Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

クラウドからクラウドへの移行

自動構成を使用すると、クラウド構成を別のクラウドサイトに移動したり、独自のクラウドサイトを復元したりすることができます。

自動構成を使用すると、多くのユースケースを解決できます:

  • テストまたはステージから本番環境へのサイトの同期
  • 構成のバックアップと復元
  • リソース制限に達する
  • あるリージョンから別のリージョンへの移行

自動構成についてと、それを使用して構成をクラウドからクラウドに移行する方法については、Citrix Cloud上の[完全な構成]で[バックアップと復元]ノードを参照してください。

クラウドへの移行の完全な構成

構成を移行するための前提条件

構成をバックアップおよび復元するには、次のことが必要です:

  • プロビジョニングされているCitrix Virtual Apps and Desktopsサービス。
  • アクティブなリソースの場所にコネクタがインストールされていること。
  • Citrix Cloudにアクセスするサイトへの接続が許可され、利用可能であること。詳しくは、「Virtual Apps and Desktopsサービスのサービス接続」を参照してください。

注:

自動構成を使用してMCSをクラウドからバックアップすることはできません。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス構成のバックアップ

重要:

  • 顧客ID、クライアントID、および秘密キー情報を含むCustomerInfo.ymlファイルが必要です。顧客ID、クライアントID、および秘密キーの取得方法について詳しくは、「顧客ID、クライアントID、および秘密キーの生成」を参照してください。この情報をCustomerInfo.ymlファイルに追加する方法については、「顧客情報ファイルの作成」を参照してください。
  • ZoneMapping.ymlファイルには、クラウド内のリソースの場所をマップする情報が含まれている必要があります。ゾーンのマッピング方法について詳しくは、「ゾーンマッピングファイルの作成」を参照してください。
  • ホスト接続がある場合、対応する情報をCvadAcSecurity.ymlファイルに入力する必要があります。
  1. 自動構成をインストールします。

    注:

    クラウドからクラウドへの移行の場合、自動構成は、管理者が直接アクセスできるインターネットにアクセス可能なマシンにインストールできます。

  2. 自動構成アイコンをダブルクリックします。PowerShellウィンドウが表示されます。
  3. 次のコマンドを実行して、バックアップを実行します。

    Backup-CvadAcToFile

コマンドレットを初めて実行すると、.yml構成ファイルとログを含むエクスポートフォルダーが作成されます。このフォルダーは %HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfig にあります。

エラーや例外が発生した場合は、ログファイルのFixupsセクションを参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスへの構成の復元

  1. 自動構成アイコンをダブルクリックします。PowerShellウィンドウが表示されます。
  2. 次のコマンドを実行して、復元を実行します。

    Restore-CvadAcToSite -RestoreFolder <folder path of the backup files>

最新の状態により、想定される状態を確認します。

コマンドレットを実行すると、.yml構成ファイルとログを含むエクスポートフォルダーが作成されます。このフォルダーは %HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfig にあります。

エラーや例外が発生した場合は、ログファイルのFixupsセクションを参照してください。

バックアップと復元のプロセスは、クラウドサイト構成の意図しない変更や破損からユーザーを保護します。自動構成は変更が行われるたびにバックアップを作成しますが、このバックアップは変更前のクラウドサイト構成の状態を反映します。自分自身を保護するには、クラウドサイトの構成を定期的にバックアップし、安全な場所に保存する必要があります。望ましくない変更または破損が発生した場合は、バックアップを使用すれば、詳細または完全なサイト構成レベルで変更または破損を修正できます。

詳細な移行

重要:

コンポーネントの移行順序について詳しくは、「コンポーネントの移行順序」を参照してください。

コンポーネント全体の復元

1つのコンポーネントを復元するには、1つまたは複数のコンポーネントパラメーターを選択する必要があります。

デリバリーグループ全体とマシンカタログコンポーネントを復元するには、次の例に従います:

Restore-CvadAcToSite -RestoreFolder %HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfig/Backup_yyyy_mm_dd_hh_mm_ss

コンポーネントメンバーの復元

1つまたは複数のコンポーネントメンバーを復元するには、IncludeByName機能を使用します。Restoreコマンドレットは、選択した単一のコンポーネントおよび包含の一覧とともに、RestoreFolderパラメーターを指定して実行します。

バックアップから2つのグループポリシーを復元するには、次の例に従います:

Restore-CvadAcToSite -RestoreFolder %HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfig/Backup_yyyy_mm_dd_hh_mm_ss

-GroupPolicies -IncludeByName Policy1,Policy2

-DeliveryGroups -MachineCatalogs

クラウドサイト構成全体の復元

完全なクラウドサイト構成を復元するということは、復元するすべてのコンポーネントを選択することを意味します。

クラウドサイトの構成全体を復元するには、次の例に従います:

Restore-CvadAcToSite -RestoreFolder %HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfig/Backup_yyyy_mm_dd_hh_mm_ss

サイトのアクティブ化

サイトのアクティブ化により、どのサイトがアクティブであるかを制御することや、リソースを制御することができます。詳しくは、「サイトのアクティブ化」を参照してください。

クラウドからクラウドへの移行