "
      AdminScopeSuffix: ""
      AdminRoleSuffix: ""
      ApplicationAdminSuffix: ""
      ApplicationFolderSuffix: ""
      ApplicationGroupSuffix: ""
      ApplicationUserSuffix: ""
      DeliveryGroupSuffix: ""
      GroupPolicySuffix: ""
      HostConnectionSuffix: ""
      MachineCatalogSuffix: ""
      StoreFrontSuffix: ""
      TagSuffix: ""

SiteMerging.ymlを使用したファイル共有参照

この方式では、サイトのプレフィックスセットのSiteRootFolderメンバーが使用されます。この方式は、直接ファイル共有方式よりも複雑ですが、エクスポート、インポート、マージ、または追加するときに、間違ったフォルダーをターゲットにしてしまう可能性が少なくなります。

まず、SiteMerging.ymlファイルの各サイトにSiteRootFolderを設定します。共有の場所でこれを行う必要があります。

Set-CvadAcSitePrefixes –SiteName East –SiteRootFolder \\share.central.net\AutoConfig\SiteEast -SitePrefixesFolder \\share.central.net\AutoConfig

Set-CvadAcSitePrefixes –SiteName West –SiteRootFolder SiteWest -SitePrefixesFolder \\share.central.net\AutoConfig

この例では、Eastは完全修飾フォルダー仕様であり、Westは相対フォルダー仕様です。

SiteMerging.ymlファイルを使用して、エクスポートのターゲットをサイト固有のフォルダーにするには:

East DDCから:

mkdir \\share.central.net\AutoConfig\SiteEast

Export-CvadAcToFile -SiteName East -CustomerInfoFileSpec \\share.central.net\AutoConfig\CustomerInfo.yml

West DDCから:

mkdir \\share.central.net\AutoConfig\SiteWest

Export-CvadAcToFile -SiteName West -CustomerInfoFileSpec \\share.central.net\AutoConfig\CustomerInfo.yml

エクスポートコマンドレットは、CustomerInfo.ymlフォルダーの場所を使用してSiteMerging.ymlファイルを検索します。Eastの場合、SiteRootFolderは完全修飾されています。そのまま使用します。Westの場合、SiteRootFolderは完全修飾されていません。これをCustomerInfo.ymlフォルダーの場所と組み合わせて、Westの完全修飾フォルダーの場所を取得します。

East DDCをクラウドにマージするには:

Merge-CvadAcToSite –SiteName East -CustomerInfoFileSpec \\share.central.net\AutoConfig\CustomerInfo.yml

West DDCをクラウドにマージするには:

Merge-CvadAcToSite –SiteName West -CustomerInfoFileSpec \\share.central.net\AutoConfig\CustomerInfo.yml

