Product Documentation

リモートサポートデバイスポリシー

Apr 27, 2017
XenMobileでリモートサポートポリシーを作成して、ユーザーのSamsung KNOXデバイスへのリモートアクセスを行うことができます。次の2種類のサポートを構成できます。
  • [Basic]は、システム情報、実行中のプロセス、タスクマネージャー(メモリ使用率とCPU使用率)、インストールされているソフトウェアフォルダーの内容など、デバイスに関する診断情報を表示できます。
  • [Premium]は、色の制御(メインウィンドウまたは独立した浮動ウィンドウ)、ヘルプデスクとユーザーの間のVoIP(Voice-over-IP)セッションの確立、設定の構成、ヘルプデスクとユーザーの間のチャットセッションの確立など、デバイスの画面をリモート制御できます。
注: このポリシーを実装するには、次の手順を実行する必要があります。
  • XenMobile Remote Supportアプリケーションを環境にインストールします。
  • リモートサポートアプリトンネルを構成します。詳しくは、「アプリケーショントンネリングデバイスポリシー」を参照してください。
  • このトピックの説明に従ってSamsung KNOXのリモートサポートデバイスポリシーを構成します。
  • アプリトンネルリモートサポートポリシーと、Samsung KNOXのリモートサポートポリシーの両方をユーザーのデバイスに展開します。

1. XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。[Device Policies]ページが開きます。

2.[Add]をクリックします。[Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3.[More]を展開した後、[Network access]の下の[Remote Support]をクリックします。[リモートサポートポリシー]ページが開きます。

localized image

4.[Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。[Samsung KNOX]プラットフォーム情報ページが開きます。

localized image

6. 次の設定を構成します。

  • Remote support[Basic remote support]または[Premium remote support]をクリックします。デフォルトは[Basic remote support]です。
7. 展開規則を構成します。

8.[Next]をクリックします。[Remote Support Policy]割り当てページが開きます。

localized image

9.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。選択したグループが[Delivery groups to receive app assignment]一覧に表示されます。

10.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。デフォルトのオプションは[ON]です。[OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only whenprevious deployment has failed]をクリックします。デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [常時接続に対する展開]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]の[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

11.[Save]をクリックします。