Product Documentation

インストール前のチェックリスト

Aug 02, 2016

このチェックリストを使用して、XenMobileをインストールするための前提条件と設定を記録できます。 各タスクまたは注には、要件が適用されるコンポーネントまたは機能を示す列があります。 インストール手順については、「XenMobileのインストール」を参照してください。

ネットワークの基本的な接続

以下はXenMobileソリューションに必要なネットワーク設定です。

前提条件または設定 コンポーネントまたは機能 設定の記録
 

リモートユーザーが接続する完全修飾ドメイン名(Fully Qualified Domain Name:FQDN)を記録します。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

パブリックおよびローカルIPアドレスを記録します。

ネットワークアドレス変換(Network Address Translation:NAT)を設定するためのファイアウォールの構成にはこれらのIPアドレスが必要です。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

サブネットマスクを記録します。

XenMobile

NetScaler Gateway

 

DNS IPアドレスを記録します。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

WINSサーバーのIPアドレスを記録します(該当する場合)。

NetScaler Gateway

 
 

NetScaler Gatewayのホスト名を調べて記録します。

注:これはFQDNではありません。 FQDNは、仮想サーバーにバインドされ、ユーザーが接続する署名されたサーバー証明書に含まれます。 NetScaler Gatewayのインストールウィザードを使用してホスト名を構成できます。

NetScaler Gateway

 
 

XenMobileのIPアドレスを記録します。

XenMobileのインスタンスを1つインストールする場合は、IPアドレスを1つ予約します。

クラスターを構成する場合は、必要なすべてのIPアドレスを記録します。

XenMobile

 
 
  • NetScaler Gateway上で構成された1つのパグリックIPアドレス
  • NetScalser Gateway用の1つの外部DNSエントリ

NetScaler Gateway

 
 

WebプロキシサーバーのIPアドレス、ポート、プロキシホストの一覧、および管理者のユーザー名とパスワードを記録します。 ネットワークにプロキシサーバーを展開する場合は、これらの設定はオプションです(該当する場合)。

注:Webプロキシのユーザー名を構成するときには、sAMAccountNameまたはユーザープリンシパル名(User Principal Name:UPN)のいずれかを使用できます。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

デフォルトゲートウェイのIPアドレスを記録します。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

システムIP(NSIP)アドレスとサブネットマスクを記録します。

NetScaler Gateway

 
 

サブネットIP(SNIP)アドレスとサブネットマスクを記録します。

NetScaler Gateway

 

NetScaler Gatewayの仮想サーバーIPアドレスとFQDNを証明書から記録します。

複数の仮想サーバーを構成する必要がある場合は、証明書からすべての仮想IPアドレスとFQDNを記録します。

NetScaler Gateway

 
 

ユーザーがNetScaler Gatewayを通してアクセスできる内部ネットワークを記録します。

例:10.10.0.0/24

分割トンネリングが[On]に設定されているとき、ユーザーがWorx HomeまたはNetScaler Gateway Plug-inと接続するときにアクセスする必要のあるすべての内部ネットワークおよびネットワークセグメントを入力します。

NetScaler Gateway

 
  XenMobileサーバー、NetScaler Gateway、外部Microsoft SQL Server、およびDNSサーバーの間のネットワーク接続が到達可能であることを確認します。 XenMobile

NetScaler Gateway

 

ライセンス管理

XenMobileでは、NetScaler GatewayおよびXenMobileのライセンスオプションを購入する必要があります。 Citrixライセンスサーバーについて詳しくは、「The Citrix Licensing System」を参照してください。

ソフトウェアコンポーネント場所を記録します。
 

ユニバーサルライセンスをCitrix Webサイトから入手します。 詳しくは、NetScaler Gatewayのライセンスのページを参照してください。

NetScaler Gateway

XenMobile

Citrixライセンスサーバー

 

証明書

XenMobileおよびNetScaler Gatewayは、ほかのCitrix製品およびアプリケーションと接続するため、およびユーザーデバイスから接続するために、証明書が必要です。 詳しくは、「XenMobileでの証明書」を参照してください。

