Product Documentation

XenMobileへのWebリンクアプリケーションの追加

Aug 02, 2016

XenMobileで、パブリックサイトやプライベートサイト、またはシングルサインオン(SSO)を必要としないWebアプリケーションのWebアドレス(URL)を設置できます。

Webリンクの構成は、XenMobileコンソールの[Apps]タブで行うことができます。 Webリンクの構成が完了すると、リンクは[Apps]の表にある一覧にリンクアイコンとして表示されます。 ユーザーがWorx Homeを使ってログオンすると、リンクは使用可能なアプリケーションおよびデスクトップの一覧と共に表示されます。

リンクを追加するには、次の情報を指定します。

  • リンクの名前
  • リンクの説明
  • Webアドレス(URL)
  • カテゴリ
  • 役割
  • .png形式の画像(オプション)

1. XenMobileコンソールで、[Configure]の[Apps]をクリックします。 [Apps]ページが開きます。

2.[Add]をクリックします。 [Add App]ダイアログボックスが開きます。

localized image

3. [Web Link]をクリックします。 [App Information]ページが開きます。

localized image

4. 次の設定を構成します。

  • App name:事前に入力されている名前をそのまま使用するか、新しい名前を入力します。
  • App description:事前に入力されている説明をそのまま使用するか、独自の説明を入力します。
  • URL:事前に入力されているURLをそのまま使用するか、アプリケーションのWebアドレスを入力します。 選択したコネクタによっては、このフィールドにプレースホルダーが含まれる場合があります。このプレースホルダーは、次のページに移動する前に置き換える必要があります。
  • App is hosted in internal network:内部ネットワークのサーバーでアプリケーションを実行するかどうかを選択します。 ユーザーがリモートから内部アプリケーションに接続する場合は、NetScaler Gatewayを介して接続する必要があります。 このオプションを[ON]に設定すると、VPNキーワードがアプリケーションに追加され、NetScaler Gatewayを介して接続できるようになります。 デフォルトは[OFF]です。
  • App category:一覧から、アプリケーションに適用する任意のカテゴリを選択します。
  • Image:デフォルトのCitrixイメージを使用するのか、独自のアプリケーションイメージをアップロードするのかを選択します。 デフォルトは[Use default]です。
    • 独自のイメージをアップロードする場合は、[Browse]をクリックしてアップロードするファイルの場所に移動し、ファイルを選択します。 このファイルはPNGファイルである必要があります。JPEGファイルやGIFファイルはアップロードできません。 カスタムグラフィックを追加した場合、後でそのグラフィックを変更することはできません。

5. [Worx Store Configuration]を展開します。 

localized image

任意で、アプリケーションに関するFAQや、Worx Storeに表示される画面キャプチャを追加できます。 また、ユーザーにアプリケーションの評価やアプリケーションについてのコメントを許可するかどうかも設定できます。

  • 次の設定を構成します。
    • App FAQ:アプリケーションに関するFAQの質問および回答を追加します。
    • App screenshots:アプリケーションをWorx Storeで分類しやすくするための画面キャプチャを追加します。 アップロードするグラフィックはPNGである必要があります。 GIFイメージやJPEGイメージはアップロードできません。
    • Allow app ratings:ユーザーにアプリケーションの評価を許可するかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。
    • Allow app comments:選択したアプリケーションについてユーザーがコメントできるようにするかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。

6.[Next]をクリックします。 [Delivery Group Assignment]ページが開きます。

localized image

7.[Choose delivery groups]の横に、アプリケーションを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。 選択したグループが[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

8.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]の[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

9. [Save]をクリックします。