Product Documentation

XenMobileへのMDXアプリケーションの追加

Aug 02, 2016

iOS、Android、またはWindows Phoneデバイス用のラップされたMDXモバイルアプリケーションを取得したら、そのアプリケーションをXenMobileにアップロードできます。 アプリケーションをアップロードした後、アプリケーションの詳細とポリシー設定を構成できます。 各デバイスプラットフォームの種類で使用できるアプリケーションポリシーについて詳しくは、「iOS、Android、およびWindows Phone用のMDXポリシーの概要」と、 このセクションのポリシーに関する詳細な説明を参照してください。

1. XenMobileコンソールで、 [構成]>[アプリ]をクリックすると、  [アプリ] ページが表示されます。

localized image

2.[Add]をクリックします。 [Add App]ダイアログボックスが開きます。

localized image

3. [MDX]をクリックします。 [MDX App Information]ページが開きます。

localized image

4.  [アプリケーション情報] ペインで、以下の情報を入力します。

  • Name:アプリケーションの説明的な名前を入力します。 この情報は、[Apps]の表の[App Name]の下に表示されます。
  • Description:任意で、アプリケーションの説明を入力します。
  • App category:任意で、一覧から、アプリケーションを追加するカテゴリを選択します。 アプリケーションカテゴリについて詳しくは、「XenMobileでのアプリケーションカテゴリの作成」を参照してください。 

5.[Next]をクリックします。 [App Platforms]ページが開きます。

6. [Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。 1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順11.を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。

7. S [アップロード] をクリックしてアップロードする.mdxファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。

  • iOS VPP B2Bアプリケーションを追加する場合は、[Your application is a VPP B2B application?]をクリックして、 一覧から使用するB2B VPPアカウントを選択します。

8.[Next]をクリックします。 アプリケーション詳細ページが開きます。

9. 次の設定を構成します。

  • File name:アプリケーションに関連付けられているファイル名を入力します。
  • App Description:アプリケーションの説明を入力します。
  • App version:任意で、アプリケーションのバージョン番号を入力します。
  • Minimum OS version:任意で、アプリケーションを使用するためにデバイスで実行できるオペレーティングシステムの最も古いバージョンを入力します。
  • Maximum OS version:任意で、アプリケーションを使用するためにデバイスで実行されている必要があるオペレーティングシステムの最も新しいバージョンを入力します。
  • Excluded devices:任意で、アプリケーションを実行できないデバイスの製造元またはモデルを入力します。
  • Remove app if MDM profile is removed:MDMプロファイルが削除された場合にデバイスからアプリケーションを削除するかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。
  • Prevent app data backup:ユーザーがアプリケーションデータをバックアップできないようにするかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。
  • Force app to be managed:アプリケーションが非管理対象としてインストールされたときに、ユーザーに監視対象ではないデバイスでのアプリケーションの管理を許可するように求めるかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。 iOS 9.0以降で使用できます。

10. MDXポリシーを構成します。 MDXポリシーはプラットフォームによって異なり、認証、デバイスセキュリティ、ネットワーク要件、その他アクセス、暗号化、アプリケーション相互作用、アプリケーション制限、アプリケーションネットワークアクセス、アプリケーションログ、アプリケーションジオフェンスなどのポリシー領域で適用するオプションが含まれます。 XenMobileコンソールでは、ポリシーごとに、ポリシーを説明するヒントが提供されます。 ポリシーが適用されるプラットフォームの種類を示す表など、MDXアプリケーションのアプリケーションポリシーについて詳しくは、「 iOS、Android、およびWindows Phone用のMDXポリシーの概要」を参照してください。

11. 展開規則の構成

12. [Worx Store Configuration]を展開します。 

localized image

任意で、アプリケーションに関するFAQや、Worx Storeに表示される画面キャプチャを追加できます。 また、ユーザーにアプリケーションの評価やアプリケーションについてのコメントを許可するかどうかも設定できます。

  • 次の設定を構成します。
    • App FAQ:アプリケーションに関するFAQの質問および回答を追加します。
    • App screenshots:アプリケーションをWorx Storeで分類しやすくするための画面キャプチャを追加します。 アップロードするグラフィックはPNGである必要があります。 GIFイメージやJPEGイメージはアップロードできません。
    • Allow app ratings:ユーザーにアプリケーションの評価を許可するかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。
    • Allow app comments:選択したアプリケーションについてユーザーがコメントできるようにするかどうかを選択します。 デフォルトは[ON]です。

13.[Next]をクリックします。 [Approvals]ページが開きます。

localized image

ユーザーアカウントの作成時に承認が必要な場合は、ワークフローを使用します。 承認ワークフローを設定する必要がない場合は、手順15に進みます。

ワークフローを割り当てるか作成する必要がある場合は、次の設定を構成します。

  • Workflow to Use:一覧から既存のワークフローを選択するか、[Create a new workflow]をクリックします。 デフォルトは[None]です。
  • [Create a new workflow]を選択した場合は、次の設定を構成します。
    • Name:ワークフローの固有の名前を入力します。
    • Description:任意で、ワークフローの説明を入力します。
    • Email Approval Templates:一覧から、割り当てる電子メール承認テンプレートを選択します。 このフィールドの右にある目のアイコンをクリックすると、ダイアログボックスが開き、テンプレートをプレビューできます。
    • Levels of manager approval:一覧から、このワークフローで必要なマネージャー承認のレベル数を選択します。 デフォルトは[1 level]です。 選択できるオプションは以下のとおりです。
      • Not Needed
      • 1 level
      • 2 levels
      • 3 levels
    • Select Active Directory domain:一覧から、ワークフローで使用する適切なActive Directoryドメインを選択します。
    • Find additional required approvers:検索フィールドに、追加で必要なユーザーの名前を入力して、[Search]をクリックします。 名前はActive Directoryで取得されます。
    • ユーザーの名前がフィールドに表示されたら、名前の横にあるチェックボックスをオンにします。 ユーザーの名前とメールアドレスが[Selected additional required approvers]の一覧に表示されます。 
      • [Selected additional required approvers]の一覧からユーザーを削除するには、次のいずれかを行います。
        • [Search]をクリックして、選択したドメイン内のすべてのユーザーの一覧を表示します。
        • 名前の全体または一部を検索ボックスに入力して[Search]をクリックし、検索結果を絞り込みます。
        • [Selected additional required approvers]の一覧に含まれるユーザーは、結果一覧に表示される名前の横にチェックマークがあります。 一覧をスクロールし、削除するそれぞれの名前の横のチェックボックスをオフにします。

14.[Next]をクリックします。 [Delivery Group Assignment]ページが開きます。

localized image

15.[Choose delivery groups]の横に、アプリケーションを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。 選択したグループが[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

16.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]の[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

17. [Save]をクリックします。