Product Documentation

デリバリーグループの管理

Aug 02, 2016

デバイスの構成および管理は、通常XenMobileでリソース(ポリシーおよびアプリケーション)および操作を作成し、デリバリーグループを使用してそれらをパッケージ化します。 XenMobileがリソースおよび操作をデリバリーグループでプッシュする順番は、展開順と呼ばれます。 このトピックでは、デリバリーグループを追加、管理、展開する方法、デリバリーグループのリソースや操作の展開順を変更する方法、ユーザーが複数のデリバリーグループに存在し、重複および競合するポリシーがある場合、XenMobileが展開順を決定する方法について説明します。 

デリバリーグループによって、ポリシー、アプリケーション、アクションを組み合わせて展開する対象となるデバイスのユーザーのカテゴリを指定します。 通常、デリバリーグループへの追加は、ユーザーの会社、国、部門、オフィスの住所、役職などの特性に基づいて行われます。 デリバリーグループを使用することにより、どのユーザーがどのリソースをいつ取得するかを詳細に管理できます。 デリバリーグループは、全員に展開することや、より絞り込んで定義したユーザーグループに展開することができます

デリバリーグループへの展開とは、デリバリーグループに属するiOS、Windows Phone、Windowsタブレットデバイスを持つすべてのユーザーがXenMobileに再接続するようにプッシュ通知を送信することを意味します。これによってデバイスを再評価し、アプリケーション、ポリシー、アクションを展開できるようにします。そのほかのプラットフォームデバイスを持つユーザーは、接続済みの場合は直ちにリソースを受信します。接続済みでない場合は、スケジュール設定ポリシーに基づいて次に接続したときにリソースを受信します。

デフォルトのAllUsersデリバリーグループは、XenMobileをインストールして構成するときに作成されます。 このグループには、すべてのローカルユーザーとActive Directoryユーザーが含まれます。 AllUsersグループは削除できませんが、リソースをユーザーすべてにはプッシュしない場合、このグループを無効にできます。

展開順の作成

展開順はXenMobileがリソースをデバイスにプッシュする順番です。 展開順はXenMobileのMDMモードでのみサポートされます。

展開順を判断する際、XenMobileはポリシー、アプリ、操作、デリバリーグループにフィルターを適用して条件(展開規則、展開スケジュール)を制御します。 デリバリーグループを追加する前に、展開の目的に合わせてこのセクションの情報を参照してください。

以下は、展開順に関する主な概念の要約です。

  • 展開順:XenMobileがリソース(ポリシーやアプリ)および操作をデバイスにプッシュする順序です。 契約条件やソフトウェアインベントリのような一部のポリシーの展開順は、ほかのリソースに影響を与えません。 アクションが展開される順序はほかのリソースに影響を与えません。したがって、XenMobileでリソースが展開されるとき、リソースの位置は無視されます。 
  • 展開規則: XenMobileは、展開規則によってデバイスプロパティを指定して、ポリシー、アプリ、操作、デリバリーグループをフィルター処理できます。 たとえば、ドメイン名が特定の値に一致した場合、展開規則が展開パッケージをプッシュするよう指定できます。
  • 展開スケジュール: XenMobileは、展開スケジュールを使用して、操作、アプリ、デバイスポリシーを指定し、これらのアイテムの展開を制御できます。  展開が即座に実行されるか、特定の日時に実行されるか、展開条件に従って実行されるかを指定できます。

以下の表は、特定のオブジェクトまたはリソースに関連付けてこれらをフィルター処理したり、これらの展開を制御するさまざまな条件です

オブジェクト/リソース

フィルター/制御条件

デバイスポリシー

デバイスのプラットフォーム

デバイスプロパティに基づく展開規則

展開スケジュール

アプリ

デバイスのプラットフォーム

デバイスプロパティに基づく展開規則

展開スケジュール

操作

デバイスプロパティに基づく展開規則

展開スケジュール

デリバリーグループ

ユーザー/グループ

デバイスプロパティに基づく展開規則


通常の環境では、複数のデリバリーグループが単一ユーザーに割り当てられ、次のような状況が発生する可能性があります。

  • デリバリーグループ内に重複したオブジェクトが存在する。
  • 1つ以上のデリバリーグループが単一ユーザーに割り当てられることによって、特定のポリシーに異なる構成が存在する。