ソフトウェア コンポーネント
 

必要な証明書を入手してインストールします。

XenMobile

NetScaler Gateway

 

ポート

XenMobileコンポーネントと通信できるように、ポートを開く必要があります。 開く必要があるポートの完全な一覧については、「XenMobileのポート要件」を参照してください。

ソフトウェア コンポーネント
 

XenMobile用にポートを開きます。

XenMobile

NetScaler Gateway

 

データベース

データベース接続を構成する必要があります。 XenMobileリポジトリでは、サポート対象バージョン(Microsoft SQL Server 2014、SQL Server 2012、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008)のいずれかで稼動しているMicrosoft SQL Serverデータベースが必要です。 Citrixでは、Microsoft SQLをリモートで使用することをお勧めします。 XenMobileにはPostgreSQLが付属しており、ローカルまたはリモートで、テスト環境においてのみ使用する必要があります。

ソフトウェア コンポーネント 設定の記録
 

Microsoft SQL ServerのIPアドレスとポート。

XenMobileで使用されるSQL Serverのサービスアカウントに、DBcreator役割の権限があることを確認します。

XenMobile

 

Active Directoryの設定

ソフトウェア コンポーネント 設定の記録
 

Active DirectoryのプライマリサーバーおよびセカンダリサーバーのIPアドレスおよびポートを記録します。

ポート636を使用する場合は、CAから取得したルート証明書をXenMobileにインストールし、[Use secure connections]オプションを[Yes]に変更します。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

Active Directoryドメイン名を記録します。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

Active Directoryサービスアカウントを記録します。ユーザーID、パスワード、ドメインエイリアスが必要です。

Active Directoryサービスアカウントは、XenMobileがActive Directoryのクエリに使用するアカウントです。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

ユーザーベースDNを記録します。

これはユーザーを検索するディレクトリレベルです。たとえば、cn=users,dc=ace,dc=comです。 NetScaler GatewayおよびXenMobileは、Active Directoryのクエリにこれを使用します。

XenMobile

NetScaler Gateway

 
 

グループベースDNを記録します。

これはグループが置かれるディレクトリのレベルです。

NetScaler GatewayおよびXenMobileは、Active Directoryのクエリにこれを使用します。

XenMobile

NetScaler Gateway

XenMobileとNetScaler Gatewayの間の接続

ソフトウェア コンポーネント 設定の記録
 

XenMobileのホスト名を記録します。

XenMobile

 
 

XenMobileのFQDNまたはIPアドレスを記録します。

XenMobile

 
 

ユーザーがアクセスできるアプリケーションを確認します。

NetScaler Gateway

 
 

コールバックURLを記録します。

XenMobile

 

ユーザー接続:XenDesktop、XenApp、およびWorx Homeへのアクセス

NetScalerのQuick Configurationウィザードを使用して、XenMobileとNetScaler Gatewayの間、XenMobileとWorx Homeの間の接続設定を構成することをお勧めします。 第2の仮想サーバーを作成し、ReceiverおよびWebブラウザーからWindowsベースアプリケーションおよびXenAppおよびXenDesktopの仮想デスクトップにユーザーがアクセスできるようにします。 同様に、NetScalerのQuick Configurationウィザードを使用して、これらの設定を構成することをお勧めします。

ソフトウェア コンポーネント 設定の記録
 

NetScaler Gatewayのホスト名および外部URLを記録します。

外部URLは、ユーザーが接続するWebアドレスです。

XenMobile

 
 

NetScaler GatewayコールバックURLを記録します。

XenMobile

 
 

仮想サーバーのIPアドレスおよびサブネットマスクを記録します。

NetScaler Gateway

 

Program NeighborhoodエージェントまたはXenApp Servicesサイトに対するパスを記録します。

NetScaler Gateway

XenMobile

 
 

Secure Ticket Authority(STA)を実行しているXenAppまたはXenDesktopサーバーのFQDNまたはIPアドレスを記録します(ICAコネクションの場合のみ)。

NetScaler Gateway

 
  XenMobileのパブリックFQDNを記録します。

NetScaler Gateway

  Worx HomeのパブリックFQDNを記録します。

NetScaler Gateway