VDAのインストール

この記事では、まずVDAと使用可能なVDAインストーラーについて説明します。その後、VDAインストールウィザードの手順について説明します。同等の機能を持つコマンドラインが用意されています。詳しくは、「 コマンドラインを使用したVDAのインストール」を参照してください。

VDAについて

VDAの概要と役割については、「Citrix Virtual AppsおよびDesktopsサービス」で説明しています。ここでは、より有用な情報を紹介します。

  • 分析情報の収集: コンポーネントのインストール(またはアップグレード)時に、分析情報が自動で収集されます。デフォルトでは、インストールの完了時に、そのデータがCitrixへ自動的にアップロードされます。また、コンポーネントをインストールすると、自動的にCitrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)に登録され、匿名データがアップロードされます。これらのプログラムについて詳しくは、「 Citrix Insight Services」で関連するVDAの情報を参照してください。
  • Citrix Workspaceアプリ: VDAをインストールした場合、デフォルトではWindows向けCitrix Workspaceアプリはインストールされません。Windows向けCitrix Workspaceアプリおよび他のCitrix Workspaceアプリは、管理者またはユーザーがCitrix Webサイトからダウンロードし、インストールできます。また、WorkspaceまたはStoreFrontサーバーでこれらのCitrix Workspaceアプリを公開することもできます。
  • 印刷スプーラーサービス: 印刷スプーラーサービスは、サポート対象のWindowsサーバーではデフォルトで有効になります。このサービスを無効にすると、VDA for Server OSを正常にインストールできなくなるため、このサービスが有効であることを確認してからVDAをインストールしてください。
  • Microsoftメディアファンデーション: サポート対象のほとんどのWindowsのエディションには、Microsoftメディアファンデーションが既にインストールされています。VDAのインストール先のマシンにMicrosoftメディアファンデーションがインストールされていない場合(Nエディション等)は、マルチメディア機能の一部はインストールされず、動作しません。その制限を認識するか、VDAのインストールを中止して、Media Foundationをインストールした後に再開してください。グラフィカルユーザーインターフェイス上に、この選択がメッセージとして表示されます。制限を認識するには、コマンドラインで/no_mediafoundation_ackオプションを使用してください。VDAにMedia Foundationがない場合、これらのマルチメディア機能は機能しません。
    • Flashリダイレクト
    • Windowsメディアリダイレクト
    • HTML5ビデオリダイレクト
    • HDX Realtime Webカメラリダイレクト
  • ローカルユーザーグループ: VDAをインストールすると、Direct Access Usersと言う名前の新しいローカルユーザーグループが自動的に作成されます。VDA for Desktop OSでは、このグループはRDP接続のみに適用されます。VDA for Server OSでは、このグループはICA接続とRDP接続に適用されます。
  • Cloud Connectorのアドレス要件: VDAには、通信に使用する有効なCloud Connectorアドレス(同じリソースロケーション内)が少なくとも1つ必要です。保持されていない場合は、セッションを確立することができません。Cloud Connectorのアドレスは、VDAのインストール時に指定しますVDAを登録可能なCloud Connectorアドレスを指定する他の方法については、「VDA登録」を参照してください。
  • オペレーティングシステムの考慮事項:
    • サポートされるプラットフォーム、オペレーティングシステム、バージョンについては、「 システム要件 」を参照してください。
    • 各オペレーティングシステムは最新の状態に維持してください。
    • VDAのシステムクロックを同期しておく必要があります。この同期は、Kerberosでマシン間の通信を保護するために必要です。
    • Windows 10マシンでの最適化ガイダンスは、 CTX216252に記載されています。
    • 対象のWindows VDAバージョンでサポートされていないOSにそのVDAをインストール(またはアップグレード)しようとすると、選択肢を示すメッセージが表示されます。たとえば、Windows 7マシンに最新のVDAをインストールしようとすると、CTX139030へのリンクを示すメッセージが表示されます。詳しくは、「以前のオペレーティングシステム」を参照してください。

