Product Documentation

Samsung MDMライセンスキーデバイスポリシー

Apr 27, 2017

XenMobileはSamsung for Enterprise(SAFE)およびSamsung KNOXポリシーの両方をサポートし、拡張しています。SAFEは、モバイルデバイス管理(MDM:Mobile Device Management)ソリューションとの統合を通じてビジネス向けのセキュリティおよび機能拡張を提供するソリューションファミリーです。Samsung KNOXは、企業向けにより高いセキュリティで保護されたAndroidプラットフォームを提供する、SAFEプログラム内のソリューションです。 

SAFEのポリシーおよび制限を展開する前に、組み込みのSamsung Enterprise License Management(ELM)キーをデバイスに展開することによってSAFE APIを有効にする必要があります。また、Samsung KNOX APIを有効にするには、Samsung ELMキーの展開に加え、Samsung KNOX License Management System(KLMS)を使用してSamsung KNOXワークスペースライセンスを購入する必要があります。Samsung KLMSはモバイルデバイス管理(MDM:Mobile Device Management)ソリューションに有効なライセンスをプロビジョニングし、モバイルデバイスでSamsung KNOX APIをアクティブ化できるようにします。これらのライセンスはSamsungから取得する必要があり、Citrixからは提供されません。

Secure HubをSamsung ELMキーと共に展開し、SAFEおよびSamsung KNOX APIを有効にする必要があります。SAFE APIが有効になっていることは、デバイスプロパティをチェックすることで確認できます。Samsung ELMキーが展開されると、[Samsung MDM API available]設定がTrueに設定されます。

1. XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。[Device Policies]ページが開きます。

2.[Add]をクリックします。[Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3.[More]をクリックした後、[Security]の下の[Samsung MDM License Key]をクリックします。[Samsung MDM License Key Policy]情報ページが開きます。

localized image

4.[Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name:ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。[Platforms]ページが開きます。

6.[Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順7を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。 

Samsung SAFEの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • ELM License key:このフィールドには、既にELMライセンスキーを生成するマクロが入力されています。このフィールドが空白の場合は、「${elm.license.key}」というマクロを入力します。

Samsung KNOXの設定の構成

localized image

次の設定を構成します。

  • KNOX License key:Samsungから取得したKNOXライセンスキーを入力します。
7. 展開規則を構成します。

8.[Next]をクリックします。[Samsung MDM License Key Policy]割り当てページが開きます。

localized image

9.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。選択したグループが右側の[Delivery groups to receive app assignment]の一覧に表示されます。

10.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。デフォルトのオプションは[ON]です。[OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]>[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

11.[Save]をクリックします。