このような状況が発生した場合、XenMobileは、デバイスに配布し実行するすべてのオブジェクトの展開順を計算します。 計算の手順はデバイスプラットフォームに共通です。

計算の手順:

  1. ユーザーやグループのフィルターおよび展開規則に基づいて、特定のユーザーが存在するすべてのデリバリーグループを判断します。
  2. 選択されたデリバリーグループ内で、デバイスプラットフォーム、展開規則、展開スケジュールのフィルターが適用されるすべてのリソース(ポリシー、操作、アプリ)の順序一覧を作成します。 順序のアルゴリズムは、次のとおりです。

a. ユーザー定義の展開順があるデリバリーグループのリソースを、展開順がないデリバリーグループの前に配置します。 こうする理由は、これらの手順の後に説明します。

b. 同じ条件のデリバリーグループの中から、デリバリーグループ名に従ってリソースを順序付けします。 たとえば、デリバリーグループAのリソースをデリバリーグループBの前に配置します。

c. 並べ替え中、デリバリーグループのリソースにユーザー定義の展開順が指定されている場合、その順序を保持します。 そうでない場合は、デリバリーグループ内でリソースをリソース名で並べ替えることができます。

d. 同じリソースが複数回表示される場合、重複するリソースを削除します。

リソースに関連したユーザー定義の順序を持つリソースを、ユーザー定義の順序のないリソースの前に展開します。 リソースは、ユーザーに割り当てられた複数のデリバリーグループに存在する可能性があります。 上記の手順で示されたように、計算のアルゴリズムは余分なリソースを削除し、この一覧の最初のリソースのみを配布します。 この方法で重複するリソースを削除することによって、XenMobile管理者が定義する順序をXenMobileに適用します。

たとえば、次のような2つのデリバリーグループがあるとします。

  • デリバリーグループ「Account Manager 1」:リソース順序は[unspecified]。ポリシーWiFiおよびPasscodeを含みます。
  • デリバリーグループ「Account Manager 2」:リソース順序は[specified]、ポリシーConnection schedulingRestrictionsPasscodeおよびWiFiを含みます。 この事例では、WiFiポリシーの前にPasscodeポリシーを配信するように指定されます。
localized image

計算アルゴリズムが名前のみを基準に展開グループを順序づけた場合、XenMobileはデリバリーグループAccount Manager 1から開始して、この順序で展開を実行します:WiFiPasscodeConnection schedulingおよびRestrictions。 XenMobileは、Account Manager 2デリバリーグループの重複するPasscodeおよびWiFiを無視します。

ただし、Account Manager 2グループには管理者が指定した展開順序があるため、計算アルゴリズムは、Account Manager 2デリバリーグループからのリソースを、Account Manager 1デリバリーグループからのものより一覧で上位に配置します。 その結果、XenMobileはこの順序でポリシーをデプロイします:Connection schedulingRestrictionsPasscode、およびWiFi。 XenMobileは、Account Manager 1デリバリーグループからのポリシーWiFiおよびPasscodeを無視します。重複しているためです。 このアルゴリズムは、XenMobile管理者によって指定された順序を優先します。

デリバリーグループを追加するには

1. XenMobileコンソールで、 [構成] 、 [デリバリー グループ] の順にクリックすると、 [デリバリー グループ] ページが表示されます。

localized image

2.  [デリバリー グループ] ページで、 [追加] をクリックすると、 [デリバリー グループ情報] ページが表示されます。

localized image

3.  [デリバリー グループ情報] ページで、以下の情報を入力します。

  • Name:デリバリーグループの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、デリバリーグループの説明を入力します。

