Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

HDXビデオ会議とWebカメラビデオ圧縮

警告:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

Webカメラは、HDX Webカメラビデオ圧縮またはHDXプラグアンドプレイ汎用USBリダイレクトにより、仮想セッション内で実行されるアプリケーションで使用できます。各モードの切り替えは、[Citrix Workspaceアプリ]>[基本設定]>[デバイス]で行えます。可能であれば常に、HDX Webカメラビデオ圧縮を使用することをお勧めします。HDX汎用USBリダイレクトは、HDXビデオ圧縮に関するアプリケーション互換性の問題がある場合、またはWebカメラの高度なネイティブ機能が必要な場合にのみお勧めします。パフォーマンスを向上させるためには、Virtual Delivery Agentに少なくとも2つの仮想CPUを用意することをお勧めします。

ユーザーが[HDX Webカメラビデオ圧縮]を切り替えることができないようにするには、[ICAポリシーの設定]>[USBデバイスのポリシー]のポリシー設定を使ってUSBデバイスのリダイレクトを無効にします。このデフォルト設定は、Citrix WorkspaceアプリユーザーがDesktop Viewerの[マイクとWebカメラ]設定で、[マイクおよびWebカメラを使用しない]を選択すると無効になります。

HDX Webカメラビデオ圧縮

HDX Webカメラビデオ圧縮は、最適化Webカメラモードとも呼ばれます。このWebカメラビデオ圧縮では、クライアントオペレーティングシステムに含まれるマルチメディアフレームワークテクノロジにより、キャプチャデバイスのビデオをインターセプトし、トランスコードおよび圧縮します。各キャプチャデバイスの製造元から、OSカーネルのストリーミングアーキテクチャに組み込まれるドライバーが提供されています。

クライアントは、Webカメラとの通信を処理します。その後、サーバーで適切に表示できるビデオのみを、サーバーに送信します。サーバーがWebカメラと直接やり取りをするわけではありませんが、統合によりデスクトップでも同様のエクスペリエンスが得られます。Citrix Workspaceアプリがビデオを圧縮するため、帯域幅が節約され、WANシナリオでの回復性の向上します。

Webカメラ圧縮

HDX Webカメラビデオ圧縮を使用するには、以下のポリシー設定を有効にする必要があります(これらの設定項目はデフォルトで有効になっています)。

  • マルチメディア会議
  • Windows Mediaリダイレクト

Webカメラでハードウェアエンコード機能がサポートされる場合、HDX Webカメラビデオ圧縮ではデフォルトでそのハードウェアエンコードが使用されます。ハードウェアエンコード機能は、ソフトウェアエンコードより多くの帯域幅を消費する場合があります。ソフトウェア圧縮が使用されるようにするには、クライアントのレジストリキーに次の値を追加します:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HdxRealTime

名前: DeepCompress_ForceSWEncode

種類:REG_DWORD

データ:1

HDX Webカメラビデオ圧縮の要件

HDX Webカメラのビデオ圧縮は、次のバージョンのCitrix Workspaceアプリをサポートします:

プラットフォーム プロセッサ
Windows向けCitrix Workspaceアプリ Windows向けCitrix Workspaceアプリは、XenAppおよびXenDesktop 7.17以降上の32ビットおよび64ビットアプリのWebカメラビデオ圧縮をサポートします。以前のバージョンでは、Windows向けCitrix Workspaceアプリは32ビットアプリのみをサポートしていました。
Mac向けCitrix Workspaceアプリ Mac向けCitrix Workspaceアプリ2006は、XenAppおよびXenDesktop 7.17以降上の64ビットアプリのWebカメラビデオ圧縮をサポートします。以前のバージョンでは、Mac向けCitrix Workspaceアプリは32ビットアプリのみをサポートしていました。
Linux向けCitrix Workspaceアプリ Linux向けCitrix Workspaceアプリは、仮想デスクトップの32ビットアプリのみをサポートします。
Chrome向けCitrix Workspaceアプリ 一部のARM ChromebookはH.264エンコーディングをサポートしていないため、最適化されたHDX Webカメラビデオ圧縮を使用できるのは32ビットアプリのみです。

メディアファンデーション形式のビデオアプリケーションは、Windows 8.x以降およびWindows Server 2012 R2以降でのHDX Webカメラビデオ圧縮をサポートします。詳しくは、Knowledge Centerの記事CTX132764を参照してください。