VDAサポートツール

各VDAインストーラーには、VDAのパフォーマンス(全体的な正常性や接続品質など)をチェックするためのCitrixツールを含む、サポートMSIが含まれています。こうしたMSIのインストールを行うかどうかは、VDAインストーラーのグラフィカルユーザーインターフェイスの [追加コンポーネント] ページで指定します。インストールを無効にするには、コマンドラインから、/exclude “Citrix Supportability Tools”オプションを実行します。

デフォルトでは、サポートMSIは、c:\Program Files (x86)\Citrix\Supportability Toolsにインストールされます。この場所は、VDAインストーラーのグラフィカルユーザーインタフェイスの [コンポーネント] ページ、または/installdirコマンドラインオプションで変更できます。この場所を変更すると、サポートツールのみでなく、インストールされているすべてのVDAコンポーネントの場所が変更されることに注意してください。

サポートMSI内の現在のツール:

  • Citrix Health Assistant:詳しくは、 CTX207624を参照してください。
  • VDA Cleanup Utility:詳しくは、 CTX209255を参照してください。

VDAのインストール時にこのツールをインストールしない場合は、CTXの記事に、現在のダウンロードパッケージへのリンクが含まれています。

VDAインストール時の再起動

VDAのインストールプロセスの最後にマシンを再起動する必要があります。デフォルトでは、再起動は自動で行われます。

VDAインストール中の再起動の回数を最小限に抑えるには:

  • VDAのインストールが開始される前に.NET Frameworkバージョンがインストールされていることを確認してください。
  • WindowsサーバーOSマシンでは、RDSの役割サービスをインストールして有効にしてからVDAをインストールしてください。

VDAインストール前にこれらの前提条件をインストールしない場合:

  • グラフィカルインターフェイスを使用した場合、またはコマンドラインインターフェイスを/norebootオプションなしで使用した場合、前提条件のインストール後にマシンが自動で再起動します。
  • コマンドラインインターフェイスで/norebootオプションを使用した場合、手動で再起動を開始する必要があります。

再起動するたびに、VDAのインストールが続行されます(コマンドラインからインストールしている場合は、/noresumeオプションでこれを防ぐことができます)。

注:

VDAをバージョン7.17またはそれ以降のサポート対象バージョンにアップグレードするときは、アップグレード中に再起動が行われます。これを防ぐことはできません。

VDAインストーラー

VDAインストーラーは、Citrix Cloudコンソールから直接ダウンロードできます。

デフォルトでは、自己抽出型のインストーラーのファイルはTempフォルダーに抽出されます。Tempフォルダーに抽出されたファイルは、インストールの完了後に自動で削除されます。もしくは、絶対パスと/extractコマンドを使用できます。

3つのスタンドアロンVDAインストーラーを、ダウンロードで入手できます。

VDAServerSetup.exe

VDA for Server OSをインストールします。

VDAWorkstationSetup.exe

VDA for Desktop OSをインストールします。

VDAWorkstationCoreSetup.exe

リモートPCアクセス展開またはコアVDIインストールに最適化されたVDA for Desktop OSをインストールします。リモート PC アクセスマシンでは物理マシンを使用します。コアVDIインストールとは、マスターイメージには使用されないVMのことを指します。このインストーラーでは、VDA接続に必要なコアサービスのみが展開されます。このため、サポートされるオプションは、VDAWorkstationSetupインストーラーで有効なオプションのうちの一部に限られます。

このインストーラーは、次のものに使用されるコンポーネントをインストールしないか、含みません。

  • App-V。
  • Profile management。インストールからCitrix Profile managementを除外すると、[監視]タブの表示に影響が生じます。
  • Machine Identity Service
  • Personal vDiskまたはAppDisk。
  • Windows向けCitrix Workspaceアプリ。
  • Citrix Supportability Tools。
  • Citrix Files for Windows

