プロキシサーバーの有効化

発信インターネットトラフィックを制御するために、そのトラフィックを発信するプロキシサーバーをXenMobileにセットアップできます。コマンド行インターフェース(CLI)を使用してプロキシー・サーバーをセットアップします。プロキシサーバーのセットアップにはシステムの再起動が必要です。

  1. XenMobile CLIメインメニューで、「2」と入力して[System]メニューを開きます。

  2. [System]メニューで、「6」と入力して[Proxy Server]メニューを選択します。

    プロキシサーバーのセットアップの画像

  3. [プロキシの構成]メニューで、「1」 と入力して[SOCKS]を選択します。

    この設定を保存する前に、HTTPSも構成する必要があります。SOCKSとHTTPSの設定を同じ構成で保存しない限り、プロキシは機能しません。

    プロキシサーバーのセットアップの画像

  4. プロキシサーバーのIPアドレス、ポート番号、およびターゲットを入力します。プロキシサーバーの種類別の、サポートされるターゲットの種類については以下の表を参照してください。

       
    プロキシの種類 サポートされるターゲット
    SOCKS APNS
    HTTP APNS、Web、PKI
    HTTPS Web、PKI
    認証付きHTTP Web、PKI
    認証付きHTTPS Web、PKI

    プロキシサーバーのセットアップの画像

  5. 「n」「2」 と入力して[HTTPS]を選択し、プロキシサーバーのIPアドレス、ポート番号、およびターゲットを入力します。

  6. プロキシサーバーに認証用のユーザー名およびパスワードを構成する場合は「y」と入力し、ユーザー名とパスワードを入力します。

    プロキシサーバーのセットアップの画像

  7. 「y」 と入力して設定を保存します。

プロキシサーバーの有効化