Product Documentation

XenMobileオプションデバイスポリシー

Aug 02, 2016

XenMobileオプションポリシーを追加して、AndroidデバイスおよびWindows Mobile/CEデバイスからXenMobileに接続するときのWorx Homeの動作を構成します。

1.XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。 [Device Policies]ページが開きます。

2. [Add]をクリックします。 [Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3. [More]をクリックした後、[XenMobile agent]の下の[XenMobile Options]をクリックします。 [XenMobile Options Policy]ページが開きます。

localized image

4. [Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。 [Policy Platforms]ページが開きます。

6. [Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。 1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順7.を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。 

Androidの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • Traybar notification - hide traybar icon:トレイバーアイコンを非表示にするか表示するかを選択します。 デフォルトは[OFF]です。
  • Connection: time-out(s):接続のアイドル状態を継続できる時間(秒)を入力します。この時間を超えると、接続はタイムアウトになります。 デフォルトは20秒です。
  • Keep-alive interval(s):接続を開いたままにする時間(秒)を入力します。 デフォルトは120秒です。
  • Prompt the user before allowing remote control:リモートサポート制御を許可する前に、ユーザーに対するダイアログボックスを開くかどうかを選択します。 デフォルトは[OFF]です。
  • Before a file transfer:一覧から、ファイル転送についてユーザーに対して警告を表示するか、ユーザーの許可を求めるかを選択します。 使用可能な値は、[Do not warn the user][Warn the user]、および[Ask for user permission]です。 デフォルトは[Do not warn the user]です。

Windows Mobile/CEの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • Device agent configuration
    • XenMobile backup configuration:一覧から、ユーザーのデバイスにXenMobileの構成をバックアップするためのオプションを選択します。 デフォルトは[Disabled]です。 選択できるオプションは以下のとおりです。
      • Disabled
      • At first connection after XenMobile installation
      • At first connection after each device reboot
    • Connect to the office network
    • Connect to the Internet network
    • Connect to the built-in office network[ON]に設定した場合、XenMobileによりネットワークが自動的に検出されます。
    • Connect to the built-in Internet network[ON]に設定した場合、XenMobileによりネットワークが自動的に検出されます。
    • Traybar notification - hide traybar icon:トレイバーアイコンを非表示にするか表示するかを選択します。 デフォルトは[OFF]です。
    • Connection time-out(s):接続のアイドル状態を継続できる時間(秒)を入力します。この時間を超えると、接続はタイムアウトになります。 デフォルトは20秒です。
    • Keep-alive interval(s):接続を開いたままにする時間(秒)を入力します。 デフォルトは120秒です。
  • Remote support
    • Prompt the user before allowing remote control:リモートサポート制御を許可する前に、ユーザーに対するダイアログボックスを開くかどうかを選択します。 デフォルトは[OFF]です。
    • Before a file transfer:一覧から、ファイル転送についてユーザーに対して警告を表示するか、ユーザーの許可を求めるかを選択します。 使用可能な値は、[Do not warn the user][Warn the user]、および[Ask for user permission]です。 デフォルトは[Do not warn the user]です。
7. 展開規則を構成します。

8.[Next]をクリックします。 [XenMobile Options Policy]割り当てページが開きます。

localized image

9. [Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。 選択したグループが[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

10.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。 デフォルトのオプションは[ON]です。 [OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。 デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。 デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。 デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]の[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。 常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。 すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

11. [Save]をクリックします。