このインストーラーにWindows向けCitrix Workspaceアプリは含まれておらず、インストールされません。

VDAWorkstationCoreSetup.exeを使用することは、VDAWorkstationSetupインストーラーを使用してDesktop OS VDAをインストールし、次のいずれかの操作を行うことと同等です:

  • グラフィカルユーザーインターフェイス:[環境] ページで [リモートPCアクセス] をクリックします。
  • コマンドラインインターフェイス:/remotepcオプションを指定します。
  • コマンドラインインターフェイス:/components vda、および/exclude “Citrix Personalization for App-V - VDA” “Personal vDisk” “Machine Identity Service” “Citrix User Profile Manager” “Citrix User Profile Manager WMI Plugin” “Citrix Supportability Tools” “Citrix Files for Windows”を指定します。

まずVDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用してVDAをインストールし、後でVDAWorkstationSetup.exeインストーラーを使用してそのVDAをアップグレードする場合には、省略したコンポーネントや機能をインストールできます。

VDAをインストールする

手順1:製品ソフトウェアをダウンロードしてウィザードを起動する

  1. VDAをインストールするマシンで、Citrix Cloudにサインインします。
  2. 左上のメニューで、[マイサービス]>[Virtual AppsおよびDesktops] を選択します。
  3. 右側にある [ダウンロード] をクリックし、[VDAのダウンロード] を選択します。VDAのダウンロードページが表示されます。目的のVDAインストーラーを見つけて、[ファイルのダウンロード] をクリックします。
  4. ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。インストールウィザードが起動します。

手順1〜3の代わりに、VDAをCitrixのダウンロードページから直接ダウンロードすることもできます。

手順2:VDAの使用方法を指定する

[環境]ページの画像

[環境] ページで、VDAの使用方法、つまり別のマシンのプロビジョニングでこのマシンをマスターイメージとして使用するかどうかを選択します。選択したオプションによって、自動インストールされるCitrixプロビジョニングツール(該当する場合)と、VDAインストーラーの[追加コンポーネント]ページのデフォルト値が決まります。VDAをインストールすると、複数のMSI(プロビジョニング用など)が自動的にインストールされます。これらがインストールされないようにするには、コマンドラインで/excludeオプションを付けてインストールを行ってください。

次のいずれかのオプションを選択します:

  • マスターMCSイメージを作成する: 仮想マシンのプロビジョニングにMachine Creation Servicesを使用する場合は、このオプションを選択肢てVMマスターイメージにVDAをインストールします。これがデフォルトのオプションです。コマンドラインオプション:/mastermcsimageまたは/masterimage
  • Citrix Provisioningまたはサードパーティのプロビジョニングツールを使用してマスターイメージを作成する: 仮想マシンのプロビジョニングにCitrix Provisioningまたはサードパーティのプロビジョニングツール(Microsoft System Center Configuration Managerなど)を使用する場合は、このオプションを選択してVMマスターイメージにVDAをインストールします。コマンドラインオプション:/masterpvsimage
  • (サーバーOSマシンでのみ表示) サーバーへの仲介接続を有効にする: 別のマシンのプロビジョニングにマスターイメージとして使用しない物理マシンまたは仮想マシンにVDAをインストールするには、このオプションを選択します。コマンドラインオプション:/remotepc
  • (デスクトップOSマシンでのみ表示) リモートPCアクセスを有効にする: リモートPCアクセスで使用する物理マシンにVDAをインストールするには、このオプションを選択します。コマンドラインオプション:/remotepc

[次へ] をクリックします。

次の場合、このページは表示されません:

  • VDAのアップグレード時
  • VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーの使用時

手順3:インストールするコンポーネントおよびインストール場所を選択する

インストールするコンポーネントおよびインストール場所の選択の画像

[コアコンポーネント]ページで次の作業を行います:

