XenMobile

XenMobileの互換性

注:

この記事では、XenMobile Serverの互換性について説明します。Endpoint Managementでテストされたコンポーネントについては、「Endpoint Managementの互換性」を参照してください。

新しい機能や修正された機能、およびポリシーの更新を利用するには、Citrixでは以下の項目の最新バージョンをインストールすることをお勧めします:

  • Citrixではモバイルアプリケーション管理(MAM)SDKをエンタープライズiOSアプリやAndroidアプリと統合して、MDX機能をアプリに適用することをお勧めします。

    MDX ServiceとMDX Toolkitは、2021年9月に製品終了(EOL)となる予定です。エンタープライズアプリの管理を継続するには、MAM SDKを使用する必要があります。

このトピックでは、連係可能なXenMobileコンポーネントのサポートされているバージョンを示しています。

サポートされているバージョンとアップグレードパス

最新バージョンのSecure Hub、MDX Toolkit、業務用モバイルアプリは、最新バージョンと2つ前までのバージョンのXenMobile Serverと互換性があります。

最新バージョンの業務用モバイルアプリには、最新バージョンのSecure Hubが必要です。2つ前までのバージョンのアプリは、最新のSecure Hubと互換性があります。詳しくは、シトリックスの製品マトリクスを参照してください。

CitrixのXenMobile業務用アプリの配布は、パブリックアプリストアからのみがサポートされています。

XenMobile Server(オンプレミス)

  • Citrixは、直近2つのバージョンのXenMobile Serverからのアップグレードをサポートしています。
  • XenMobile Serverの最新バージョン:
    • XenMobile Server 10.13
  • アップグレード元:
    • XenMobile Server 10.12.x
    • XenMobile Server 10.11.x

業務用モバイルアプリ

業務用モバイルアプリには、パブリックアプリストアからアクセスします。最新バージョンの業務用モバイルアプリには、最新バージョンのSecure Hubが必要です。2つ前までのバージョンのアプリは、最新のSecure Hubと互換性があります。

業務用モバイルアプリの2週間ごとのリリースの流れについて詳しくは、「リリーススケジュール」を参照してください。サポートの詳細については、 「業務用モバイルアプリのサポート」を参照してください。

MAM SDK

MAM SDKは、iOSおよびAndroidプラットフォームではカバーされないMDX機能を提供します。これらのアプリを、内部ストアまたはパブリックアプリストアのいずれかで利用できるようにします。「MDXアプリSDK」を参照してください。

MDX ToolkitとMDX Service

MDXラッピングテクノロジは、2021年9月に製品終了(EOL)になる予定です。エンタープライズアプリケーションの管理を続行するには、MAM SDKを使用する必要があります。

  • Citrixでは、最新の3つのリリース(n.n.n)のMDX Toolkitをサポートしています。「MDX Toolkitの新機能」を参照してください。
  • また、MDX Serviceをアプリのラップに使用することもできます。「MDX Service」を参照してください。

ブラウザーサポート

XenMobile Serverコンソールには、サポートされている次のWebブラウザーのいずれかが必要です:

  • 最新バージョンのGoogle Chrome
  • 最新バージョンのMozilla Firefox
  • 最新バージョンのMicrosoft Edge
  • 最新バージョンのApple Safari
XenMobileの互換性