リソースの場所の設定

リソースの場所の設定では、まず次のタスクを行います:

  • ホスト環境(ハイパーバイザーまたはクラウドサービス)を設定する
  • Active Directoryドメインを設定する

リソースの場所について

リソースの場所に慣れていない場合は、以下の情報を確認してください。

リソースの場所とは ユーザーへのアプリケーションおよびデスクトップの配信に必要なリソースはリソースの場所に配置されます。これらのアイテムは、Citrix CloudおよびStudioコンソールから管理します。一般的なリソースには以下のものがあります:

  • Active Directoryドメインコントローラー
  • ハイパーバイザーまたはクラウドサービス(ホストと呼ばれます)
  • Virtual Delivery Agent(VDA)
  • Citrix Gateway(オプション):ユーザーに提供するアプリケーションやデスクトップに外部から安全にアクセスできるようにするには、Citrix Gateway VPXアプライアンスをリソースの場所に追加し、Citrix Gateway(旧称NetScaler Gateway)を設定します。内部アクセスのみが必要な概念実証展開では、Citrix Cloudに付属するクラウドでホストされるStoreFrontを使用しても構いません。
  • Citrix StoreFrontサーバー(オプション)

Citrix Cloudと通信するには、すべてのリソースの場所にCitrix Cloud Connectorを配置する必要があります。可用性を確保するため、リソースの場所ごとにCloud Connectorを少なくとも2つ配置することをお勧めします。

リソースの場所は、Citrix Virtual AppsおよびDesktopsサービス環境内のゾーンとみなされます。

リソースの場所の配置先 リソースの場所は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスのデータセンターなど、必要な場所であればどこでも配置できます。お客様の会社のニーズに合わせて、複数のリソースの場所を設定できます。リソースの場所の配置先を計画する場合は、次の要素を考慮してください:

  • ユーザーとの距離
  • データとの距離
  • 拡張の必要性
  • セキュリティ属性

たとえば、データとの距離が近くなければならないユーザーには、本社のデータセンター内にあるリソースの場所からリソースを提供します。グローバルユーザーには、パブリッククラウド内の別のリソースの場所からリソースを提供します。または、支社の従業員の近くで最適に利用できるアプリケーションは、支社内のリソースの場所から提供します。最後に、制限付きのアプリケーションを別のリソースの場所に配置することで、これ以外のリソースの場所を調整せずに他のリソースやユーザーへの可視性を制限することができます。

ホストの要件

ユーザーにアプリまたはデスクトップを配信する仮想マシンのプロビジョニング先となるハイパーバイザーまたはクラウドサービスによっては、独自の権限や設定の要件があります。

  • ハイパーバイザーまたはクラウドサービスを使用するのに仮想ネットワークなどのリソースが必要な場合は、そのマニュアルのガイダンスに従ってください。
  • 必要に応じて、リソースの場所に追加するマシン用に適切な仮想プライベートクラウド(VPC)や仮想ネットワークを作成します。たとえば、AWSを使用する場合は、パブリックサブネットとプライベートサブネットを持つVPCを設定します。
  • 仮想ネットワーク内のマシン間のトラフィックだけでなく、送信および受信インターネットトラフィックを保護する適切なルールを作成します。たとえば、AWSを使用する場合は、VPCのセキュリティグループに適切なルールを構成して、指定したIPアドレスのみにVPC内のマシンがアクセスできるようにします。

以下のうち、使用するホストの種類に応じた記事を参照してください。

Active Directoryの要件

Windowsサーバーをプロビジョニングして、Active Directoryドメインサービスをインストールしドメインコントローラーに昇格します。手順については、Microsoft Active Directoryのマニュアルを参照してください。

  • Active Directoryドメインサービスを実行するドメインコントローラーが少なくとも1つ必要です。
  • ドメインコントローラーにはCitrixコンポーネントをインストールしないでください。
  • Studioで組織単位名を指定するときは、スラッシュ(/)を使用しないでください。

技術的な詳細については、以下を参照してください:

Citrix Cloudでリソースの場所を追加する

リソースの場所を追加するには:

  1. Citrix Cloudにサインインします。
  2. 左上隅のメニューで、[リソースの場所] を選択します。
  3. Citrix Cloud Connectorをまだインストールしていない場合は、ダウンロードするように求められます。「Cloud Connectorをインストールする」のガイダンスに従ってください。
  4. Cloud Connectorを少なくとも2つ以上(推奨)インストールしたら、Citrix Cloudコンソールに戻ってリソースの場所の名前を入力し、[保存]をクリックします。

次のステップ

Cloud Connectorをインストールする

構成プロセス全体を確認するには、「インストールと構成」を参照してください。