4.  [次へ] をクリックすると、 [ユーザー割り当て] ページが表示されます。

localized image

5. 次の設定を構成します。

  • Select domain:一覧から、ユーザーを選択するドメインを選択します。
  • Include user groups:次のいずれかを行います。
    • ユーザーグループの一覧で、追加するグループを選択すると、 選択されたグループが [選択したユーザー グループ] 一覧に表示されます。
    •  [検索] をクリックして、選択したドメイン内のすべてのユーザーグループの一覧を表示します。
    • グループ名の全体または一部を検索ボックスに入力して [検索] をクリックし、ユーザーグループの一覧を絞り込みます。
      •  [選択したユーザー グループ] の一覧からユーザーグループを削除するには、次のいずれかを行います。
        •  [選択したユーザー グループ] の一覧で、削除する各グループの横にある[X]をクリックします。
        •  [検索] をクリックして、選択したドメイン内のすべてのユーザーグループの一覧を表示します。 一覧をスクロールし、削除する各グループのチェックボックスをオフにします。
        • グループ名の全体または一部を検索ボックスに入力して [検索] をクリックし、ユーザーグループの一覧を絞り込みます。 一覧をスクロールし、削除する各グループのチェックボックスをオフにします。
  • Or/And:リソースが展開されるユーザーがいずれかのグループに属していればよいか([Or])、すべてのグループに属している必要があるか([And])を選択します。
  •  匿名ユーザーに 展開:デリバリーグループ内の認証が不要なユーザーに展開するかどうかを選択します。

注:認証が不要なユーザーとは、ユーザーを認証できなかったものの、デバイスをXenMobileに接続することを許可したユーザーを指します。

6. 展開規則を構成します。

デリバリーグループに任意のリソースを追加するには

任意のリソースをデリバリーグループに追加して、特定のポリシーを追加したり、必須および任意のアプリケーションを提供したり、自動アクションを追加したり、コンテンツおよびデータへのシングルサインオンに対してShareFileを有効にしたりすることができます。 次のセクションでは、ポリシー、アプリケーション、アクションを追加する方法と、ShareFileを有効にする方法について説明します。 デリバリーグループには、これらのリソースの一部またはすべてを追加できます。また、何も追加しないでおくこともできます。 あるリソースの追加をスキップするには、追加するリソースを選択するか、[Summary]をクリックしてリソースの追加を省略します。

ポリシーの追加

localized image

1. 追加するポリシーごとに、以下の操作を行います。

  • 使用可能なポリシーの一覧をスクロールして、追加するポリシーを見つけます。
  • または、ポリシーの一覧を絞り込むため、検索ボックスにポリシー名の全体または一部を入力して[Search]をクリックします。
  • 追加するポリシーをクリックして、右側のボックス内へドラッグします。

注:ポリシーを削除するには、右側のボックス内のポリシー名の横にある[X]をクリックします。

2.[Next]をクリックします。 [Apps]ページが開きます。

アプリケーションの追加

localized image

1. 追加するアプリケーションごとに、以下の操作を行います。

  • 使用可能なアプリケーションの一覧をスクロールして、追加するアプリケーションを見つけます。
  • または、アプリケーションの一覧を絞り込むため、検索ボックスにアプリケーション名の全体または一部を入力して[Search]をクリックします。
  • 追加するアプリケーションをクリックして、[Required Apps]ボックス内または[Optional Apps]ボックス内へドラッグします。

注:アプリケーションを削除するには、右側のボックス内のアプリケーション名の横にある[X]をクリックします。

2.[Next]をクリックします。 [Actions]ページが開きます。

アクションの追加

localized image

1. 追加する アクション ごとに、以下の操作を行います。

  • 使用可能なポリシーの一覧をスクロールして、追加するアクションを見つけます。
  • または、アクションの一覧を絞り込むため、検索ボックスにアクション名の全体または一部を入力して[Search]をクリックします。
  • 追加するアクションをクリックして、右側のボックス内へドラッグします。

