Product Documentation

iOSおよびMac OS Xプロファイルのインポートデバイスポリシー

Apr 27, 2017

iOSおよびOS Xデバイス用のデバイス構成MXLファイルをXenMobileにインポートできます。XMLファイルには、Apple Configuratorを使用して作成するデバイスセキュリティポリシーおよび制限が含まれます。

この記事で説明するように、Apple Configuratorを使用してiOSデバイスをSupervisedモードにできます。Apple Configuratorの使用による構成ファイルの作成について詳しくは、AppleのConfiguratorヘルプページを参照してください。

1. XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。

2.[Add]をクリックします。[Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3.[More]を展開した後、[Custom]の下の[Import iOS & Mac OS X Profile]をクリックします。[Import iOS & Mac OX X Profile Policy]情報ページが開きます。

localized image

4.[Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name: ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。[Policy Platforms]ページが開きます。

localized image

6.[Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順8を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。

7. 選択したプラットフォームごとに、次の設定を構成します。

  • iOS configuration profileまたはMac OS X configuration profile[Browse]をクリックしてインポートする構成ファイルの場所に移動し、そのファイルを選択します。 
8. 展開規則を構成します。

9.[Next]をクリックします。[Import iOS & Mac OX X Profile Policy]割り当てページが開きます。

localized image

10.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。選択したグループが[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

11.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。デフォルトのオプションは[ON]です。[OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]の[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

12.[Save]をクリックしてポリシーを保存します。

Apple Configuratorを使用してiOSデバイスをSupervisedモードにする

Apple Configuratorを使用するには、AppleコンピューターでOS X 10.7.2以降を実行している必要があります。

Important

デバイスをSupervisedモードにすると、特定のバージョンのiOSがデバイスにインストールされ、以前に保存されたユーザーデータまたはアプリケーションがデバイスから完全に消去されます。

1. iTunesからApple Configuratorをインストールします。

2. iOSデバイスをAppleコンピューターに接続します。

3. Apple Configuratorを起動します。監視の準備が整っているデバイスがあることがConfiguratorに表示されます。

4. デバイスの監視の準備を行うには:

a.[Supervision]コントロールを[On]に切り替えます。構成を定期的に再適用することによって継続的にデバイスを管理する場合は、この設定を選択することをお勧めします。

b. 必要に応じてデバイスの名前を指定します。

c. 最新バージョンのiOSをインストールする場合、[iOS]ボックスの一覧で[Latest]を選択します。

5. デバイスの監視の準備が整ったら、[Prepare]をクリックします。