Product Documentation

アーキテクチャ

Apr 27, 2017

次の図に、XenMobile Mail Managerの主要コンポーネントを示します。リファレンスアーキテクチャ図について詳しくは、『XenMobile展開ハンドブック』の、オンプレミス展開のリファレンスアーキテクチャについての記事を参照してください。 



次の3つの主要コンポーネントがあります。

  • Exchange ActiveSync Access Control Management。XenMobileと通信して、XenMobileからExchange ActiveSyncポリシーを取得します。さらに、このポリシーをローカルに定義されているポリシーと統合して、Exchangeへのアクセスを許可または拒否するExchange ActiveSyncデバイスを決定します。ローカルポリシーにより、Active Directoryのグループ、ユーザー、デバイスの種類、またはデバイスのユーザーエージェント(一般的にはモバイルプラットフォームのバージョン)によってアクセス制御できるように、ポリシー規則を拡張できます。

  • Remote PowerShell Management。リモートのPowerShellコマンドのスケジュール設定と呼び出しを処理して、Exchange ActiveSync Access Control Managementによって編集されたポリシーを有効にします。定期的にExchange ActiveSyncデータベースのスナップショットを取得し、新規の、または変更されたExchange ActiveSyncデバイスを検出します。
  • Mobile Service Provider。XenMobileでExchange ActiveSyncデバイスやBlackBerryデバイスに対してクエリを実行したり、ワイプなどの制御操作を発行したりできるように、Webサービスインターフェイスを提供します。