  • 場所: デフォルトでは、C:\Program Files\Citrixに各コンポーネントがインストールされます。ほとんどの展開ではデフォルトで十分です。別の場所を指定する場合は、Network Serviceアカウントでの実行権限が必要です。コマンドラインオプション:/installdir
  • コンポーネント: デフォルトでは、Windows向けCitrix WorkspaceアプリはVDAとともにインストールされません。VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用する場合、Windows向けCitrix Workspaceアプリはインストールされないため、このチェックボックスは表示されません。コマンドラインオプション:VDAおよびWindows向けCitrix Workspaceアプリをインストールする場合は「/components vda,plugin」。

[次へ] をクリックします。

手順4:追加コンポーネントのインストール

追加コンポーネントのインストールの画像

[追加コンポーネント] ページには、VDAとともにほかの機能やテクノロジをインストールするかどうかを指定するチェックボックスがあります。コマンドラインインストールでは、/excludeオプションまたは/includeadditionalオプションを指定して、使用可能なコンポーネントを1つまたは複数明示的に除外またはインストールすることができます。

次の表に、このページの項目のデフォルト設定を示します。デフォルトの設定は、[環境] ページで選択したオプションによって異なります。

[追加コンポーネント]ページ [環境]ページ:[マスターMCSイメージを作成する]または[Citrix Provisioningまたはサードパーティの…]を選択 [環境ページ]:[サーバーへの仲介接続を有効にする](サーバーOS用)または[リモートPCアクセスを有効にする](デスクトップOS用)を選択
Citrix Personalization for App-V 未選択 未選択
Citrix AppDiskまたはPersonal vDisk 未選択 このユースケースでは無効なため表示されません。
Citrix Supportability Tools 選択済み 未選択
Citrix User Profile Manager 選択済み 未選択
Citrix User Profile Manager WMI Plugin 選択済み 未選択
Citrix Files for Windows 未選択 未選択

次の場合、このページは表示されません。

  • VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している。また、追加コンポーネント用のコマンドラインオプションはこのインストーラーでは無効です。
  • VDAをアップグレードしており、追加コンポーネントが既にすべてインストールされている。(追加コンポーネントのいくつかが既にインストールされている場合、このページにはインストールされていないものだけが表示されます。)

一覧には、次のコンポーネントが表示されます:

  • Citrix Personalization for App-V: Microsoft App-Vパッケージのアプリケーションを使用する場合、このコンポーネントをインストールします。詳しくは、「App-V」を参照してください。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix Personalization for App-V – VDA”、インストールしない場合は/exclude “Citrix Personalization for App-V – VDA”

  • Citrix AppDisk/Personal vDisk: これらのテクノロジは推奨されません。仮想マシン上にVDA for Desktop OSをインストールする場合にのみ有効です。AppDiskおよびPersonal vDiskに使用されるコンポーネントがインストールされます。

    コマンドラインオプション:コンポーネントをインストールする場合は/includeadditional “Personal vDisk”、AppDiskおよびPersonal vDiskのコンポーネントをインストールしない場合は/exclude “Personal vDisk”

  • Citrixサポートツール: Citrixサポートツール(Citrix Health Assistantなど)を含むMSIをインストールします。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix Supportability Tools”、インストールしない場合は/exclude “Citrix Supportability Tools”

  • Citrix User Profile Manager: このコンポーネントは、ユーザープロファイル内のユーザーの個人設定を管理します。詳しくは、「Profile Management」を参照してください。

    インストール対象からCitrix Profile Managementを除外すると、Citrix CloudでのVDAの監視やトラブルシューティングに影響が生じます。[監視]タブの[ユーザーの詳細]ページと[エンドポイント]ページで、[個人設定]パネルおよび[ログオン処理時間]パネルに不具合が発生します。[ダッシュボード]ページと[傾向]ページでは、Profile managementがインストールされているマシンについてのデータしか[平均ログオン処理時間]パネルに表示されません。

    サードパーティのユーザープロファイル管理ソリューションを使用している場合でも、Citrix Profile Managementサービスをインストールして実行することをお勧めします。Citrix Profile Managementサービスの有効化は、必須ではありません。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix User Profile Manager”、インストールしない場合は/exclude “Citrix User Profile Manager”