そのほかのユーザーデバイス要件:

  • サウンド再生のためのハードウェア
  • DirectShow対応のWebカメラ(Webカメラのデフォルト設定を使用してください)。Webカメラ側のハードウェアエンコーディング機能を使用すると、クライアント側のCPU使用率が軽減されます。
  • HDX Webカメラを使用する場合、可能であれば、Webカメラの製造元から入手したWebカメラドライバーをクライアントにインストールしてください。サーバーにデバイスドライバーをインストールする必要はありません。

Webカメラが異なれば、フレームレートや、明るさとコントラストのレベルも異なります。Webカメラのコントラストを調整すると、アップストリームトラフィックを大幅に減らすことができます。Citrix製品では、初期の機能検証に次のWebカメラを使用します:

  • Microsoft LifeCam VXモデル(2000、3000、5000、7000)
  • Creative Live! Cam Optia Pro
  • Logitech QuickCam Messenger
  • Logitech C600、C920
  • HP Deluxe Webcam

最適なビデオフレームレートを調整するには、クライアントで次のレジストリキーを編集します:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRealTime

名前:FramesPerSecond

種類:REG_DWORD

データ:15

Webカメラが指定したフレームレートをサポートしていない場合、アプリケーションはデフォルトで15 FPSを使用します。

高品位Webカメラストリーミング

サーバーのビデオ会議アプリケーションは、サポートされている形式の種類に基づいてWebカメラの形式と解像度を選択します。セッションが開始されると、クライアントはWebカメラ情報をサーバーに送信します。アプリケーションからWebカメラを選択します。Webカメラとビデオ会議アプリケーションが高品位レンダリングをサポートする場合、アプリケーションは高品位解像度を使用します。1920x1080までのWebカメラ解像度がサポートされています。

この機能を使用するには、Windows向けCitrix Workspaceアプリバージョン1808以降、またはCitrix Receiver for Windowsバージョン4.10以降が必要です。

レジストリキーを使用してこの機能を無効または有効にすることができます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\HDXRealTime

値の名前:Enable_HighDefWebcam

種類:REG_DWORD

データ:

0 = 高品位Webカメラストリーミングを無効化

1 = 高品位Webカメラストリーミングを有効化

メディアの種類のネゴシエーションが失敗した場合、HDXはデフォルトの解像度である352x288 CIFに戻ります。クライアントのレジストリキーを使用して、デフォルトの解像度を設定することができます。カメラが指定された解像度をサポートしていることを確認してください。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRealTime

値の名前:DefaultWidth

種類:REG_DWORD

データ(10進数):必要な幅(1280など)

値の名前:DefaultHeight

種類:REG_DWORD

データ(10進数):必要な高さ(720など)

HDX Webカメラのビデオ圧縮は、プラグアンドプレイの汎用USBリダイレクトと比較して、使用する帯域幅が大幅に少なく、WAN接続で適切に動作します。帯域幅を調整するには、クライアントで次のレジストリキーを設定します:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRealTime

名前:TargetBitrate

種類:REG_DWORD

データ:350000

1秒あたりのビット数で値を入力します。帯域幅を指定しない場合、ビデオ会議アプリケーションはデフォルトで350000bpsを使用します。

HDXプラグアンドプレイ汎用USBリダイレクト

HDXプラグアンドプレイ汎用USBリダイレクト(アイソクロナス)は、汎用Webカメラモードとも呼ばれます。HDXプラグアンドプレイ汎用USBリダイレクトの利点は、シンクライアントやエンドポイントにドライバーをインストールする必要がないことです。USBスタックは仮想化されており、ローカルクライアントに接続した周辺機器はすべてリモートVMへ送信されます。リモートデスクトップは、ネイティブ接続の場合と同じように動作します。Windowsデスクトップがハードウェアとのやり取りをすべて処理し、プラグアンドプレイロジックにより適切なドライバーが検出されます。ドライバーがサーバー上に存在し、ICAに対応する場合、ほとんどのWebカメラを使用できます。汎用Webカメラモードでは、USBプロトコルにより未圧縮のビデオをネットワーク上で送信するため、はるかに多くの帯域幅(大量のMbps)が使用されます。

HDXビデオ会議とWebカメラビデオ圧縮