Product Documentation

トラブルシューティングおよび診断

Apr 27, 2017

XenMobile Mail Managerでは、エラーなどの動作情報がログファイル (\log\XmmWindowsService.log)に記録されます。また、Windowsイベントログに、重要なイベントが記録されます。

一般的なエラー

一般的なエラーを以下に示します。

XenMobile Mail Managerサービスが起動しない
ログファイルとWindowsイベントログでエラーを確認します。一般的な原因は次のとおりです。
  • XenMobile Mail ManagerサービスがSQL Serverにアクセスできない。これは、次の問題が原因である可能性があります。
    • SQL Serverサービスが実行されていない。
    • 認証に失敗した。

    [Windows Integrated authentication]が構成されている場合、XenMobile Mail Managerサービスのユーザーアカウントは、許可されたSQLログオンである必要があります。XenMobile Mail Managerサービスのアカウントは、デフォルトではローカルシステムですが、ローカルの管理者権限を持つ任意のアカウントに変更できます。[SQL authentication]が構成されている場合、SQLログオンがSQLで適切に構成されている必要があります。

  • Mobile Service Provider(MSP)に対して構成されたポートが使用できない。システムのほかのプロセスで使用されていないリッスンポートを選択する必要があります。
XenMobileがMSPに接続できない
XenMobile Mail Managerコンソールの[Configure][MSP]タブで、MSPサービスポートとトランスポートが適切に構成されていることを確認します。承認グループまたはユーザーが適切に設定されていることを確認します。

HTTPSが構成されている場合は、有効なSSLサーバー証明書がインストールされている必要があります。IISがインストールされている場合は、証明書のインストールにIISマネージャーを使用できます。IISがインストールされていない場合、証明書のインストールについて詳しくは、https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms733791.aspxを参照してください。

XenMobile Mail Managerには、MSPサービスへの接続をテストするためのユーティリティプログラムが含まれています。MspTestServiceClient.exeプログラムを実行して、URLと資格情報をXenMobileで構成されるURLと資格情報に設定して、[Test Connectivity]をクリックします。これにより、XenMobileサービスが発行するWebサービス要求がシミュレートされます。HTTPSが構成されている場合は、サーバーの実際のホスト名(SSL証明書で指定された名前)を指定する必要があります。

注:[Test Connectivity]をクリックするときは、少なくとも1つActiveSyncDeviceレコードがあることを確認してください。レコードがないとテストが失敗する可能性があります。

トラブルシューティングツール

Support\PowerShellフォルダーに、トラブルシューティング用のPowerShellユーティリティ一式が用意されています。

トラブルシューティングツールは、ユーザーのメールボックスやデバイスを詳細に分析してエラー条件や障害が発生しやすい領域を検出し、また、ユーザーの詳細RBAC分析を行います。すべてのコマンドレットの未加工の出力をテキストファイルに保存することができます。