注:アクションを削除するには、右側のボックス内のアクション名の横にある[X]をクリックします。

2.[Next]をクリックします。 [ShareFile]ページが開きます。

Enable ShareFile

localized image

1. 次の設定を構成します。

  • Enable ShareFile[ON]を選択して、コンテンツおよびデータへのShareFileシングルサインオンアクセスを有効にします。

2.[Next]をクリックします。 [Summay]ページが開きます。

構成したオプションの確認および展開順序の変更

localized image

 [概要] ページで、デリバリーグループに対して構成したオプションを確認し、リソースの展開順を変更できます。 [Summary]ページには、リソースがカテゴリ別に表示されます。展開順序を反映してはいません。

1. 構成の調整が必要な場合は、 [戻る] をクリックして前のページに戻ります。

2. 展開順序を表示するか、展開順序を並べ替えるには、[Deployment Order]をクリックします。

3. [Save]をクリックして、デリバリーグループを保存します。

展開順を変更するには

1. [Deployment Order]をクリックします。 [Deployment Order]ダイアログボックスが開きます。
localized image

2. リソースをクリックして展開する場所にドラッグします。 展開順序を変更すると、一覧の上から下への順にリソースが展開されます。

3. [Save]をクリックして、展開順序を保存します。

デリバリーグループを編集するには

1. [Delivery Groups]ページで、デリバリーグループ名の横にある チェックボックス をオンにするか、デリバリーグループ名を含む行をクリックしてデリバリーグループを選択し、[Edit]をクリックします。 [Delivery Group Information]編集ページが開きます。

注意

デリバリーグループを選択した方法に応じて、デリバリーグループの上または右側に[Edit]コマンドが表示されます。

2. [Description]ボックスに説明を追加するか、または既存の説明を変更します。

注:既存のグループの名前は変更できません。

3.[Next]をクリックします。 [User Assignments]ページが開きます。

localized image

4. [Select User Groups]ページで、以下の情報を入力または変更します。

  • Select domain:一覧から、ユーザーを選択するドメインを選択します。
  • Include user groups:次のいずれかを行います。
    • ユーザーグループの一覧で、追加するグループを選択します。 選択したグループが[Selected user groups]一覧に表示されます。
    • [Search]をクリックして、選択したドメイン内のすべてのユーザーグループの一覧を表示します。
    • グループ名の全体または一部を検索ボックスに入力して[Search]をクリックし、ユーザーグループの一覧を絞り込みます。

注:ユーザーグループを削除するには、[Search]をクリックし、ユーザーグループの一覧で削除するグループの横にある チェックボックス をオフにします。 グループ名の全体または一部を検索ボックスに入力して[Search]をクリックすると、一覧に表示されるユーザーグループ数を絞り込むことができます。

  • Or/And:展開対象のユーザーがいずれかのグループに属していればよいか([Or])、すべてのグループに属している必要があるか([And])を選択します。
  • Deploy to anonymous user:デリバリーグループ内の認証が不要なユーザーに展開するかどうかを選択します。

注:認証が不要なユーザーとは、ユーザーを認証できなかったものの、デバイスをXenMobileに接続することを許可したユーザーを指します。

5. [Deployment Rules]を展開し、前に述べた手順の手順5で実行したように、設定を構成します。

6.[Next]をクリックします。 [Delivery Group Resources]ページが開きます。 このページでポリシー、アプリケーション、アクションを追加または削除します。 この手順をスキップするには、[Delivery Group][Summary]をクリックしてデリバリーグループ構成の概要情報を表示します。

リソースの変更が完了したら、[Next]をクリックするか、[Delivery Group][Summary]をクリックします。

8. [Summary]ページで、デリバリーグループに対して構成したオプションを確認し、リソースの展開順序を変更できます。

9. 構成の調整が必要な場合は、[Back]をクリックして前のページに戻ります。

10. リソースの展開順序を並べ替えるには[Deployment Order]をクリックします。展開順序の変更について詳しくは、「展開順序を変更するには」を参照してください。 

11. [Save]をクリックして、デリバリーグループを保存します。

AllUsersデリバリーグループを有効化および無効化するには

注意

AllUsersは、有効化または無効化することができる唯一のデリバリーグループです。

1. [Delivery Groups]ページで、[AllUsers]の横にあるチェックボックスをオンにするか、[AllUsers]を含む行をクリックして、AllUsersデリバリーグループを選択します。 次に、以下のいずれかを行います。

注:[AllUsers]を選択した方法に応じて、AllUsersデリバリーグループの上または右側に[Enable]または[Disable]コマンドが表示されます。

  • AllUsersデリバリーグループを無効化するには、[Disable]をクリックします。 このコマンドは、[AllUsers]が有効(デフォルト)になっている場合にのみ使用できます。 デリバリーグループの表の[Disabled]の見出しの下に、[Disabled]が表示されます。
  • AllUsersデリバリーグループを有効化するには、[Enable]をクリックします。 このコマンドは、[AllUsers]が現在無効になっている場合にのみ使用できます。 デリバリーグループの表の[Disabled]の見出しの下の[Disabled]の表示が消えます。

デリバリーグループに展開するには

デリバリーグループへの展開とは、デリバリーグループに属するiOS、Windows Phone、Windowsタブレットデバイスを持つすべてのユーザーがXenMobileに再接続できるようにプッシュ通知を送信することを意味します。 これによってデバイスを再評価し、アプリケーション、ポリシー、アクションを展開できるようにします。 そのほかのプラットフォームデバイスを持つユーザーは、接続済みの場合は直ちにリソースを受信します。接続済みでない場合は、スケジュール設定ポリシーに基づいて次に接続したときにリソースを受信します。

: ユーザーのAndroidデバイスで、Worx Storeの[Updated Available]の一覧に更新されたアプリケーションが表示されるようにするには、最初にアプリケーションインベントリポリシーをユーザーのデバイスに展開しておく必要があります。

1.  [デリバリー グループ] ページで、次のいずれかを行います。

  • 複数のデリバリーグループに同時に展開するには、展開するグループの横にあるチェックボックスをオンにします。
  • 1つのデリバリーグループに展開するには、グループ名の横にあるチェックボックスをオンにするか、グループ名を含む行をクリックします。  

2.  [展開]をクリックします。

: 1つのデリバリーグループを選択した方法に応じて、デリバリーグループの上または右側に [展開] コマンドが表示されます。

アプリケーション、ポリシー、操作を展開するグループが一覧にあることを確認して、 [展開] をクリックします。デバイスプラットフォームとスケジュール設定ポリシーに基づいて、選択したグループにアプリケーション、ポリシー、操作が展開されます。

 [デリバリー グループ] ページで、次のいずれかの方法により展開ステータスを確認できます。

  • デリバリーグループの [ステータス] の見出しの下で、展開エラーを示す展開アイコンを確認します。
  • デリバリーグループを含む行をクリックし、 [Installed](インストール済み)、 [Pending](保留中)[Failed](失敗) の展開を示すオーバーレイを表示します。
localized image

デリバリーグループを削除するには

注意

AllUsersデリバリーグループは削除できませんが、リソースをユーザーすべてにはプッシュしない場合、このグループを無効にできます。

1. [Delivery Groups]ページで、次のいずれかを行います。

  • 複数のデリバリーグループを同時に削除するには、削除するグループの横にあるチェックボックスをオンにします。
  • 1つのデリバリーグループを削除するには、グループ名の横にあるチェックボックスをオンにするか、グループ名を含む行をクリックします。

2. [Delete]をクリックします。 [Delete]ダイアログボックスが開きます。

注:1つのデリバリーグループを選択した方法に応じて、デリバリーグループの上または右側に[Delete]コマンドが表示されます。

3. [Delete]をクリックします。

Important

このアクションを元に戻すことはできません。

[Delivery Groups]の表をエクスポートするには

1. [Delivery Groups]の表の上にある[Export]をクリックします。  XenMobileによって[Delivery Groups]の表の情報が抽出され、.csvファイルに変換されます。

2. .csvファイルを開くか、保存します。 使用するブラウザーに応じて、手順が異なります。 操作を取り消すこともできます。