以下は、前の例で使用したサンプルのSitePrefixes.ymlファイルです。

      East:
      SiteRootFolder: "\\\\share.central.net\\AutoConfig\\SiteEast"
      AdminScopePrefix: "East_"
      AdminRolePrefix: "East_"
      ApplicationAdminPrefix: "East_"
      ApplicationFolderPrefix: "" # Note that a new parent root folder is used instead
      ApplicationFolderRoot: "East"
      ApplicationGroupPrefix: "East_"
      ApplicationUserPrefix: "East_"
      DeliveryGroupPrefix: "East_"
      GroupPolicyPrefix: "East_"
      HostConnectionPrefix: "East_"
      MachineCatalogPrefix: "East_"
      StoreFrontPrefix: "East_"
      TagPrefix: "East_"
      AdminScopeSuffix: "_east"
      AdminRoleSuffix: "_east"
      ApplicationAdminSuffix: "_east"
      ApplicationFolderSuffix: "_east"
      ApplicationGroupSuffix: "_east"
      ApplicationUserSuffix: "_east"
      DeliveryGroupSuffix: "_east"
      GroupPolicySuffix: "_east"
      HostConnectionSuffix: "_east"
      MachineCatalogSuffix: "_east"
      StoreFrontSuffix: "_east"
      TagSuffix: "_east"
    West:
      SiteRootFolder: "\\\\share.central.net\\AutoConfig\\SiteWest"
      AdminScopePrefix: "Western "
      AdminRolePrefix: "Western "
      ApplicationAdminPrefix: "Western "
      ApplicationFolderPrefix: "" # Note that a new parent root folder is used instead
      ApplicationFolderRoot: "Western"
      ApplicationGroupPrefix: "Western "
      ApplicationUserPrefix: "Western "
      DeliveryGroupPrefix: "Western "
      GroupPolicyPrefix: "Western "
      HostConnectionPrefix: "Western "
      MachineCatalogPrefix: "Western "
      StoreFrontPrefix: "Western "
      TagPrefix: "Western "
      AdminScopeSuffix: ""
      AdminRoleSuffix: ""
      ApplicationAdminSuffix: ""
      ApplicationFolderSuffix: ""
      ApplicationGroupSuffix: ""
      ApplicationUserSuffix: ""
      DeliveryGroupSuffix: ""
      GroupPolicySuffix: ""
      HostConnectionSuffix: ""
      MachineCatalogSuffix: ""
      StoreFrontSuffix: ""
      TagSuffix: ""

中央ファイル共有方式が使用されておらず、インポート、マージ、または追加が個々のDDCから行われる場合は、クラウドに移行される各DDCでSiteMerging.ymlファイルを作成して複製します。デフォルトの場所は%HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfigです。正しいサイトプレフィックスを選択するには、–SiteNameパラメーターを指定する必要があります。

サイトのマージ

Citrixでは、クラウド操作を段階的に実行し、次のクラウド操作を実行する前に各結果を完全に確認することをお勧めします。たとえば、3つのサイトを1つのクラウドサイトにマージする場合:

  1. 適切なSiteName値を使用して、初期サイトをクラウドにマージします。
  2. [完全な構成]管理インターフェイスでの結果の確認
  3. 結果が正しくない場合は、問題とその原因を判別して修正してから、マージを再実行します。必要に応じて、クラウドコンポーネントを削除し、選択したコンポーネントとメンバーに対してRemove-CvadAcFromSiteを使用して最初から開始します。結果が正しい場合は、続行します。
  4. 最初のマージが正しい場合は、2番目のサイトを単一のクラウドサイトにマージします。
  5. 手順2と3を繰り返します。
  6. 2番目のマージが正しい場合は、3番目のサイトを単一のクラウドサイトにマージします。
  7. 手順2と3を繰り返します。
  8. ユーザーの観点からリソースを確認し、ビューが望ましい状態になっていることを確認します。

サイトプレフィックスを使用したコンポーネントの削除

Remove-CvadAcFromSiteコマンドレットの–IncludeByNameパラメーターのプレフィックスを使用して、単一サイトコンポーネントを選択して削除できます。次の例では、West DDCデリバリーグループが正しくありません。Westサイトのみのデリバリーグループを削除するには:

Remove-CvadAcFromSite –DeliveryGroups –IncludeByName “Western *”

すべてのWestコンポーネントを削除するには、次のコマンドレットを順番に実行します。

Remove-CvadAcFromSite –GroupPolicies –IncludeByName “Western *”

Remove-CvadAcFromSite –Applications –IncludeByName “Western *”

Remove-CvadAcFromSite – ApplicationGroups –IncludeByName “Western *”

Remove-CvadAcFromSite –DeliveryGroups –IncludeByName “Western *”

Remove-CvadAcFromSite –MachineCatalogs –IncludeByName “Western *”

Remove-CvadAcFromSite –HostConnections –IncludeByName “Western *”

Remove-CvadAcFromSite –Tags –IncludeByName “Western *”

Eastコンポーネントのグループポリシーを削除するには、次のサフィックスを使用します:

Remove-CvadAcFromSite –GroupPolicies –IncludeByName “*_east”

複数のサイトを1つのサイトにマージする