Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

制限

ここで示された値は、単一のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスインスタンスの制限に関するものです。同時ユーザー数が100,000人を超えると、スケールして複数のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスインスタンスを組み合わせることで、あらゆる規模で統合エクスペリエンスを提供できます。

この記事の情報は動的なものです。頻繁に更新を確認してください。今ある要件に対して、公開されている制限が対応していない場合は、Citrixの担当者にお問い合わせください。

構成の制限

ポリシーが制限を超える場合は、Workspace Environment ManagementサービスまたはActive Directoryグループポリシーオブジェクト(GPO) を使用することをCitrixではお勧めします。

リソース 上限
Active Directoryドメイン 50
アプリケーションフォルダー 1,000
アプリケーショングループ 250
アプリケーション 2,000
カタログ 1,000
デリバリーグループ 1,000
ホスト接続 200
リソースの場所 50
[管理]コンソール(完全な構成)ポリシー 100
タグ 500
VDA 80,000

リソースの場所の制限

次の表は、各リソースの場所の制限です。

要件がこれらの制限を超える場合は、追加のリソースの場所を使用することをCitrixではお勧めします。

リソース 上限
シングルセッションVDA 5,000
マルチセッションVDA 500
Active Directoryドメイン 1
ホスト接続 20

Machine Creation Services(MCS)の制限

以下の表のMCS制限は、1つのパブリックプロバイダーサブスクリプションで推奨される最大値です。

パブリッククラウドベンダーによっては、さらに少ない値でクォータ制限に達することがあります。このような場合は、ベンダーに連絡してサブスクリプションのクォータを引き上げてください。大規模な展開の場合、Citrixはハブおよびスポークモデルをお勧めします。このモデルでは、VDAが複数のサブスクリプションとホスト接続に分散されます。

詳しくは、次のリファレンスアーキテクチャを参照してください:

リソース 上限
リージョンごとのAmazon Web ServicesアカウントあたりのVDA 1,500
Google Cloud PlatformプロジェクトごとのVDA 2,000
Microsoft AzureサブスクリプションごとのVDA 2,500

使用制限

管理者の役割とそれぞれの違いについては、以下を参照してください:

リソース 上限
すべての管理権限を実行できる[監視](Director)の管理者(同時) 25
[監視](Director)のヘルプデスク管理者(同時) 200
[監視](Director)のセッション管理者(同時) 50
[管理](完全な構成)のクラウド管理者(同時) 100
[管理](完全な構成)のヘルプデスク管理者(同時) 60
エンドユーザー(同時) 100,000
単一のユーザーに公開されたリソース 250
1分あたりのセッション起動数 3,000
制限