XenMobile Server:最新リリース

XenMobile Serverは、モバイルデバイス管理(MDM)とモバイルアプリケーション管理(MAM)を提供する、オンプレミスのエンタープライズモビリティ管理ソリューションです。

業務用モバイルアプリは、XenMobileソリューションの一部として提供される、業務効率化とコミュニケーションのためのアプリケーションです。業務用モバイルアプリについて詳しくは、「業務用モバイルアプリ」を参照してください。

XenMobile Serverのクラウドサービスバージョンは、Citrix Endpoint Managementと呼ばれます。XenMobile Cloud製品について詳しくは、「Citrix Endpoint Management」を参照してください。

XenMobile Serverとアプリに関しては、現在および前のバージョンのXenMobile(Rolling Patch含む)までサポートされます。すべてのセキュリティ関連の修正については、XenMobile Server 10.9以降にアップグレードする必要があります。XenMobile Serverの現在のバージョンと以前のバージョンの新機能、既知の問題、および解決された問題の一覧については、次を参照してください。

最新バージョン以前の全バージョンのドキュメント(PDF)については、「古いドキュメントのアーカイブ一覧」を参照してください。

XenMobile 9。このバージョンは、2017年6月30日に製品終了(End of Life:EOL)となりました。製品リリースがEOLに到達すると、製品のライセンス契約書の条件内で製品を使用できますが、利用できるサポートオプションは限られます。履歴情報がKnowledge Centerまたはほかのオンラインリソースに表示されます。この文書は今後更新されず、そのままの状態で提供されます。製品のライフサイクルマイルストーンについて詳しくは、「製品のマトリックス」を参照してください。

EOLの日付から5年間は、「古いドキュメントのアーカイブ一覧」からXenMobile 9のドキュメント(PDF)をダウンロードできます。

XenMobile 9からXenMobile Service、またはCitrix Cloud経由でのXenMobile Serviceへの移行について詳しくは、こちらのCitrix.comページを参照してください。

アップグレード

重要:

XenMobile 10.9(オンプレミス)にアップグレードする前に

  1. XenMobile Server 10.9の最新バージョンにアップデートする前に、Citrixライセンスサーバーを11.145.x以降にアップデートしてください。

    最新バージョンのXenMobileでは、Citrixライセンスサーバー11.15.x以降が必要です。CitrixライセンスのSubscription Advantage(SA)日付が2018年9月14日以降である必要があります。SA日付は、ライセンスサーバーのライセンスの隣に表示されています。XenMobileの最新バージョンを古いライセンスサーバー環境に接続すると、接続チェックが失敗し、ライセンスサーバーを構成できません。

    ライセンスのSA日付を更新するには、Citrixポータルから最新のライセンスファイルをダウンロードし、ライセンスサーバーにファイルをアップロードします。詳しくは、https://support.citrix.com/article/CTX209580を参照してください。

  2. クラスター化された環境の場合:iOS 11デバイス上のXenMobile Storeからアプリをインストールするには、XenMobile Serverでポート80を有効にする必要があります。

  3. アップグレードするXenMobile Serverを実行する仮想マシンのRAMが4GB未満の場合、最低4GBにRAMを増設してください。実稼働環境では、推奨される最小RAM容量は8GBであることに留意願います。

  4. 推奨事項:XenMobileの更新をインストールする前に、仮想マシン(VM)の機能を使用して、システムのスナップショットを取得してください。また、システム構成データベースもバックアップしてください。アップグレードで問題が発生した場合でも、完全なバックアップがあれば復元を行うことができます。

XenMobile 10.9(オンプレミス)にアップグレードした後に

  • 接続の構成を変更していないのに送信接続に関連した機能が動作しなくなった場合は、XenMobile Serverのログを調べて、「VPPサーバーに接続できません:ホスト名 192.0.2.0 はピアによって提供された証明書のサブジェクトと一致しません」のような内容のエラーが含まれていないかを確認します

    証明書の検証エラーを受信した場合は、XenMobile Serverでホスト名の認証を無効にします。デフォルトでは、Microsoft PKIサーバーを除く送信接続でホスト名の認証が有効です。ホスト名の認証によって展開が損なわれる場合は、サーバープロパティdisable.hostname.verificationtrueに変更します。このプロパティのデフォルト値はfalseです。

XenMobile 10.8.xまたは10.7.xからはXenMobile 10.9に直接アップグレードできます。XenMobileコンソールで [Release Management] ページを使用します。

アップグレードを実行するには、Citrixのダウンロードページで取得できる最新の10.9バイナリを使用します。XenMobileコンソールで、右上の歯車アイコンをクリックした後、[Release Management] をクリックします。[Upgrade] をクリックしてから、BINファイルをアップロードします。サポートされているハイパーバイザーのアップグレードファイル:

  • xms_10.8.0.23.xenserver.xva
  • xms_10.8.0.23.HyperV.zip
  • xms_10.8.0.23.vmware.ova

XenMobile 10.8.xまたは10.7.xからのアップグレードについて詳しくは、「アップグレード」を参照してください。

旧リリースのXenMobileからアップグレードするには、XenMobile Server 10.8(PDF)のアップグレードに関する記事(265ページ以降)を参照してください。

XenMobile Serverの最新リリースをインストールするには、「インストールと構成」を参照してください。

XenMobile Server:最新リリース

In this article