Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

導入

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスを評価または購入する方向けに、Citrix Service運用チームでは継続してオンボードのためのサポートを提供しています。運用チームはまた、コアとなるCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスを正しく実行し構成できるよう、お客様との相談も行っています。

オンボードの手順は次のとおりです:

  1. Citrixアカウントを新規登録して、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスのデモをリクエストする。
  2. 統合の要件についてシトリックス担当者と相談する。
  3. Citrix Cloudポータルで設定を完了する。

Citrixアカウントを新規登録してデモをリクエストするには、Citrixの営業担当者にお問い合わせください。オンボードの準備が整ったら、https://onboarding.cloud.comにアクセスします。

ログオン後、[Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス]タイルで [デモのリクエスト] をクリックします。要求される情報を指定します。要件、環境、計画の詳細について、シトリックスの担当者が連絡いたします。担当者の評価に応じて、管理者デモまたは概念実証トライアルに参加する権限が付与されます。

デモの用意を待つ間に、「次のステップ」のリンク先の情報を確認してください。Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスソリューションはシトリックスがホストして提供しますが、アプリケーションとデスクトップを配信するマシン、およびアプリケーションとユーザーの管理はお客様が行います。この待ち時間を利用して、Active Directoryなど、社内サービス用のインフラストラクチャを設定することをお勧めします。

デモへのアクセスできるようになると、[Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス]タイルのテキストが [管理] に変わります。

[管理] をクリックすると、サービスの管理コンソールに1-2-3構成ワークフローが表示されます。このワークフローを進める前に、リソースの場所の設定の一部としてCitrix Cloud Connectorを追加するか、リソースの場所の設定をすべて完了してください。

別のCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスにサブスクライブ中の場合

Citrix Cloudアカウントでは、一度に1つのCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスにのみサブスクライブできます(たとえば、Citrix Virtual Apps and DesktopsまたはCitrix Managed Desktopsのいずれかであって、両方にはサブスクライブできません)。現在いずれかのサービスにサブスクライブ中で、さらにこのサービスにサブスクライブする場合は、次のいずれかを実行できます:

  • 別のCitrix Cloudアカウントを使用してこのサービスにサブスクライブする。
  • 現在サブスクライブ中のサービスの使用を停止する。

ガイダンスについては、「CTX239027」を参照してください。

次のステップ

  • ハイパーバイザーやクラウドサービス、Active Directoryなどをまだ設定していない場合は、「 リソースの場所を設定する」を参照してください。
  • ホスト環境とActive Directoryを設定済みの場合は、「接続の作成」を参照してください。
  • 構成プロセスの全体像については、「インストールと構成」を参照してください。