Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

はじめに:展開の計画と構築

このサービスで使用されるコンポーネント、用語、およびオブジェクトについては、「Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス」を参照してください。

カスタマージャーニーの観点については、Citrix Success Centerにアクセスしてください。Success Centerでは、シトリックスのご利用における5つの主要な段階:計画、構築、展開、管理、最適化に関するガイダンスを提供しています。

  • Success Centerの情報は、この製品ドキュメントに欠かせない重要なものです。
  • Success Centerの記事とガイドでは、ソリューションに基づいた幅広い視点を提供しています。また、この製品ドキュメントのサービス固有の詳細へのリンクも含まれています

オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktops環境から移行する場合は、クラウドへの移行を参照してください。

この記事の使い方

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス環境を設定するには、以下に示すタスクを完了します。各タスクの詳細へのリンクがあります。

展開を始める前にプロセスの全体像を確認することで、行う操作を把握できます。また、この記事は、その他の役立つ情報ソースへのリンクも掲載しています。

注:

クイック展開インターフェイスを使用してMicrosoft Azureでマシンをプロビジョニングする場合は、「クイック展開」のセットアップガイダンスに従ってください。

計画と準備

Success Centerのプランガイダンスでは、目標の設定、ユースケースとビジネス目標の定義、潜在的なリスクの特定、およびプロジェクト計画の作成を支援します。

Citrix Tech Zoneのドキュメントで、このサービスの段階的な概念実証ガイドを参照してください。

登録

Citrixアカウントに登録して、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスのデモをリクエストします。

リソースの場所を設定する

リソースの場所の作成とCloud Connectorの追加

追加情報:

クイック展開インターフェイスを使用してAzure仮想マシンをプロビジョニングしている場合、リソースの場所とCloud Connectorが作成されます。

サービスの [概要] ページで、この手順のタイトルは「インフラストラクチャに接続する」です。

リソースの場所への接続を作成する

リソースの場所とCloud Connectorを追加したら、サービスのコントロールプレーンからリソースの場所への接続を作成します。

次のいずれかに当てはまる場合、この手順は必要ありません:

  • 単純な概念実証環境を構築している
  • クイック展開インターフェイスを使用してAzure仮想マシンをプロビジョニングしている

追加情報:

VDAのインストール

アプリケーションとデスクトップをユーザーに配信する各マシンには、Citrix Virtual Delivery Agent(VDA)をインストールする必要があります。

  • 単純な概念実証環境を展開する場合は、VDAをダウンロードして1台のマシンにインストールします。
  • イメージを使用して仮想マシンをプロビジョニングする場合は、イメージにVDAをインストールします。
  • リモートPCアクセス機能を使用する場合は、オフィスにある各ユーザーの物理PC上にシングルセッションOS対応VDAのコアバージョンをインストールします。

ハウツーと詳細情報:

サービスの [概要] ページで、この手順のタイトルは「リソースを登録する」です。

カタログを作成する

リソースの場所への接続を作成すると(必要な場合)、カタログが作成されます。サービスの完全な構成の管理インターフェイスを使用している場合は、ワークフローによって自動的にこの手順に進みます。

ハウツーと詳細情報:

サービスの [概要] ページで、この手順のタイトルは「リソースのコレクションを作成する」です。

デリバリーグループの作成

最初のカタログを作成すると、サービスの管理ワークフローにデリバリーグループの作成手順が表示されます。

クイック展開インターフェイスを使用してAzure仮想マシンをプロビジョニングしている場合は、この手順は必要ありません。

ハウツーと詳細情報:

サービスの [概要] ページで、この手順のタイトルは「ユーザーを割り当てる」です。

他のコンポーネントとテクノロジの展開

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス環境をセットアップする上記のタスクを完了したら、Citrix Success Centerの構築にあるガイダンスに従います。シトリックスソリューションの他のコンポーネントとテクノロジのプロビジョニングと構成に関して確認できる情報は次のとおりです:

構成に適用されるその他のタスクを完了します。たとえば、Windows Serverワークロードの配信を計画している場合は、Microsoft RDSライセンスサーバーを構成します

アプリケーションとデスクトップを起動する

展開を構成すると、公開が自動的に行われます。構成したアプリケーションとデスクトップは、ユーザーがCitrix Workspace内で利用できます。ユーザーはワークスペースURLにアクセスし、アプリケーションまたはデスクトップを選択するだけで、すぐにそれらを起動できます。

ワークスペースURLをユーザーに送信します。ワークスペースURLは次の2つの場所で確認できます:

  • Citrix Cloudコンソールで、左上隅のメニューから [ワークスペースの構成] を選択します。[アクセス] タブに、ワークスペースURLが含まれています。
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの [概要] ページでは、ページの下部にワークスペースURLが表示されます。

追加情報:

  • ユーザーがWorkspaceからアプリケーションやデスクトップを起動する方法に関するビデオ:

    アプリケーションとデスクトップの起動のビデオ

詳細情報

Citrix Cloud Learningシリーズには、パス別に編成された教育コースが用意されています: