Product Documentation

Worx HomおよびGoToAssistサポートオプションの作成

Oct 25, 2016

 

メールアドレス、電話番号、およびGoToAssistトークンを指定することにより、サポートスタッフへのさまざまな連絡方法をユーザーに提供できます。 ユーザーがデバイスからサポートを要求すると、管理者が設定したオプションが表示されます。

1. XenMobileコンソールで、右上の歯車アイコンをクリックします。 [Settings]ページが開きます。

localized image

2. [Client]の下の[Client Support]をクリックします。 [Client Support]ページが開きます。

localized image

3. 次の設定を構成します。

  • GoToAssist chat token:GoToAssistセッションを開始するためにユーザーに提供されるトークンを入力します。
  • GoToAssist support ticket email:GoToAssistサポートチケットで使用するメールアドレスを入力します。
  • Support phone (IT help desk):ITヘルプデスクの電話番号を入力します。
  • Support email (IT help desk):ITヘルプデスク担当者のメールアドレスを入力します。
  • Send device logs to IT help desk:デバイスログの送信方法として[directly]または[by email]を選択します。 デフォルトは[by email]です。
    •  [directly]を有効にすると、[ShareFile にログを保存]の設定が表示されます。 [ShareFile にログを保存]を有効にすると、ログが直接ShareFileに送信されます。有効にしない場合、ログはXenMobileに送信された後、ITヘルプデスクにメールで送信されます。 さらに、[If sending directly fails, use email]オプションが表示されます。このオプションはデフォルトで有効化されています。 サーバーに問題が生じたときにログの送信にクライアントのメールを使用しない場合は、このオプションを無効にすることができます。 ただし、このオプションを無効にすると、サーバーに問題があってもログが送信されません。
    • [by email]を有効にすると、常にログの送信にクライアントのメールが使用されます。

4. [Save]をクリックします。