Product Documentation

アプリケーショントンネリングデバイスポリシー

Aug 02, 2016

アプリトンネルは、モバイルアプリケーションのサービスの継続性およびデータ転送の信頼性を向上させるように設計されています。 アプリトンネルは、モバイルデバイスアプリケーションのクライアントコンポーネントとアプリケーションサーバーコンポーネント間のプロキシパラメーターを定義します。 また、アプリトンネルを使用して、デバイスへのリモートサポートトンネル(管理のサポートに使用)も作成できます。 アプリケーショントンネリングポリシーは、AndroidデバイスおよびWindows Mobile/CEデバイスに対して構成できます。

注:このポリシーで定義したトンネルを使用して送信されるアプリケーショントラフィックは、XenMobileを経由してから、アプリケーションを実行するサーバーにリダイレクトされます。

Androidの設定

Windows Mobile/CEの設定

1.XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。 [Device Policies]ページが開きます。

2.[Add]をクリックします。 [Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3. [More]をクリックした後、[Network access]の下の[Tunnel]をクリックします。 [Tunnel Policy]ページが開きます。

localized image

[Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。 [Policy Platforms]ページが開きます。

6.[Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。 1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順7.を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。

Androidの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • [Use this tunnel for remote support]:トンネルをリモートサポートで使用するかどうかを選択します。

注:リモートサポートを選択するかどうかによって、構成手順が異なります。

  • リモートサポートを選択しない場合、以下の手順を実行します。
    • Connection initiated by: 一覧から[Device]または[Server]を選択して、接続の開始元を指定します。
    • Maximum connections per device:数値を入力して、アプリケーションが確立できる同時TCP接続数を指定します。 このフィールドはデバイスで開始する接続にのみ適用されます。
    • Define connection time out:アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間を設定するかどうかを選択します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
      • Connection time out[Define connection time out][On]に設定した場合に、アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間(秒)を入力します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
    • Block cellular connections passing by this tunnel:ローミング中、このトンネルをブロックするかどうかを選択します。

      注:WiFiおよびUSB接続はブロックされません。

    • Client port:クライアントのポート番号を入力します。 ほとんどの場合、この値はサーバーポートと同じです。
    • IP address or server name:アプリケーションサーバーのIPアドレスまたは名前を入力します。 このフィールドはデバイスで開始する接続にのみ適用されます。
    • Server port:サーバーのポート番号を入力します。
  • リモートサポートを選択する場合、以下の手順を実行します。
    • Use this tunnel for remote support[On]に設定します。
    • Define connection time out:アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間を設定するかどうかを選択します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
      • Connection time out[Define connection time out]を[On]に設定した場合に、アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間(秒)を入力します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
    • Use SSL connection:このトンネルで、安全なSSL接続を使用するかどうかを選択します。
    • Block cellular connections passing by this tunnel:ローミング中、このトンネルをブロックするかどうかを選択します。

      注:WiFiおよびUSB接続はブロックされません。

Windows Mobile/CEの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • [Use this tunnel for remote support]:トンネルをリモートサポートで使用するかどうかを選択します。

注:リモートサポートを選択するかどうかによって、構成手順が異なります。

  • リモートサポートを選択しない場合、以下の手順を実行します。
    • Connection initiated by: 一覧から[Device]または[Server]を選択して、接続の開始元を指定します。
    • Protocol:一覧から、使用するプロトコルを選択します。 デフォルトは[Generic TCP]です。
    • Maximum connections per device:数値を入力して、アプリケーションが確立できる同時TCP接続数を指定します。 このフィールドはデバイスで開始する接続にのみ適用されます。
    • Define connection time out:アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間を設定するかどうかを選択します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
      • Connection time out[Define connection time out][On]に設定した場合に、アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間(秒)を入力します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
    • Block cellular connections passing by this tunnel:ローミング中、このトンネルをブロックするかどうかを選択します。

      注:WiFiおよびUSB接続はブロックされません。

    • Redirect to XenMobile:一覧から、XenMobileへのデバイスの接続方法を選択します。 デフォルトは[Through app settings]です。
      • [Using a local alias]を選択した場合は、 [Local alias]にエイリアスを入力します。 デフォルト値は[localhost]です。
      • [An IP address range]を選択した場合は、[IP address range from]に開始IPアドレスを入力し、[IP address range to]に終了IPアドレスを入力します。
    • Client port:クライアントのポート番号を入力します。 ほとんどの場合、この値はサーバーポートと同じです。
    • IP address or server name:アプリケーションサーバーのIPアドレスまたは名前を入力します。 このフィールドはデバイスで開始する接続にのみ適用されます。
    • Server port:サーバーのポート番号を入力します。
  • リモートサポートを選択する場合、以下の手順を実行します。
    • Use this tunnel for remote support[On]に設定します。
    • Define connection time out:アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間を設定するかどうかを選択します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
      • Connection time out:[Define connection time out]を[On]に設定した場合に、アプリケーションのアイドル状態を継続できる時間(秒)を入力します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
    • Use SSL connection:このトンネルで、安全なSSL接続を使用するかどうかを選択します。
    • Block cellular connections passing by this tunnel:ローミング中、このトンネルをブロックするかどうかを選択します。

      注:WiFiおよびUSB接続はブロックされません。

7. 展開規則の構成

8.[Next]をクリックします。 [Tunnel Policy]割り当てページが開きます。

localized image

9.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。 選択したグループが右側の[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

10.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]>[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

11. [Save]をクリックします。