  • Citrix User Profile Manager WMI Plugin: このプラグインは、プロファイルプロバイダー、プロファイルの種類、サイズ、ディスク使用などのProfile Managementランタイム情報を、WMI(Windows Management Instrumentation)オブジェクトに格納して提供します。WMIオブジェクトは、Directorにセッション情報を提供します。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix User Profile Manager WMI Plugin”、インストールしない場合は/exclude “Citrix User Profile Manager WMI Plugin”

  • Citrix Files for Windows: このコンポーネントを使用すると、ユーザーは自分のCitrix Filesアカウントに接続できるようになります。これにより、コンテンツの完全同期を行わなくても、Windowsファイルシステムのマッピング済みドライブからCitrix Filesにアクセスできるようになります。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix Files for Windows”、インストールしない場合は/exclude “Citrix Files for Windows”

手順5:Cloud Connectorのアドレス

Cloud Connectorアドレスの画像

[Delivery Controller] ページで、 [手動で指定する]を選択します。インストール済みのCloud ConnectorのDNS名を入力して、[追加]をクリックします。リソースの場所に追加のCloud Connectorをインストールしている場合は、それらのDNS名も追加します。

[次へ] をクリックします。

以下の点に注意してください。

  • アドレスに使用できるのは、英数字のみです。
  • VDA登録を行うには、Cloud Connectorとの通信に使用するファイアウォールポートが開放されている必要があります。デフォルトでは、ウィザードの [ファイアウォール] ページでこのポートの開放が有効化されています。

コマンドラインオプション: /controllers

手順6:機能を有効または無効にする

機能の有効化または無効化の画像

[機能]ページで、チェックボックスを使用して、使用する機能を有効または無効にします。

  • パフォーマンスの最適化: VDAを物理マシンではなくVMにインストールする場合にのみ有効になります。この機能を有効にすると(デフォルト)、ハイパーバイザー上の仮想マシンにインストールされるVDAが最適化されます。仮想マシンの最適化には、オフラインファイルの無効化、バックグラウンド最適化(デフラグ処理)の無効化、およびイベントログサイズの縮小などの操作が含まれます。詳しくは、CTX125874を参照してください。

    コマンドラインオプション: /optimize

    VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している場合、この機能はウィザードに表示されず、コマンドラインオプションは無効です。リモートPCアクセス環境で他のインストーラーを使用している場合は、この機能を無効にします。

  • Windowsリモートアシスタンスの使用: この機能を有効にすると、Citrix CloudのDirectorコンポーネントのユーザーシャドウ機能で、Windowsリモートアシスタンスが使用されます。Windowsリモートアシスタンスによってファイアウォールで動的ポートが解放されます。(デフォルト = 無効)

    コマンドラインオプション: /enable_remote_assistance

  • オーディオにリアルタイムオーディオ転送を使用: ネットワークでVoice over IPが広く使われている場合、この機能を有効化します。この機能を使用すると、遅延が短縮され、損失の多いネットワーク経由の音声復元性が改善されます。オーディオデータをUDPトランスポート経由のRTPを使用して伝送することが可能になります。(デフォルト = 無効)

    コマンドラインオプション: /enable_real_time_transport

  • Framehawk: この機能を有効にすると、双方向のUDPポート3224~3324が開放されます。(デフォルト = 無効)

    ポート範囲は、Citrixポリシー設定の[Framehawkディスプレイチャネルポートの範囲]を使用して後で変更できます。その場合は、ローカルファイアウォールポートを開放する必要があります。UDPネットワークパスは、内部のファイアウォール(VDAからCitrix WorkspaceアプリまたはCitrix Gateway)および外部のファイアウォール(Citrix GatewayからCitrix Workspaceアプリ)で開放されている必要があります。Citrix Gatewayが展開されると、FramehawkのデータグラムはDTLS(デフォルトのUDPポート443)を使用して暗号化されます。詳しくは、「Framehawk」を参照してください。

