アップグレード

重要:

XenMobile 10.9にアップグレードする前に

  1. XenMobile Server 10.9の最新バージョンにアップデートする前に、Citrixライセンスサーバーを11.15以降にアップデートしてください。 最新バージョンのXenMobileでは、Citrixライセンスサーバー11.15以降が必要です。 注:XenMobile 10.9のSubscription Advantage(SA)の日付は2018年9月14日です。CitrixライセンスのSubscription Advantage(SA)日付がこの日以降である必要があります。SA日付は、ライセンスサーバーのライセンスの隣に表示されています。XenMobileの最新バージョンを古いライセンスサーバー環境に接続すると、接続チェックが失敗し、ライセンスサーバーを構成できません。 ライセンスのSA日付を更新するには、Citrixポータルから最新のライセンスファイルをダウンロードし、ライセンスサーバーにファイルをアップロードします。詳しくは、https://support.citrix.com/article/CTX209580を参照してください。
  2. クラスタ化された環境の場合:iOS 11以降を実行するデバイスへのiOSポリシーおよびアプリの展開には、次の要件があります。NetScaler GatewayがSSL永続性に設定されている場合、すべてのXenMobile Serverノードでポート80を開く必要があります。
  3. アップグレードするXenMobile Serverを実行する仮想マシンのRAMが4GB未満の場合、最低4GBにRAMを増設してください。実稼働環境では、推奨される最小RAM容量は8GBであることに留意願います。
  4. 推奨事項:XenMobileの更新をインストールする前に、仮想マシンの機能を使用して、システムのスナップショットを取得してください。また、システム構成データベースもバックアップしてください。アップグレードで問題が発生した場合でも、完全なバックアップがあれば復元を行うことができます。

XenMobile 10.9にアップグレードした後:

接続の構成を変更していないのに送信接続に関連した機能が動作しなくなった場合は、XenMobile Serverのログを調べて、「VPPサーバーに接続できません:ホスト名 192.0.2.0 はピアによって提供された証明書のサブジェクトと一致しません」のような内容のエラーが含まれていないかを確認します

証明書の検証エラーは、XenMobile Serverでホスト名の認証を無効にする必要があることを示しています。デフォルトでは、Microsoft PKIサーバーを除く送信接続でホスト名の認証が有効です。ホスト名の認証によって展開が損なわれる場合は、サーバープロパティ disable.hostname.verificationtrueに変更します。このプロパティのデフォルト値はfalseです。

Citrixは、XenMobileの新しいバージョンまたは重要な更新をCitrix.comに公開しています。同時に、顧客ごとに記録された連絡先に通知が送信されます。

XenMobile 10.8.xまたは10.7.xからはXenMobile 10.9に直接アップグレードできます。アップグレードを実行するには、Citrixのダウンロードページで取得できる最新の10.9バイナリを使用します。XenMobileコンソールで、右上の歯車アイコンをクリックした後、[Release Management] をクリックします。

XenMobile 10.6から10.9にアップグレードするには、まずXenMobile 10.6から10.7または10.8にアップグレードしてから10.9にアップグレードします。

旧リリースのXenMobileからアップグレードするには、XenMobile Server 10.8 PDFのアップグレードに関する記事を参照してください。

この記事では、[Release Management] ページの使用方法、クラスター化されたXenMobile展開のアップグレード方法、およびMDMからEnterprise Editionにアップグレードする方法について説明します。

リリース管理ページを使用してアップグレードする

[Release Management] ページを使用して、XenMobile 10.7.xまたは10.6.xから最新バージョンのXenMobile Serverにアップグレードします。

前提条件:

クラスター展開の場合、このトピックの最後にある手順を参照してください。

  1. Citrix Webサイトのアカウントにログオンし、ダウンロードページに移動します。XenMobile Upgrade(.bin)ファイルを適切な場所にダウンロードします。

  2. XenMobileコンソールで、右上の歯車アイコンをクリックします。[設定] ページが開きます。

  3. [リリース管理] をクリックします。[リリース管理] ページが表示されます。

    リリース管理の画像

  4. [Updates] の下の [Update] をクリックします。[Update] ダイアログボックスが開きます。

    リリース管理の画像

  5. [参照] をクリックしてCitrix.comからダウンロードしたXenMobileアップグレードファイルの場所に移動し、ファイルを選択します。

  6. [Update] をクリックし、メッセージが表示されたらXenMobileを再起動します。

    何らかの理由で更新が正常に完了しなかった場合は、問題を示すエラーメッセージが表示されます。システムは更新を試行する前の状態に戻ります。

    注:

    アップグレード後、XenMobileを再起動する必要があります。XenMobile CLIを使用してXenMobile Serverを再起動してください。システムの再起動後にブラウザーのキャッシュを消去することが重要です。

クラスター化されたXenMobile展開にアップグレードするには

重要:

XenMobileの更新をインストールする前に、仮想マシン(VM)の機能を使用して、システムのスナップショットを取得してください。また、システム構成データベースもバックアップしてください。アップグレードで問題が発生した場合でも、完全なバックアップがあれば復元を行うことができます。

システムがクラスターモードで構成されている場合、以下の手順に従ってXenMobile 10リリースから各ノードを更新します。

  1. [Settings]>[Release Management] から、すべてのノードで.binファイルをアップロードします。

  2. CLIで、[System]メニューのすべてのノードをシャットダウンします。

  3. CLIで [System] メニューから1つのノードを起動し、サービスが実行されているか確認します。

  4. 他のノードを1つずつ起動します。

    XenMobileが更新を完了できなかった場合は、問題を示すエラーメッセージが表示されます。XenMobileによってシステムは更新を試行する前の状態に戻ります。

XenMobile 10.8 MDM EditionからEnterprise Editionへのアップグレード

iOSおよびAndroidデバイス用に、XenMobile 10.8 MDM EditionをXenMobile 10.8 Enterprise Editionにアップグレードすることができます。

前提条件

  • 適切なEnterpriseライセンス
  • NetScaler Gatewayが構成済みであること

アップグレードするには

  1. [設定]>[ライセンス] に移動し、Enterprise Editionの適切なライセンスの種類がアップロードされていることを確認します。
  2. [設定]>[サーバープロパティ] に移動し、[Server Mode] プロパティを [MDM] から [ENT] に変更します。
  3. [設定]> [Netscaler Gateway] に移動し、NetScaler Gatewayの詳細を構成します。認証モードを、MDM Editionのときと同じドメイン(Active Directory)認証に設定します。XenMobileでは、ユーザー登録後の認証モードの変更をサポートしていません。
  4. オプション:[設定]>[クライアントプロパティ] に移動し、Citrix PIN認証を有効にします。

上記の手順の完了後に、ユーザーがデバイスをEnterpriseモードに切り替えるには、次の手順を実行する必要があります。

iOSユーザー

  1. Secure Hubを閉じる:デバイスのホームボタンを2回(すばやく)タップし、Secure Hubアプリケーションを表示します。
  2. Secure Hubを開きます。

Androidユーザー

  1. Secure Hubを開きます。
  2. [基本設定]>[デバイス情報] に移動します。
  3. [ポリシーの更新] をクリックします。

Citrix PIN認証を有効にした場合、Secure HubではユーザーにPINの作成を求めるメッセージが表示されます。ユーザーがPINを作成すると、XenMobileはそのデバイスをエンタープライズモードで構成します。XenMobileコンソールの [管理]>[デバイス] ページに、MDMとMAMの両方がデバイスでアクティブになっていることが表示されます。