    コマンドラインオプション: /enable_framehawk_port

  • AppDisk/Personal vDisk: これらのテクノロジは推奨されません。仮想マシン上にVDA for Desktop OSをインストールする場合にのみ有効です。このチェックボックスは、[追加コンポーネント]ページで[Citrix AppDisk / Personal vDisk]チェックボックスがオンになっている場合のみ利用可能です。このチェックボックスをオンにすると、AppDiskおよびPersonal vDiskを使用できます。

    コマンドラインオプション: /baseimage

    VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している場合、この機能はウィザードに表示されず、コマンドラインオプションは無効です。

  • MCS I/O: MCSを使用して仮想マシンをプロビジョニングする場合のみ有効になります。このオプションを選択すると、MCSIO書き込みキャッシュドライバーがインストールされます。詳しくは、「ハイパーバイザー間で共有されるストレージ」および「一時データ用キャッシュの構成」を参照してください。

    コマンドラインオプション:/install_mcsio_driver

    重要:

    この機能はデフォルトでは有効になっていません(そのため、ドライバーはインストールされません)。MCSの一時データキャッシング機能を使用するには、そのドライバーをインストールする必要があります。

[次へ] をクリックします。

手順7:ファイアウォールポート

ファイアウォールポートの画像

[ファイアウォール] ページには、VDAとCloud Connector間の通信に使用するポートが表示されます。Windowsファイアウォールサービスが実行されている場合、ファイアウォールが無効になっていてもこれらのポートはデフォルトで開放されます。ほとんどの展開ではデフォルト設定で十分です。ポートの詳細については、「ネットワークポート」を参照してください。

[次へ] をクリックします。

コマンドラインオプション: /enable_hdx_ports

手順8:インストール前に前提条件を確認する

[概要]ページの画像

[概要]ページに、インストールされるものが表示されます。[戻る]ボタンをクリックして前のウィザードページに戻り、選択を変更できます。

準備ができたら、[インストール]をクリックします。

前提条件がまだインストール/有効化されていない場合、マシンが1~2回再起動する場合があります。「インストールの準備」を参照してください。

手順9:Call Homeに参加する

[Smart Tools]ページの画像

[Smart Tools] ページで、Citrix Smart Toolsに統合されたCitrix Call Homeへ参加するかどうかを選択します。参加することを選択する場合(デフォルト)、[接続]をクリックします。求められたら、Citrixアカウント資格情報を入力します。

資格情報が確認されたら(あるいは参加しないことを選択した場合)、[次へ]をクリックします。

手順10:このインストールを完了する

インストールの完了の画像

[完了]ページに、すべての前提条件と正常にインストールおよび初期化されたコンポーネントが緑色のチェックマークで示されます。

[完了] をクリックします。デフォルトでは、マシンは自動的に再起動します(自動再起動を無効にすることもできますが、マシンを再起動するまでVDAは使用できません)。

マスターイメージではなく個々のマシンにVDAをインストールする場合は、必要に応じて上記の手順を繰り返し、残りのマシンにVDAをインストールします。

トラブルシューティング

デリバリーグループのStudio表示では、[詳細]ペインの[インストール済み VDA のバージョン]エントリがマシンにインストールされているバージョンではないことがあります。マシンのWindowsの[プログラムと機能]には、VDAの実際のバージョンが表示されます。

VDAのカスタマイズ

インストールしたVDAを後でカスタマイズする(情報を変更する)には:

  1. プログラムの削除と変更を行うWindowsのコントロールパネルで、 [Citrix Virtual Delivery Agent]または [Citrix Remote PC Access/VDI Core Services VDA] を選択します。次に右クリックして [変更] を選択します。
  2. [Virtual Delivery Agent設定のカスタマイズ] を選択します。インストーラーが起動したら、次を変更できます。
  • Cloud Connectorのアドレス
  • Controllerへの登録に使用されるTCP/IPポート(デフォルトは80)
  • Windowsファイアウォールポートを自動的に開放するかどうか

次のステップ

マシンカタログの作成

構成プロセス全体を確認するには、「インストールと構成」を参照してください。